銀座【帯2094】日本工芸会正会員 市瀬史朗作 塩瀬地染名古屋帯 藍白色 楓の図

藍白色が近いでしょうか、僅かに青みを溶かしたような極淡いグレイの塩瀬地に一枝の楓が配された染め帯です。きりりとした藍の色を優しい絞りの描線が程良く和らげる、清涼な印象のお品。繊細で確かな友禅の線と大らかな絞りの線、対照的な技法を用いた表現は、辻が花に通じ双方に熟練の技術を有する作り手ならではの趣深い景色ですね。現在、日本工芸会等で活躍なさる絞り染作家さんは、殆どの方が小倉建亮さんに師事なさっておいでですが、こちらの帯の作り手である市瀬史朗さんもその一人。残念ながらお二方とも既に故人となられていますが、その作品を今もこうして手に取ることができるのは、とても幸せなことと思います。紬や小紋などの装いに合わせて、気品香る装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2093】絽綴袋帯 練色 紫陽花の図

柔らかいオフホワイトの地に梅鼠色の場を取り、金銀糸で楚々とした額紫陽花の枝が表現された、絽綴れの袋帯です。夏らしい清涼感のある色柄に、燦めく金銀糸が格調高い華を添えています。しっかりとした地風の上質な絽綴れはめっきり少なくなっってしまいましたが、こちらは打ち込み良くかちりと目の詰まった織り味が好ましい佳品。格高小紋から訪問着などの装いに季節の風情を添えて、爽やかに引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2092】生紬地染名古屋帯 墨色 ジャワ更紗 花獣文

穏やかな色味の黒の生紬地に、大らかな花や愛らしい動物の姿が描かれた、手描きのジャワ更紗名古屋帯です。細い口から蝋を出すチャンティンという道具を用いて精緻な模様を描き出すジャワ更紗は、インド更紗などと同様に趣味性の高い帯として愛好されていますね。本来は木綿を染め下地に使いますが、こちらは上質な生紬を使い帯地用としてつくられたもの。丁寧な仕事と洗練された色柄が光る、魅力あふれる洒落帯です。オールドバティック系の布を用いた帯はとても味わい深いものですが、やはり木綿であることや布の状態で着用場面を選びます。そのような気遣い無く、本物の更紗の美しさを存分にお楽しみ頂けるお品、夏紬や上布、小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2090】西陣 河合美術織物製 紗袋帯 紫鼠色 芒に蝶の図  

フォーマル帯を中心とした質の高いものづくりで知られる西陣の名門・河合美術織物さんの夏帯です。こちらは灰みの強いシックな紫系の紗に、芒に遊ぶ蝶の姿を表現した風情豊かな袋帯。透け感の強い紗の裏側からも揺らめく細い金糸の輝きが、景色に動きと奥行きを創る優雅な表情のお品です。蝶にのせたほんのり甘い彩りも、女性らしい上品な可愛らしさを感じさせますね。盛夏の改まった装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1862】草紫堂製 南部絞紫根染 単衣着物 (証紙等付)

古くから南部地方に伝わる茜染めと紫根染めを守り続ける、盛岡の工房・草紫堂さんの着物です。人の手と時間とを惜しみ無く費やし、稀少な紫草の根で繰り返し染め上げられたお品は、気品に満ちた独特の美しさで見る人を魅了します。こちらは僅かに角を付けた七宝繋ぎ風の連続模様。シンプルなかたちの中に白と紫が程良い配分で染め別けられた一枚です。紫根はお色によっても印象が異なりますが、こちらは明るすぎず薄すぎず、どなたにもお召しになり易い柔らかなお色目。上質な薄手の紬を土台に染めていますので、単衣ではその軽やかさをより実感頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1861】千總製 色留袖

宗伝唐茶色が近いでしょうか、僅かに赤みを含んだ淡い茶系の裾濃暈かしに波に菱重ね、刺繍を添えて松竹梅が表現された染五ッ紋の色留袖です。繊細な筆や精緻な繍いが駆使された格調高い古典意匠のお品、どのようなお席にも堂々とお召し頂ける、京友禅の老舗・千總さんならではの重厚感あふれる優品です。落ち着いたお色目は着る方を選ばず、またお歳を問わず長くお召し頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1860】綾織 無地 幾何文 単衣着物

灰白色が近いでしょうか、灰みや黄み、緑みなどを微かに含んだ繊細なお色の単衣着物です。市松と縞が交互に織り出された綾織りのお品、しっとりと肌に馴染む風合いの良さ、光の加減で現れる陰影豊かな景色や美しい光沢には、色無地とはまた異なる織り独特の存在感がありますね。艶感のあるドレッシーな織りは、スーツ感覚の着物としてすっかり定着してきましたが、とりわけ色の美しさや糸そのものの輝きを生かした、こちらのような無地の綾織りは、帯合わせ次第でちょっとしたお出かけからセミフォーマルな場面まで、現代の生活では実に重宝なものです。作家作品などでも時折見かけるモダンな表情の綾織り、ぜひこの機会にお試し下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1859】千總製 小紋

鉄御納戸色が近いでしょうか、細く格子の入った青味の鼠色系の地に源氏鼠色と利休茶色の市松文、所々に大ぶりの桜や楓が顔をのぞかせる小紋です。クラシックで華やかな柄構成を、光沢を抑えた地風やグレイッシュなトーンが現代的に引き立てるお品、大らかさの中にもきちんとした品の良さを感じさせる古典意匠のアレンジはやはり、京友禅の老舗・千總さんならではの手腕ですね。図案化されていますので季節を問う着物ではございませんが、袷に入ったばかりの秋口や桜咲く前の春早い頃には、装いにもより深い趣きをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1858】単衣 小紋 藤紫色 誰が袖散らし

藤紫色が近いでしょうか、明るい薄紫系の地に菊花や桔梗、橘や楓など折々の花と共に、誰が袖文がふんわりと散らされた単衣の小紋です。品の良い静かな古典意匠ですが、晴々として爽やかな彩りやモチーフの仄かな甘さがつくる、素直で優しい表情に魅了されます。着る人をはんなりと引き立てる女性らしい一枚、場に程良い華を添え、またどなたからも好感度高い装いをお楽しみ頂けることと思います。お稽古やお出かけなどにいかがでしょか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2089】絽縮緬地染名古屋帯 鉄線の図

細かなシボが独特の趣きを見せる黒の絽縮緬を背景に、大輪の鉄線の花が咲き誇る染めの名古屋帯です。優しい卵色に加えて、小さく効かせた薄花色や藤鼠色が爽やかな女性らしさを、ほっそりと縁取る金彩の輝きが上品な華を添えるお品。生命力あふれる花々がこの季節ならではの風情を運び、装いを涼やかに引き立ててくれることと思います。単衣の小紋から紬、麻や絽の着物などに合わせてお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る