銀座【着物2285】郡上紬 藍×白茶 格子文 (反端付・三越扱い) 

経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸には選び抜いた春繭の本真綿から手でつむいだ糸を用い、草木で丹念に染め、高機で織り上げられる郡上紬です。こちらは深い藍色の濃淡を主調に、榛色や落ち着いた緑色を効かせた格子文。一見シンプルな構成ですが、経緯の糸を辿って行けば、ふっと浮かんではまたすっと消えていくその色遣いの複雑さに驚かされます。陽を受ければ本物の草木染めならではの清澄な色が力強く輝く、贅沢な紬、手に取ってじっくりと眺めれば、この美しくも素朴な景色にどれ程綿密な計算と手間暇が掛けられているのかを実感頂けることと思います。紬織の人間国宝 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた織物、長くお付き合い頂くほどに愛着が湧く、大切な一枚となってくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2284】本場結城紬 藍墨茶色 花唐草文 (証紙付・三越扱い)

国の重要無形文化財に指定される昔ながらの技法を守り、真綿からつむぎだした繊細な糸を用い、地機で丹念に織り上げられた本場結城紬です。こちらは藍墨茶色が近いでしょうか、僅かに青みや紫みを含んだ墨色系の濃地に、淡彩の亀甲絣で花唐草文が表現された総柄のお品。着回しのきく無地に始まるシンプル志向の昨今、手の込んだ総柄の絣は年々少なくなってしまいましたが、やはりこちらのような優しくも風格ある景色こそが結城の真骨頂と思います。それぞれの工程で熟練の技術を持つ方々が、大変な時間をかけて制作なさった本場結城紬は、真綿の特質を最大限に生かした織物です。身体をふわりと包み、暖かく護ってくれる極上の着心地を、ぜひこの機会にお試し下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2283】草紫堂製 南部絞紫根染 着物 (しつけ付)

古くから南部地方に伝わる茜染めと紫根染めを守り続ける盛岡の工房・草紫堂さんの紫根染めの着物です。こちらの紫根染めは熟練の技術を持つ市内近辺在住の女性が一つ一つ時間をかけて手で絞り、染料としてとりわけ稀少な紫草の根を用いて繰り返し染められます。手間暇を惜しまぬ入念な作業を積み重ね、更に仕上げの後に数年間寝かせることで生まれる紫根の色は気品に満ち、静かな華やぎを湛え、私たちの心を魅了してやみません。今回のご紹介は、優しい花のかたちを正方形の中に詰め、経緯にすっきりと並べた華やかなモチーフのお品。清楚な花文は幾何文と比較しますとやはり、一段と女性らしさが際立ちますね。白場が比較的多めで、どなたにも着こなし易い一枚、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る