銀座【着物2060】白山工房製 本場牛首紬 縞 (証紙付)

千草色が近いでしょうか、穏やかな青磁系の濃淡に梅鼠を溶け込ませた縞の紬です。こちらは白山工房さんの本場牛首紬。玉繭からのべ引きした糸を用い、手機で丹念に織られる牛首紬は、小さな節があちこちに顔をのぞかせる表情豊かな織物です。釘抜きとも呼ばれる堅牢さを備えており、また程よい張りのある軽くしなやかな風合いは、着心地の良さでも定評がありますね。贅沢な染め下地として用いられることが多い牛首紬ですが、こちらは数少ない先染めのお品です。優しい淡彩が並ぶ縞はとても上品な印象で着る方を選ばず、季節の染め帯やモダンな洒落袋帯など、様々な帯の背景としても活躍してくれそうですね。春の訪れを感じさせる綺麗な色遣いが新鮮な縞紬、この機会にどうぞご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2059】日本工芸会正会員 秋山眞和作 天然灰汁醗酵建藍染 絣 着物 (証紙付・しつけ付)

明るく澄んだ藍の色に特別な美しさが光る絣の着物です。こちらは日本工芸会正会員として活躍なさる染織家・秋山眞和さんの作。豊かな自然に囲まれた宮崎県綾町にて工房を率い、徳島の佐藤昭人さんのすくもを用いた天然灰汁醗酵建による藍染、貝紫・草木などの天然染料による染め、小石丸の養蚕から始まる糸作りなど、妥協のない丁寧なもの作りをなさっておいでです。フォーマルにも対応できそうな光沢感のある洗練された織物から素朴で温かみのある手紡ぎ手織りの紬など作品の傾向は様々ですが、どれも選び抜いた素材、手をかけた入念な染め、高度な織りの技術を駆使した逸品揃いですね。今回のご紹介は昔と変わらぬ天然灰汁醗酵建によって糸染めをした真綿紬、経緯の絣ですっきりと銭玉番匠が織り込まれています。大工さんの道具である曲尺(番匠) と銭玉絣を組み合わせた階段状の幾何文は琉球絣や芭蕉布に見られるもの。沖縄染織に造詣が深い秋山さんらしい作品です。シンプルな意匠はお召しになる方や年齢を問わず、上質な手紡ぎ糸の軽くほっこりとした風合い、輝くような藍の色を長く長くお楽しみ頂けることと思います。どうぞこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2396】中村由美子作 型絵染 名古屋帯「薔薇」 

淡萌黄色が近いでしょうか、明るいグリーンの紬地に色とりどりの薔薇の花咲く型絵染の名古屋帯です。こちらは中村由美子さんの作、優美な色遣いや可愛らしいモチーフに女性の作り手さんらしい品の良い甘さが香り、眺めているだけでわくわくしてしまうような朗らかな魅力に満ちています。淡彩のグラデーションによる柔和な花々、そして市松や赤と黒を効かせた力強い花々が賑やかに春を謳うお品、複雑な花のかたちを生かした型構成や繊細な色彩感覚に、この方の抜きんでた技量がはっきりと示されていますね。なかなか出会う機会が少ないと思われる中村さんの作品です。どうぞこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2395】ぎをん齋藤製 塩瀬地染名古屋帯 (落款入)

京都らしいはんなりとした着物や帯で定評ある老舗呉服店・ぎをん齋藤さんの染め帯です。こちらは黒の塩瀬地に小さな実を付けた植物が描かれたお品、千両などに比べますと円みのある葉のかたちは、黄実のガマズミでしょうか。闇に溶け込むかのようなモノトーンの枝葉を背景に、つややかな実が刺繍を添えてくっきりと表現されています。丁寧なお仕事による洗練された洒落み…小紋や紬など日常の装いにこそ、このような個性ある帯を楽しみたいものですね。ぜひこの機にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2394】たつむら製 本袋帯 黒「喜華慶鳥錦」

