銀座【着物2134】郡上紬 藍色 破れ格子 反物

経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸は選び抜いた春繭の本真綿から手で紡いだ糸を用い、高機で織り上げられる郡上紬です。こちらは深い藍色の地から美しい彩りがふわりふわりと浮かび上がる破れ格子。一見アトランダムな構成ながら良く見れば綿密に計算されたものであり、経緯の糸の彩りの重なりの複雑さに驚かされるお品、この奥深い景色のためにいかに細やかな仕事がなされているのかがおわかり頂けることと思います。陽を受ければ藍の色が朗らかに輝く布を眺めていると、選び抜かれた糸がつくる見事な光沢と風合い、そして草木から丹念に引き出された彩りの美しさに心満たされ、これこそが郡上紬の魅力であることを実感いたします。紬織の人間国宝・故宗廣力三さんが大変なご苦労を重ねて育て上げた織物、素朴な表情に隠された贅沢な存在感をどうぞお楽しみ下さいませ。※こちらは反物の状態ですので、着用には別途お仕立てが必要です。ご希望の方はご購入後にご相談下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2133】訪問着 桐花の図

紫みを帯びた江戸鼠色と潤色が近いでしょうか、優美で落ち着いた中間色の濃淡で大きく場を別け、濃地の部分には一面桐の花を配した訪問着です。繍いや摺り疋田・更紗花や割付文などで装飾された桐の花には、ひと色抑えた彩りが用いられており、どのような場面にも安心な訪問着らしい豪華さを備えながらも、やや控えた表情がとても好ましく、どなたにも着こなし易いお品と思います。上品で格調ある社交着、お呼ばれの機会の増える季節に向けて、いかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2132】本真綿紬 練色 150亀甲詰 反物 (新品・桐箱入)

新潟県十日町市は全国有数の織物の産地として良く知られていますが、こちらは伝統工芸士・白川貞夫さん率いる白新染織製の高機による手織りの真綿紬。ふっくらと柔らかな真綿糸の風合いがうれしいお品で、優れた技術を持つ産地ならではの 150亀甲詰という精緻な絣です。良く吟味された素材を用いた上質な紬は、一度手で触れて頂けましたらご納得いただけることと思いますが、こちらもそんな一点。丁寧な仕事による手織りの真綿紬という、ベイシックな部分が安心なお品ですので、着心地や糸味等いろいろな面から自信を持っておすすめできます。オフホワイトの地に墨色の絣というお色目は帯合わせを選ばず、また女性・男性を問わずお召し頂けますね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。※こちらは反物の状態ですので、着用には別途お仕立てが必要です。ご希望の方はご購入後にご相談下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2517】草紫堂製 南部絞紫根染 名古屋帯 (証紙付)

古くからこの地に伝わる紫根染と茜染を守り続ける盛岡の工房・草紫堂さんのお品です。人の手と時間を惜しみ無く費やし、稀少な紫草の根で繰り返し染め上げられたお品は、気品に満ちた独特の色によって見る人を忽ち魅了します。こちらは帯幅の一部に無地場を残し、菱を組み合わせた花のような幾何文を置いた名古屋帯。絞り特有のほんのりとした可愛らしさを無地場の深い彩りが程よく引き締めていますね。紫根染も茜染もお品によって一点一点少しずつお色目が異なりますが、こちらは絞りはくっきり、お色はふんわり優しくとても柔らかな印象のお品、紫根の色の中でもとりわけ穏やかなお色目と思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2516】浦野理一作 染名古屋帯 経節紬地 牡丹唐草文

灰白色の地に濃い藍色で力強い牡丹唐草文が染め上げられた名古屋帯です。こちらは浦野理一さんの作品。日本各地の伝統的な染織への深い理解と愛情、そしてご自身の感性と妥協のない手仕事から生まれたこの方の着物や帯は、生産が終わって久しい今も全く色褪せぬ美しさで私たちを魅了します。江戸末期から大正期にかけて盛んに生産された藍染めの唐草文の瑞々しく大らかな姿を、贅沢なかたちで再現した一点、紬や小紋の装いに堂々たる存在感を添えて引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2515】西陣 浅田綴製 紋綴 八寸名古屋帯「水辺のかすみ」(証紙付)

深川鼠色の濃淡と練色の暈かしを背景に、金銀糸で霞棚引く静かな景色が綴れで表現された八寸名古屋帯です。シンプルながら奥行きある色柄に高い格調が滲むお品、合わせる着物を選びませんので、色無地や格高の小紋から訪問着などの装いに重宝頂けそうですね。上質な綴れ帯は締め心地の良さはもちろん、八寸の形ながらフォーマルな場面にもお使い頂けますし、単衣時期にも出番が多いことと思います。こちらは170年余、つづれ帯ひと筋の名門・西陣の浅田綴さんの手織り、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2514】絽綴 八寸名古屋帯 灰桜色 四弁花文

優しいペールピンクの地に金銀糸の四弁花が丹念に織り出された絽綴れの八寸名古屋帯です。中央の花にほんのりと重ねられた水色をアクセントに置いた清々しい色遣いのお品、手に取るだけですっと涼風が抜けて行くような爽やかな夏帯です。芯の入らない八寸帯は暑い季節にはとりわけありがたいもの。改まった場面でもお使い頂けるのも綴れの帯ならでは、ですね。最近では質の良い絽綴れはとても少なくなってきています。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2513】龍村平蔵製 本袋帯「寿鶴金華山錦文」

栗梅色あたりが近いでしょうか、僅かに茶みを帯びた落ち着いた赤系の地に平金糸で寿の文字や瑞雲、鶴や龍などがかちりと織り表された本袋帯です。こちらは贅沢な帯づくりで知られる龍村美術織物さんのお品の中でも龍村錦帯として特別な位置付けにある「龍村平蔵製」・銘「寿鶴金華山錦文」。細幅の金糸のみで丁寧に表現されたモチーフが創り上げる、祝意に満ちた端正な景色がとても印象的ですね。平蔵さんの帯ならではの個性と存在感が、紋付きや留袖など晴れの日の装いを重厚に引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2512】西陣 洛陽織物製 袋帯

微かな金糸の煌めきを見せる象牙色の地に、撚金糸や銀の箔糸を贅沢に用いて上代の唐花文を大きく表現した袋帯です。銀糸で丁寧に縁取られた華麗な金のかたちが、小さく挿された青丹色や薄縹色・滅紫色の鮮やかな彩りによって、レリーフのような立体感を与えられていますね。重厚な古典意匠がモダンにアレンジされた、どこか洋の雰囲気漂うお品、ホテルなど広い空間のパーティなどでもすっと目を惹く、洗練された装いをお楽しみ頂けることと思います。明治期からの長い歴史を持つ西陣の老舗機屋・洛陽織物さんの作で「織襲」との織り込みが入っております。この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2511】西陣 川島織物製 本袋帯

淡い亜麻色の地に蜀江錦のかたちを窓に取り、有職文や吉祥文、割付文や名物裂文など格調高い古典意匠を華やかに配した袋帯です。挿し色は抑え目に、華麗な金銀糸の煌めきを生かして贅沢な存在感を見せています。晴れやかな日の装いをより引き立てる正統派のフォーマル帯、西陣を代表する老舗機屋・川島織物さんのお品ですので、しなやかな締め心地やお太鼓のかたちの美しさなど品質面でも安心ですね。どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る