銀座【帯2062】龍村平蔵製 夏袋帯 黒色「水衣錦」

贅を尽くした帯で知られる龍村美術織物さんのお品の中でも、龍村錦帯として特別な位置付けにある「龍村平蔵製」の本袋帯です。こちらは「水衣錦」と銘されたお品で、夏向きにさっくりと織られた黒色の地に様々な色相の金銀糸を駆使し、細やかな波のような意匠が繊細な織りで表現されています。能装束の水衣に見られるゆらゆらとした緯糸の動きを表したものでしょうか、抽象的なモチーフに季節らしい涼やかな華が光る優美な一点。単衣時期から夏を通して、どのような場面でも安心な重みある装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2061】紬地染名古屋帯 黒色 杜若の図

黒を背景に、雨の中凜と咲き誇る杜若の姿が描かれた季節感あふれる紬地の染名古屋帯です。所々に刺繍を添えられた見事な画…残念ながら作り手に繋がるものはございませんが、花の姿をこのようにたっぷりと力強く表現することのできる高い技量の筆には、なかなか出会えません。上質な紬や小紋、織りの訪問着などに合わせて、ぜひ帯を主役とした風情ある装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2060】西陣 帯屋捨松製 紬地八寸名古屋帯

趣味性の高い帯づくりで知られる西陣の老舗機屋・帯屋捨松さんの八寸名古屋帯です。こちらは穏やかな練色の地に鮮やかな彩りが冴える唐花文。捨松さんではモザイク八寸と呼ばれているもので、ひと色モザイクをかけることで強めの色も程良く抑えられ、全体の色が調和するそうです。確かに細く織り込まれた白糸によってモザイクのように細かく分断されることで、景色の印象がぐんと柔らかくなっていますね。立体感のある厚手の地風ですが、軽くしなやかで とても締めやすいお品です。シンプルな無地感覚の着物から、産地物作家物など力のある織物まで、しっかりと受けとめ引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2059】夏袋帯 刺繍 花装飾文

利休茶色が近いでしょうか、やや緑みを含んだ薄茶系の地に染めや刺繍で花鳥が表現された夏袋帯です。透け感と共に細やかな草花の地紋が織り込まれた地に、仄かな滲みが夾纈を思わせる愛らしい小花文、重ねて刺繍によって松喰鳥や花々の装飾文が配されています。一見洋の印象ながら、正倉院御物などに見られるモチーフが天平の香りを強くイメージさせるお品、装いにモダンな気品を添えて引き立ててくれることと思います。芯が入っておりますので着用時には大きな透け感はございません。気温が高くなってくる4月頃から単衣時期、9月10月辺りまで、長い期間お楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2057】西陣 川島織物製 本袋帯

霞のようにほんのりと浮かぶ様々な淡彩を背景に、シャープなかたちの松文が配された本袋帯です。金銀を効果的に用い、直線を生かしたモダンなモチーフがくっきりと浮かび上がる景色が、上品な華と洗練を備えた印象的な装いを創り出してくれることと思います。質の高い糸と緻密な織りがつくる本袋のしなやかな締め心地はやはり西陣を代表する老舗・川島織物さんならでは。お太鼓の形も綺麗に整い、長時間締めていても疲れません。フォーマルのための帯を お探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2056】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯 段霞文

西陣 桝屋高尾・高尾弘さんの代表的な作品、徳川美術館の袱紗の復元から生まれたねん金綴錦の袋帯です。真綿の糸に金箔を巻き付けた特殊な糸が用いられ、複雑で重厚な輝きと軽やかな風合いを併せ持つ、独特の質感の帯として広く知られていますね。こちらは霞のように金銀が溶け合う無地感覚のベイシック な段霞文、裏面は銀の無地となっております。着物の色柄を選ばず、改まったお席や晴れやかなパーティな様々な場面で重宝にお使い頂けることと思います。この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2055】龍村平蔵製 本袋帯 濃紺色「天平羽衣錦」

贅沢な仕事が華麗な存在感を創りあげる龍村さんの帯、中でも「龍村平蔵製」の品々は龍村錦帯として扱いも限られた逸品揃いです。こちらは銘「天平羽衣錦」、しっとりとした光沢を放つ濃紺の地に金銀の平箔糸や撚糸、ふっくらとした甘撚糸など様々な糸を駆使して、伸びやかな唐草の意匠が表現された本袋帯です。高度な手織りの技術ならではの複雑な糸遣いによって、織物の枠を超えた彫刻的な立体感までもが伝わってくるお品。やはり平蔵さんの帯、と思わ せる迫力と重厚な趣きが、晴れやかな日の装いをしっかりと受けとめてくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2054】西陣 白綾苑大庭製 袋帯 (西陣証紙付)

華麗な色遣いや大胆な意匠構成で定評ある西陣の名門・白綾苑大庭さんの袋帯です。特別に撚った糸を用い、丹念に製織されたお品は色柄の美しさのみならず、軽くしなやかな締め心地、浮きや毛羽立ちの少ない糸質など、実用面でも高い評価を受けていますね。こちらはブルーやピンク、卵色系の濃淡を金糸と共にゆったりと青海波風に重ねた袋帯。一見すれば個性の強い帯と思われがちですが、着物に合わせて頂きますと、意外な程に様々な装いにすっと寄り添っ てくれます。振袖の変わり結びなどでもまた素敵な景色が生まれそうですね。朗らかな色はとりわけこれからの季節に映えることと思います。ぜひお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2053】ざざんざ織 半幅帯

極太に撚った玉糸を丁寧に手染めし、手機にて織り上げられる工芸色豊かな織物・ざざんざ織は、どっしりとした風合いながら身体にしなやかに寄り添う独特の布味で良く知られていますね。ざざんざ織の帯地は着物よりも更にふっくらと地厚です。芯の入らない単帯で伸縮性に富んでいますのでとても締めやすく、形も綺麗に整います。こちらは定番の綾織りによる入子菱文の半幅帯、ベージュ系を基調とした淡彩の横段です。選び抜かれた絹糸の柔らかな光沢が確かな上質感を醸し、カジュアルな印象の半幅帯ながら作家物など力ある着物にもひけをとりません。なかなか見かけない贅沢なお品、紬や木綿、小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1844】千總製 単衣 訪問着 萩文 (落款入・しつけ付・松坂屋扱い)

灰桜色が近いでしょうか、やや灰みを含んだ優しいピンクの地に一面、萩の花葉が配された単衣の訪問着です。色数を抑えた上品な印象のお品で、大人の女性が似合う清々しい甘さを備えていますね。濃淡のシルエットや細やかな蝋たたきが創る仄かに霞んだ景色など、高い技術がさらりと用いられた完成度の高い構成はやはり、京友禅の老舗・千總さんのお品ならでは。楊柳調の単衣向き生地が使われていますので、暑さが気になる時期にも気持ち良くお召し頂けそうです。単衣の社交着の出番は意外と多いもの、この機会にぜひ、上質な一枚をご用意下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る