銀座【帯2141】川島織物製 絽織名古屋帯「夕涼み」(証紙付・新品未使用)

濃藍色の絽に一面の露芝文、柔らかな光を放つ蛍の姿が重ねられた夏の織名古屋帯です。控えめな銀糸が夜露の煌めきを、透け感のある深い青味が夏の夜を表現するお品、ほんのりと黄みがかった儚い光が飛び交う景色からは、夏衣ならではの風情をお楽しみ頂けることと思います。こちらは西陣指折りの老舗機屋・川島織物さんの作、品格ある色柄のみならず、上質な糸遣いや確かな技術から生まれる締めやすさでも定評がありますね。ちょっとしたお出かけから軽い集まりなど、様々な場面で重宝な織りの名古屋帯、この機会にぜひお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2140】西陣 (株) 藤原製 絽袋帯 雲取有職文

唐織で定評ある西陣の老舗機屋・(株) 藤原さんの夏の袋帯です。こちらは鳥の子色が近いでしょうか、僅かに黄みを含んだオフホワイトの絽に鳩羽色や鶸茶色など落ち着いたお色の雲取りを配し、格調高い有職丸文が重ねられたお品。ふっくらとした白糸の清々しい輝きや金糸の煌めきが、晴れやかな装いに相応しい上品な華を運びます。夏の改まったお席やお呼ばれにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2139】日本工芸会正会員 福村廣利作 塩瀬地染名古屋帯 (落款入)

辻が花の技法を今に蘇らせたことで知られる小倉建亮さんに師事、辻が花を「絵絞り」として捉え、独創的な意匠を取り入れながら確かな技術で現代の辻が花を追究なさる、日本工芸会正会員・福村廣利さんの名古屋帯で す。こちらは灰梅色の濃淡を暈かした塩瀬地に藪柑子でしょうか、小さな紅い実を付けた植物が並ぶ、福村さんらしいほんのり優しい雰囲気のお品。絞りの滲みや柔らかな描線が甘めのお色目と相俟って、紬や小紋などの装いに女性らしい清楚な華を添えてくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2138】誉田屋源兵衛製 袋帯 (添付資料有)

帯問屋として京で270余年の歴史を持ち、卓越した染織技術から生まれる個性的な帯で名高い老舗・誉田屋源兵衛さんの袋帯です。こちらは平箔・撚り・漆箔等様々なかたちの糸を重ねた金銀鳶色が溶け合う地に、松の古 木、梅鉢文、そして竹の垣を配したお品。さり気なく松竹梅を取り合わせた迫力のある意匠に誉田屋さんらしい洒落みが感じられますね。特殊な糸を果敢に取り入れ、表現力の限界に挑戦し続ける誉田屋さんならではの、重厚な存在感が光る一点。どっしりとした風貌に反して熟練の手織りによる織り味はとても軽やかです。改まった場面やお祝いのお席の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2137】人間国宝 北村武資作 上品羅 八寸名古屋帯 (落款有・三越扱い)

「経錦」「羅」の重要無形文化財保持者・北村武資さんの作品です。こちらは「羅」、茶鼠色が近いでしょうか、グレイとベージュが程良く溶け合う穏やかなお色目で、本羅特有の端正な菱文が整然と並ぶ八寸名古屋帯です。縦横斜めに網目のように広がる複雑な組織は、織りというよりは編みのような印象で、隙間の大きい織地ながら帯として使い易い張りを保ち、奥行きのある典雅な表情を生み出しています。長年西陣で古代織物の研究を重ね培った高度な技術を生かし、上代の美しい裂を次々と蘇らせる北村さん、その気品薫る世界を、極上の涼と共にお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1890】ぎをん齋藤製 付下げ 流水に団扇の図(畳紙付)

浅黄色が近いでしょうか。穏やかな卵色系の地に緩やかな水の流れや団扇が散らされた、ぎをん齋藤さんの付下げです。こちらはお店独自の「天の川」という素材が用いられたもので、単衣から夏を通してお召し頂けるとのこと。さらさらとして落ち感良く、肌に付かず風を通し…楊柳や絽縮緬、紗の長所を集めたような素晴らしい風合いです。華のある明るい色が映える風情豊かな一枚、銀糸の繍いを添えた朝顔は露をのせたかのように控えめに輝き、槌車や秋の花が季節を運びます。すっと目を惹く洗練された女性らしさはやはり、長く花街の衣裳を担い続けてこられた京の名店ならではのもの。夏衣ならではの風情を存分にお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1889】本場小千谷縮 藍色 細縞に絣市松 (しつけ付・証紙付)

藍濃淡を変わり市松風に配した上質な本場小千谷縮です。麻独特の清涼感、肌に付かない細やかなシボ、そして家庭での簡単なお手入れもできる小千谷縮は、身近な夏着物としてすっかり定着していますね。数多く流通している小千谷縮ですが、伝統的工芸品指定のお品となるととても稀少。量産品とは異なる手織りならではの繊細な布味は涼しさもひとしおです。清々しい藍色に映せば、強烈な夏の陽射しも風情ある景色の一部となりますね。日傘と共に颯爽とお歩き下さいませ。*小千谷縮創作同人会・ひぐち、との記載がございますので、日本工芸会正会員・樋口隆司さんの作と思われます。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1888】東郷織物製 本場夏大島紬 (証紙付・銀座もとじ扱い)

薩摩絣でも名高い東郷織物さんの本場夏大島紬です。夏の大島紬は撚りの強い絹糸で程良い隙間を空けて織り上げられており、さらさらと肌を滑るような風合いがとても心地良い薄物です。こちらは多色横段、ブルー・パープルやベージュなど様々な色味を含んだグレイッシュな淡彩がアトランダムな横段に配されています。優しい色が薄絹に溶け込む景色は、どこか儚さすら感じさせる美しさ…夏衣ならではの風情ですね。品質はもとより洗練された色構成はやはり東郷さんのお品独自のもの。季節の染め帯や工芸色豊かな八寸、ドレッシーな洒落袋など、幅広い帯合わせをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1887】振袖 練色 御所解文

紗綾型の地紋が仄かに浮かぶオフホワイトの地に、見事な御所解文が配された振袖です。摺疋田や刺繍で贅沢に装飾された正統派古典意匠、この上なく優美でありながらどっしりと重厚な存在感が着る人を包みます。少し以前の京都の老舗呉服店の誂えと思われますが、白地ながら比較的状態も良く、寸法も充分です。成人式などのお席はたくさんの振袖姿が並びますが、丁寧な仕事が創りあげたお品は本当に少なくなっています。若い方の清楚な美しさを引き立てる気品豊かな一枚、これからも晴れやかな場面で活躍させて頂けましたらと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2136】絽塩瀬地染名古屋帯 白色 釣鐘人参

柔らかみのある白の絽塩瀬地に愛らしい釣鐘型の花が描かれた染めの名古屋帯です。ツリガネニンジンでしょうか、小さなベルのように並ぶ青味がかった紫の花が、とても清楚な表情を見せていますね。7月頃から秋口まで各地で咲く花とのこと、単衣時期から夏を通して、風情ある装いをお楽しみ頂けそうです。

この商品のONLINESHOPページを見る