銀座【帯2198】袋帯 檜垣に秋草文

僅かに灰みを帯びた極淡い緑系の地に金の檜垣文、重ねてふっくらとした唐織で、桔梗や女郎花など色とりどりの秋の草花を配した袋帯です。金糸の輝き、緩やかに流れる美しい彩りが晴々とした景色をつくるお品、紋付き色無地や訪問着などの装いを、季節感豊かに引き立ててくれることと思います。この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2197】西陣 川島織物製 本袋帯 扇面に宝尽くしの図

こっくりとした黄橡色の地に、宝尽くしなどを載せた金の扇を配した袋帯です。背景には唐草文、深みのある落ち着いた色遣いが晴れやかなお席に相応しい重厚感を醸します。こちらは西陣指折りの老舗機屋・川島織物さんの作、どのような場面でも安心してお使い頂ける格調と、上質な素材・確かな技術による締め心地の良さには定評がありますね。秋口からは何かとお呼ばれのお席も多くなることと思います。フォーマルの佳品をお探しの方、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2196】日本工芸会正会員 市瀬史朗作 塩瀬地染名古屋帯 蜻蛉の図 (落款入) 

桔梗鼠色が近いでしょうか、僅かに紫みを含んだ淡いグレイの塩瀬地に蜻蛉が飛び交う、清々しい染め帯です。細やかな絞りで白く抜いた柔らかなかたちは、蜻蛉たちを運ぶ風にも、水面にも見えてとても軽やかですね。ほっそりとした身体に置いた小さな藍色と蘇芳色が、優しい景色を凜と引き締める趣豊かなお品、紬や小紋の装いを品良く女性らしく引き立ててくれることと思います。日本工芸会等で活躍なさる絞り染作家さんは、殆どの方が小倉建亮さんに師事なさっておいでですが、こちらの帯の作り手である市瀬史朗さんもその中のお一人でした。残念ながら既に故人となられていますが、この方の丁寧なお仕事が光る作品です。どうぞ大切にご愛用下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2195】龍村平蔵製 本袋帯「九谷扇面山水錦」

贅を尽くした帯づくりで知られる龍村美術織物さんのお品の中でも、龍村錦帯として特別な位置付けにある「龍村平蔵製」の本袋帯です。こちらは銘「九谷扇面山水錦」。白橡色が近いでしょうか、落ち着いたベージュの地に山水の景色を置いた扇が、重厚な織りで表現されています。胴前と手先には四色に別けた一重蔓中牡丹金襴、平蔵さんの帯らしい豪華で大胆な構図が、圧倒的な存在感を放っていますね。持つ人の内面を問うような、迫力ある「もの」がめっきり少なくなっている昨今ですが、平蔵さんの帯にはそんな特別な力を感じます。帯を主役に、堂々たる装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2194】日本工芸会正会員 小倉淳史作 塩瀬地染名古屋帯 (落款入)

洗柿色が近いでしょうか、シャーベットのような淡く優しいオレンジ系の塩瀬地に、緩やかな流れと共に橘が配された染め帯です。こちらは父である建亮さんから引き継いだ技術を基に、更なる辻が花の美を追究し続ける日本工芸会正会員・小倉淳史さんの作品。ほんのりと滲んだ絞り表現の柔らかみを、カチン描きによる繊細な墨の線がすっきりと引き締める美しい景色が印象的です。小倉さんらしい気品を備えながらも、ころんとした果実やきゅっと効かせた渋めの赤に、溌剌とした生命力を感じさせるお品、紬や小紋などの装いを朗らかに引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1938】明石縮 幾何絣

強撚糸による細かなシボ、程良い張りのあるしゃりっとした質感が涼やかな明石縮です。グレイの濃淡や薄花色が織りなす繊細な景色を小さく添えられた美しい紅がきゅっと引き締めるお品、経絣を生かした独特の爽やかな色柄と布味が、この季節にぴったりの清々しさを運びます。薄過ぎずほんのりとした透け感のある地風は、単衣から夏を通してお楽しみ頂けますし、程良いきちんと感のある上品な色柄は、小紋感覚で様々な場面でお召し頂けますね。気軽な夏の八寸から季節の染め帯、洒落袋帯など幅広い帯合わせをお楽しみ下さいませ。    

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1937】日本工芸会正会員 藍田正雄作 繍一ッ紋 江戸小紋 単衣 (しつけ付・銀座もとじ扱い)

現代の江戸小紋を代表する作り手の一人として良く知られる、日本工芸会正会員・藍田正雄さんの着物です。こちらは憲法黒茶色が近いでしょうか、僅かに赤みを帯びた黒系のお色と薄鈍色の二色染めで、杉の葉を意匠化した複雑な型がすっきりと並んでいます。細い筋の表現は型彫りの仕事も染めの仕事もとりわけ難しいと聞いていますが、階段のようにジグザグに走る繊細な線が創る景色は、正しく双方の職人さんの高度な技術の結晶ですね。繍いの洒落紋が入っておりますので、合わせる帯によってお出かけから少し華やかな会、やや改まったお席など、お召しになる機会が多いお品と思います。つい先日訃報が届いた藍田さん、残念ながら新たな作品を拝見することはできなくなりました。遺された大切な作品を、どうぞ長くご愛用くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1936】本場久米島紬 単衣 泥染 絣文 (証紙付・しつけ付)

古来の技法そのままに、図案から染め・織りまでの工程の殆どを織り手が一人でこなす久米島紬は、日本の紬織の原点とも言われており、その技術は 2004年に国の重要無形文化財に指定されています。最近では島に自生する草木を生かした様々なお色目のものが制作されていますが、こちらは最も久米島らしい泥染めによる単衣の着物です。僅かに茶みを感じさせる穏やかな黒の地に、様々な絣柄が賑やかに織り出されたお品、星のように瞬く植物染料の落ち着いた黄色や鳶色が美しく効いていますね。日本人の肌の色に最も綺麗に映えると言われる泥染めの黒、秋の空気にしっくりと馴染んでくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1935】単衣小紋 淡藤色 摺疋田 桜文

灰みがかった淡藤色が近いでしょうか、僅かに青みを帯びた柔らかみのあるグレイ系の地に大小の桜文が配された単衣の小紋です。渋みのある美しい赤の疋田に彩られた優美な桜が、着物ならではのはんなりと雅な趣きを見せるお品、光の加減で見え隠れする市松の地紋も華やぎを添えています。帯合わせ次第でちょっとした街着から少し改まったお席まで、様々な場面で活躍してくれる品の良い小紋、どうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1934】単衣小紋 灰青色 御所解文様 (しつけ付)

灰青色が近いでしょうか、僅かに青みを含んだ明るいグレイの地に、優美な御所解文様が染め上げられた単衣の総柄小紋です。其処此処に配された摺り疋田が柔らかな甘さを運ぶお品、抑えめながら品の良い華香る色たちが、美しい古典意匠を彩っています。和装ならではの晴れやかさを気軽にお楽しみ頂ける総柄小紋ですが、お柄の大きさ、構成、配色等でこれはというものが意外に見つからないもの。ぜひこの機会にお手に取ってご覧頂きたく思います。

この商品のONLINESHOPページを見る