銀座【帯2088】人間国宝 喜多川俵二製 袋帯

父である平朗さんの技術を引き継ぎ、「有職織物」の重要無形文化財保持者として気品豊かな作品を制作なさる、喜多川俵二さんの名古屋帯です。こちらは柔らかなオフホワイトの地に桧垣文、重ねて美しい彩りで牡丹や菊花、楓などの華やかな丸文がふっくらと織り上げられた、端正な二陪織物の名古屋帯です。錆朱や鳩羽色、枯草色など一段抑えた落ち着いた色遣いは、お使いになる方や年齢を選びません。金糸を用いておりませんので、小紋や付下げはもちろん、ドレッシーな紬などよそゆき感のある織りの着物にも合わせて頂ける重宝なお品、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2087】白山工房製 牛首紬地 洒落袋帯

藍鼠の地に鳩羽鼠、利休鼠などシックな色遣いで幾何文を置き、金彩で繊細な切箔散らしを重ね、更にシャープな直線を配した洒落袋帯です。モダンと古典がさらりと溶けあう景色がとても印象的ですね。こちらは白山工房製の本場牛首紬の白生地を用いたもの。小さな節が趣深く、釘抜きとも呼ばれる堅牢さとしなやかな風合いで定評ある牛首紬は、玉繭から人の手でのべ引きした糸を用いる上質な紬、もちろん帯としての締め心地も格別です。紬や小紋などに合わせて、趣味性高い装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2086】南風原花織 ロートン織 名古屋帯 (証紙付)

南風原町は沖縄を代表する織物産地の一つとして知られ、国の伝統的工芸品にも指定される琉球絣や南風原花織など、手織による質の高い着物や帯がつくられています。今回のご紹介は琉球絣の名門として知られる大城織物工場さんのお品、淡い亜麻色が近いでしょうか、淡いベージュ地に立体感のあるロートン織りが施され、重ねて杏色や黒橡色系の横段をアトランダムに配した八寸名古屋帯です。穏やかなお色目の無地感覚の帯ですので、合わせる着物の色柄を選ばず、紬や木綿、軽い小紋などの装いに手仕事の温かな趣きを添えて、すっきりと引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2085】西陣 河合美術織物製 夏袋帯 黒地 花筏

フォーマル帯を中心とした質の高いものづくりで知られる西陣の名門・河合美術織物さんの夏帯です。こちらは黒の絽に金糸の流水と筏文、ふっくらとした唐織で萩や桔梗、菊花や楓など秋草が重ねられた風情豊かなお品。涼やかに透ける絽を背景に甘撚りの絹糸の柔らかな質感や光沢がより際立つ優美な一点、訪問着など華やかな着物に合わせるのはもちろん、存在感があ りますので、無地感覚の着物に合わせて帯を主役とした装いも素敵ですね。ぜひお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2084】西陣 川島織物製 本袋帯

金を通した地に有職丸文をゆったりと浮かべた本袋帯です。こちらは西陣指折りの老舗機屋・川島織物さんのお品、古典意匠の重厚感を存分に生かした格調高いフォーマル帯です。贅沢な金糸遣いが華やかな存在感を見せる一方、湊鼠や滅紫、草色・浅緋などの彩りは明るさを見せつつも一歩控えた感があり、実に上品な印象を与えます。もちろん上質な糸と緻密な織りによる締め心地の素晴らしさも川島さんの帯ならでは。着物の色柄を選ばず、どのような場面でも安心してお使い頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2083】夏紬地 絞り 名古屋帯

さっくりとした布味が爽やかな紬地を市松に別け、素朴な絞りと繊細な筆で装飾した名古屋帯です。黒を背景に紅掛空色の美しさが映えるお品、印象が強くなりがちな色構成を柔らかく滲む絞りやマットで透け感のある独特の地風が和らげて、程良い工芸色と洗練を備えた素敵な洒落帯に仕上がっています。麻や夏紬、小紋などの装いをきりりと引き締めてくれる存在感ある お品、単衣時期から夏を通してお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2082】紗袋帯 対い鶴菱

細い金銀糸と共に花唐草が織り込まれた茶鼠色の紗に、白や水柿の濃淡、滅紫や苔色など美しい色を用いた唐織で対い鶴菱が重ねられた袋帯です。格調高い有職意匠、重厚な織りと繊細な紗の質感が、涼やかで気品豊かな景色を創り出していますね。 夏の改まったお出かけや華やかなお呼ばれのお席にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2081】生紬地 絞り染名古屋帯 朝顔の図

老緑のように灰みを帯びた深い緑地に、朝顔の花がゆったりと絞りで表現された名古屋帯です。落ち着いた地色にシックなピンクが優しく映えるお品、野趣豊かな生紬にほんのりと滲む絞り独特の柔らかい描線が、風情ある涼しげな景色をつくっていますね。単衣の紬から上布・夏紬などに合わせて、見る人の心に季節を運ぶ、爽やかな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2080】西陣 まいづる製 唐紗 袋帯 杜若の図

鳩羽鼠色と青白橡色がほんのり溶け合う紗地に金糸燦めく八橋や流水文、重ねて柔らかな彩りでふっくらと杜若が表現された夏の袋帯です。涼やかな紗の透け感とふんだんに用いられた金銀糸の華やぎ、絹糸の瑞々しい光沢が季節感豊かな景色を創り出しています。盛装のための夏帯は生産数も少なく、ご紹介できる数も限られてしまいますが、こちらでしたら紋付きから訪問着などの重めの装いをどっしりと受けとめてくれることと思います。西陣の名門機屋・まいづるさんのお品、どうぞお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2079】西陣 川島織物製 絽袋帯

灰白色が近いでしょうか、仄かな色味を含んだオフホワイトの絽に、八橋と杜若をゆったりと配した夏の袋帯です。こちらは西陣の老舗機屋・川島織物さんのお品、つややかな絹糸の光沢にのせた優美な花の色や、控えめに燦めく金銀糸が、季節ならではの涼やかな景色を創りあげています。小さくふっくらとアレンジされた杜若の姿も微笑ましく、気品と共に香るほんのりとした甘さが心に響きますね。格高の小紋から訪問着などの装いに合わせて、風情豊かな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る