重厚華麗な帯づくりで広く知られる龍村美術織物さんの本袋帯です。こちらは銘「喜華慶鳥錦」、深みのある美しい黒を背景にやや赤みを含んだ金糸を贅沢に用いて、花唐草や瑞鳥の姿を細やかに表現したお品です。所々には洗朱や薄縹、青丹など華やぎを添える美しい色糸が織り込まれており、幅広いお色目の着物にすっと馴染んでくれます。合わせる着物を選ばず、様々な場面で安心してお使い頂ける龍村さんならではの一点、上質な素材と確かな技術による締め心地の良さも格別です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2393】西陣 加納幸製 袋帯 色紙文

格調高い古典意匠を現代的に表現なさる、西陣指折りの名門機屋・加納幸さんの袋帯です。こちらは淡い薄卵色が近いでしょうか、柳に桜が織り込まれた明るいクリームベージュの地に、四季折々の花木を載せた色紙が重ねられたお品。サーモンピンクの上品な甘さが映える優美な景色、ふんだんに散りばめられた金銀糸の煌めきが、装いを気品豊かに引き立ててくれることと思います。色数を抑えていますので合わせる着物も幅広く、格高の小紋から付下げ、訪問着などの装いに活躍してくれそうですね。春のおでかけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2392】高久空木作 塩瀬地染名古屋帯 薄卵色 葉っぱの図 (落款入)

柔らかな中間色を生かした洗練された画風で独自の世界を創り上げた、臈纈染め作家・高久空木さんの染め帯です。こちらは薄卵色が近いでしょうか、肌色みがかった淡いベージュの塩瀬地に、数枚の木の葉がはらりと配された名古屋帯。灰緑や小豆色など枯れた趣きの色を用い、美しい半透明の滲みによって得も言われぬ風情を生み出していますね。空間構成から繊細な彩りの置き方など隅々まで心配られた空木さんの帯、静かな印象ですが着物に載せて頂けば意外な程の存在感を見せてくれます。紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2391】人間国宝 喜多川俵二作 名古屋帯

父である平朗さんの技術を引き継ぎ、「有職織物」の重要無形文化財保持者として気品豊かな作品を制作なさる、喜多川俵二さんのお品です。こちらは淡いベージュの地にふっくらとした唐織りで牡丹文が織り出された名古屋帯。洗朱や薄香、老竹や滅紫など優美な彩りが上質な絹ならではの光沢とともに輝いています。女性らしい上品な甘さ、心洗われるような清々しさはこの方の帯ならではの魅力。金糸が入っておりませんので、本結城の無地や艶感のある織りなどに合わせて頂いても素敵ですね。ドレッシーな紬から小紋、紋付き色無地、軽い付下げなど幅広い装いに合わせて、喜多川さんの典雅な世界をお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2390】津軽こぎん刺し 名古屋帯 亜麻色×白糸 (新品)

津軽地方に伝わる「こぎん刺し」は、もともと麻で織られた小幅の布に補強保温の目的で木綿糸の刺し子を入れたもの。厳寒の地に生きる津軽の人々の知恵から生まれたこぎん刺しでしたが、作り手の女性たちによる工夫と美意識によって洗練され、多くの美しい幾何文様が生み出されました。こちらはナチュラルな亜麻色の麻地に白糸が爽やかな名古屋帯、手仕事の優しさが滲む工芸色豊かなお品です。しっかりとした厚手の麻地ですので、真夏以外でしたら季節を問わず、木綿や紬などの装いを趣深く、そしてモダンに引き立ててくれることと思います。どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2389】三風魯製 袋帯

選び抜いたオリジナルの意匠を西陣の老舗機屋の手で織り上げる、洛風林さんと同様の方法で個性豊かな帯づくりをなさっておいでの三風魯さんの袋帯です。こちらは深々とした黒を背景に金銀や鮮やかな朱赤を効かせ、花枝に一羽の鸚哥が配されたお品。火焔のように咲き誇る花々の陰で羽根を休める鸚哥の表情には、猛禽類のような気高さ、そして知性を感じますね。くっきりと浮かび上がる力強いモチーフが装いにエキゾティックな趣きを添えるお品、ドレッシーな織りから付下げなどの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る