銀座【帯2384】小野順子作 縮緬地染名古屋帯 (落款入)

璃寛茶が近いでしょうか、灰黄みがかった渋い緑の縮緬地に手桶風の窓を置き、一輪の椿の花枝が配された染名古屋帯です。こちらは辻が花の復元で知られる小倉建亮さん・淳史さんに師事、唯一の女性の弟子としてその技術を受け継ぐ染色作家・小野順子さんの作品です。枯 れた彩りの中で、ほんのりとした花の赤みが穏やかな華やぎを見せるお品、確かな技量による絞りやカチンの筆が静かな画を凛と引き締めていますね。紬や小紋の装いに季節を添える、風情ある染め帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2383】龍村晋作 袋帯「瑞典天使文錦」

初代龍村平蔵さんの三男として生まれ、父から学び引き継いだ龍村ならではの高度な技術と芸術性を基に、最高峰の帯の数々を世に出した、龍村晋さんの作品です。こちらは黒の地に古いフレミッシュ織のモチーフを写した「瑞典天使文錦」。フレミッシュ織りはスウェーデンに古くから伝わる綴織りの一種で、麻糸や毛糸を用いて絵を描くように織り上げられる、素朴ながら味わい深い織物です。龍村平蔵さんの作品にも同様の意匠が見られますが、その時代にこの図案を帯のかたちとする柔軟かつ鋭敏な思考に、本当に驚かされますね。洋の明るい色遣いで聖母マリアと天使の姿が大らかに表現されたお品、ドレッシーな織りやモダンな小紋に合わせて、愛らしさと共に高い品格と洗練を備えた、個性ある装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2382】銀座志ま亀製 縮緬地染名古屋帯 藍鉄色 古裂文

藍鉄色の縮緬地に、穏やかな色遣いで花唐草などの古裂が描かれた染めの名古屋帯です。所々の破れも更なる趣きとする風格ある裂の様子を端正な筆で表現した美しい意匠のお品、細い金彩の縁取りも上品な華を誘い、小紋や紬などの装いを気品豊かに引き立ててくれそうですね。こちらは銀座志ま亀さんの作、静かな表情ながら個性的であったり帯合わせの難しい着物もさらりと受け止めてくれる力を備えています。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2381】山本由季作 縮緬地染名古屋帯 紫黒色 花に猫

紫黒色が近いでしょうか、ほんのりと紫みが溶け込む黒の縮緬地に花や猫たちが遊ぶ、何とも微笑ましい名古屋帯です。あらあら頑張って!と応援したくなるような元気一杯の猫たちが、力強い彩りの中を生き生きと走り回る姿には、猫好きならずとも心をきゅっと掴まれてしまうことと思います。こちらは染色作家・山本由季さんの作品。宮城県の自然に囲まれた工房で、花や虫・動物たちをモチーフにファンタスティックな世界を創り上げる山本さん、大人の女性にこそ楽しんで頂けるその無垢で上質な甘さを、ぜひこの機会にお確かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2380】西陣 藤原製 唐織 袋帯 黒色 宝尽くし文 (落款入)

唐織で名高い西陣の老舗・藤原さんの袋帯です。こちらは黒の地に鶴亀や宝尽くし文が賑やかに織り出されたお品、絹糸の光沢が映える美しい彩りやふんだんに用いられた金糸によって、おめでたい吉祥文が晴れやかに輝いています。刺繍のようにふっくらと立体感のある景色は重厚かつ女性らしい優美な趣きを備えており、装いを格調高く引き立ててくれますね。新年の装いからお祝いのお席など、ご用意があると何かと重宝にお使い頂ける宝尽くしの帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2052】浦野理一作 経節紬 淺縹色 無地  

