銀座【帯2522】腰原淳策作 染名古屋帯「海藻に貝やヤドカリ」(落款入)

こちらは自然豊かな奥多摩の工房にて、四季折々の花木や風物を題材とした上品な着物や帯を制作なさる、東京友禅作家・腰原淳策さんの作品です。今回のご紹介は、象牙色のさっくりとした夏紬地に海藻や貝、ヤドカリなどが描かれた楽しい染め帯。アカモクやホンダワラでしょうか、海辺でお馴染みの海藻の間を美しい貝を背負ったヤドカリたちが遊ぶ、どこか懐かしいような夏の風景が丁寧に表現されています。夏織物や小紋などの装いを爽やかに引き立てる季節感豊かな染め帯、この夏のお支度にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2521】龍村平蔵製 本袋帯 黒色「螺鈿双佳」

贅沢な帯づくりで知られる龍村美術織物さんのお品の中でも、龍村錦帯の名で扱いも限られる逸品「龍村平蔵製」の本袋帯です。こちらは銘「螺鈿双佳」、深々とした黒を背景に、金銀の平箔糸をふんだんに用いて彩り鮮やかに牡丹の花と梅の花を表現しています。色糸の合間に一越一越丁寧に織り込まれた箔糸が螺鈿のような煌めきを見せるお品、高い技術の手織りならではの存在感のある景色が、装いを重厚に引き立ててくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。 

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2520】総刺繍 袋帯

金を通した葡萄鼠色の地に精緻な手刺繍が施された、総刺繍の袋帯です。繊細でエキゾティックなモチーフは更紗の植物文と思われますが、日本の刺繍とも蘇州刺繍等とも異なる作風は、インドのものでしょうか。下絵に忠実に刺したものではなく、大体の構成を決めて後は自由に地を繍い埋めたような、程良い大らかさが微笑ましいですね。もちろん大変な忍耐力を要する作品ですが、日本や中国の端正な刺繍作品とはまた違った、作る方の手の温かみが伝わってくるような魅力を備えています。ドレッシーな織物から付下げなどにあわせて、個性豊かな着こなしをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2519】西陣 川島織物製 本袋帯

滅紫色が近いでしょうか、こっくりと深みのある紫を背景に優美な道長取り、繊細な料紙文を華やかに寄せた本袋帯です。平安期の典雅なモチーフが装いを女性らしく、そして気品豊かに引き立てるお品、晴れやかな社交のお席にいかがでしょうか。こちらは西陣を代表する老舗機屋・川島織物さんの作、上質な素材と確かな織りから生まれる締め心地の良さにも定評がありますね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧ください。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2518】琉球花織 八寸名古屋帯

僅かに青みを含んだ墨黒の地に、絣と共に細かな花織りによって幾何文が配された八寸名古屋帯です。南風原のものと思われますが、絣と浮花織を複雑に組み合わせた構成に、この産地らしい技術と個性が光っていますね。点描のような繊細な景色が優しく、手花織とはまた趣きが異なるお品。ざっくりとした紬地の八寸ですので、よりカジュアルにお使い頂けますし、早めの単衣時期にも重宝です。紬や気軽な小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2139】単衣小紋 柳にツバメの図 (染工房 遊 製) 

やや青みを帯びた藤色が近いでしょうか、仄かな透け感のある涼やかな淡紫地に、柳の枝に遊ぶツバメの姿が描かれた単衣の小紋です。品の良い女性らしさが香る優しい色遣いや、初夏そのものの爽やかな景色が清々しい風を運ぶ一枚、着物ならではの季節の風情を存分にお楽しみ頂けることと思います。京友禅の染工房 遊さんの作です。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2138】銀座志ま亀製 小紋 胡桃色 花の山々

明るめの胡桃染色が近いでしょうか、温かみのあるピンクベージュ系の地に菊花や蘭、楓や梅など折々の花葉が配された小紋です。離れて見れば花に包まれた山々が連なっているような柄置きのお品、上品な可愛らしさあふれる銀座志ま亀さんならではの一点ですね。選び抜かれた独特の色遣い、そして品格ある古典的な意匠構成で多くの方から愛され続けている老舗呉服店・志ま亀さんでは、着物や帯の殆どを自社工房で制作していらっしゃいます。オリジナルだからこその鮮やかな個性が光る小紋、春にはとりわけ美しく映える色柄と思います。どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2137】浦野理一作 経節紬 虫襖色 無地

真綿から丹念に手でつむぎ出される、節のある太糸を経緯に用いた経節の紬です。糸そのものの味わいを生かしたこの野趣豊かな織物は、浦野理一さんの代表的な作品として良く知られていますね。糸づくりのみならず製織も難しいその仕事は、残念ながら伝えられることなく既に生産が止まっていますが、遺された布は長い時間が過ぎた今もなお、新鮮な輝きで私たちを魅了します。こちらは虫襖色、あまり馴染みの無い色名と思いますが、青みを含んだ穏やかな緑系の中間色で、日本人の肌に馴染みやすい、落ち着いた印象のお色目です。帯次第で様々な場面でお召 し頂ける無地の紬はとても重宝なものですが、無地だからこそ目立つ糸質、そして色にはしっかり拘りたいものですね。選び抜かれた色、手をかけられた糸そのものが確かな存在感を見せてくれる浦野さんの経節紬でしたら安心です。着込む程に艶を増し、しなやかに身に寄り添う…長くお付き合いするほどに愛着が深まる贅沢な一枚。ぜひこの機会にお手元にお呼び下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2136】本場白大島紬 幾何文 (証紙付)

優しい白の色と軽くしなやかな布味がこれからの季節にぴったりの本場白大島紬です。こちらは極細かな絣ですっきりと幾何文を表現した一枚、整然とならぶ四角形の中に様々なかたちが詰められたモダンな印象のお品です。薄手で滑らか、程よい光沢のある白大島は、紬の中でもとりわけドレッシーな雰囲気を備えていますので、軽い小紋感覚で着用場面も幅広くお召し頂けます。帯も華やかなものや洒落みのあるものが良く合いますね。シンプルな景色は帯の背景としても万能です。爽やかな春、白大島ならではの清々しい装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2135】縮緬地訪問着 根岸色 四季花文

根岸色が近いでしょうか、灰黄みを帯びた薄い緑系の柔らかな縮緬地に折々の花木が御所解き風に配された訪問着です。落ち着いた渋みのある地色が、ぽってりとした縮緬の布味と良く合って、どこかクラシックな雰囲気を感じさせる上品な表情を見せていますね。金銀糸を用いた華やかな袋帯を合わせてパーティなどに、また格調高い唐織などを合わせればお茶の席など、様々な社交の場面で着物ならではのはんなりとした女性らしい装いをお楽しみ頂けることと思います。どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る