選び抜かれ、丹念に手を掛けられた糸そのものが趣豊かな景色を創る経節の紬は、浦野理一さんの代名詞とも言える織物です。真綿から人の手でゆっくりとつむぎ出す節のある太糸は、糸作りのみならず製織も難しく、その仕事は伝えられること無く既に生産が止まっています。私たちが手に取ることができる布は全て、かなり以前に織られたものですが、決して古びることなく目にする度に新鮮な輝きを感じるのは、贅沢な糸、そして確かなお仕事あってのことですね。今回ご紹介する着物は浅縹色が近いでしょうか、眺めているだけで気持ちが明るくなるような、爽やかなブルー系のお色目です。帯次第で幅広い場面で活躍してくれる無地の紬はとても重宝なものですが、力のある帯をのせた時にはやはり、はっきりと着物の質が問われます。重みのある袋帯から作家物など個性ある染め帯までどのようなお品もしっかりと受け止めてくれる浦野さんの無地紬、お気に召したお色と出会えましたら、どうぞお手元にお呼び下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2051】蒋雪英作 刺繍訪問着 紫黒×鳩羽色 唐獅子牡丹図 (落款入)

鳩羽色と紫黒色が近いでしょうか、落ち着いた淡紫とこっくりと深い濃紫を大雪輪風の暈かしにのせて片身替わりのように大きく別け、唐獅子に牡丹の花を精緻な手刺繍で配した訪問着です。大胆な構図、彩りの美しさ、そして見事な刺繍が贅沢な存在感を放っていますね。こちらは中国の蘇州刺繍の中国工芸美術大師の称号を持つ、蒋雪英さんの作。繊細な繍いで知られる蘇州刺繍の世界でも第一人者とされる方ならではの高度な技術によって、生き生きとした獅子の姿や優雅な牡丹花がくっきりと浮かび上がっています。華やかなお席でも一際目を惹く個性的なお品、新年のお出かけやお呼ばれにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2050】本場結城紬 灰白色 葡萄唐草文

温かみのあるオフホワイトの地に亀甲絣を駆使して、大らかな葡萄唐草文が表現された総柄の本場結城紬です。伸びやかに蔓を伸ばし沢山の実を付ける葡萄は古来豊穣を象徴するモチーフとして愛され、結城紬でも良く用いられた意匠ですね。最近ではこちらのように手の込んだものはなかなか見かけなくなってしまいましたが、割付文が織り込まれた葉模様、ふくよかな葡萄の実が細やかな絣技によってすっと浮かび上がる力強い景色に、総柄の本結城ならではの風格が漂います。国の重要無形文化財に指定される昔ながらの技法を守り、真綿からの糸作り、精緻な絣を合わせながらの地機による織り…それぞれの工程で熟練の技術を持つ方々によって、大変な手間と時間をかけて制作される本場結城紬。真綿の特質を最大限に生かしたその軽く温かな風合いの素晴らしさは、お召しになられてこそ実感頂けるものです。この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2049】草紫堂製 木綿地 南部絞紫根染 着物 (しつけ付)

古くから南部地方に伝わる茜染めと紫根染めを守り続ける、盛岡の工房・草紫堂さんの着物です。こちらの紫根染は熟練の技術を持つ市内近辺在住の女性が一つ一つ時間をかけて手で絞り、染料としてとりわけ稀少性の高い紫草の根を用いて、繰り返し染められます。手の掛かる入念な仕事を積み重ね、更に仕上げの後に数年間寝かせることで生まれる紫根の色は、やはり他では見られない特別なもの。眺めるほどに心満たされる美しさです。こちらは現在では少なくなった木綿地の染め、ふっくらとして温かみのある布味が優しいお品です。小さな波のようなかたちが重なる落ち着いた色味のお品は、着る方や年齢を選ばず、どなたにもすっと馴染んでくれそうですね。木綿地ならではの親しみ深い一枚です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2048】銀座志ま亀製 小紋 葡萄茶色 花盛貝 (畳紙付)

銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの着物や帯は、そのはんなりとして女性らしい美しさで多くの方から愛されていますね。こちらは葡萄茶色の地に梅花や菊花、楓などをあふれんばかりに載せた貝を散らした花盛貝の小紋。深々とした葡萄茶からくっきりと浮かび上がる朱や白、鮮やかな緑がとても華やかです。基本的に季節を問わぬ柄ゆきですが、清々しい白梅が新春の装いにはとりわけ良く映えることと思います。お出かけやお呼ばれにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る