銀座【着物2031】浦野理一作 縮緬地小紋 (しつけ付・落款入)  

シボのあるふっくらとした灰青色の縮緬地に、濃藍色で細やかな草木文様が染め上げられた型染めの小紋です。鶏頭や菊・桔梗などが唐草風に図案化されており、爽やかな藍系の彩りが、流れるような動きのある繊細な型を清々しく引き立てていますね。こちらは、日本各地に残る染織品やその技法に対する深い理解を基に、ご自身の感性と丁寧な手仕事によってその一つ一つを贅沢なかたちで再現なさった染織家・浦野理一さんの作です。残念ながら浦野さんの工房は何年も前に閉じられていますが、この方の着物や帯は時を経て色褪せぬ魅力で多くの方から愛され続けています。渋く抑えた色遣いの中にも、女性らしい淑やかな趣き香るお品、見る人の心に優しく響く装いをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2030】浦野理一作 縮緬地小紋 向かい鶴

葡萄色が近いでしょうか、茶みを含んだ落ち着いた深い紫系の地に、すっきりと図案化した向かい鶴のモチーフが並べられた型染めの小紋です。品格あるクラシックな意匠、柿茶と桑染を効かせた味わいある色遣いが印象的なお品、時代に流されることのないどっしりとした美しさは浦野理一さんならではのものですね。日本各地の染織技法に対する造詣を基に、ご自身の感性と妥協のない手仕事によって創られた贅沢な着物や帯は、今も多くの方に愛され続けています。この機会に、その懐かしくも豊かな世界にぜひ触れて頂きたいと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2029】草紫堂製 南部絞紫根染 着物

古くから南部地方に伝わる茜染めと紫根染めを守り続ける、盛岡の工房・草紫堂さんの着物です。人の手と時間とを惜しみ無く費やし、稀少な紫草の根で繰り返し染め上げられたお品は、気品に満ちた独特の美しさで見る人を魅了します。こちらは幾何文様が矢羽根のように整然と並べられた着物、絞り手の技量の高さでしょうか、形や滲みの様子もどこか端正な印象ですね。白場がやや多めのお品ですので、どなたにもお召しになりやすく、また帯合わせも幅広くお楽しみ頂けることと思います。熟練の技術を要する絞りや染めの作業のみならず、下染めや枯らし、仕上がり後の寝かせ…長い長い時を経てようやく目にすることのできる紫根の色、この機会にぜひごお手に取ってご覧くださいませ。 *残念ながら上前袵に布の傷みがございます。大きく目立つものではございませんが、気になる場合にはお仕立て直しで傷みの箇所を下前とお取り替え頂きますと安心かと思われます。お求めになりやすい価格にいたしておりますが、その旨をどうぞご了承下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2028】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 菊唐草 (落款入)

二代続く江戸小紋の人間国宝として活躍なさった、小宮康孝さんの江戸小紋です。こちらは錐彫りの地抜きで繊細な菊唐草を表現した一枚、黒の地に精緻な型による格調高い文様がきりりと染め上げられています。三役とはまた趣きが異なりますが、凛として清々しいモノトーンの景色には改まったお席やお祝いのパーティなど、フォーマルに準ずる場面に相応しい確かな気品が感じられますね。必要に応じてお使い頂ける八掛と揃いの伊達衿も用意されております。合わせる帯次第で街着から華やかなお席まで、着用機会の幅が広いこちらのような江戸小紋は、ご用意頂きますと本当に重宝と思います。ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2027】郡上紬 紫×緑 暈かし格子 (しつけ付)

深紫から鳩羽へのグラデーションに深い緑を絡めた、格子暈かしの郡上紬です。様々な色が溶け合い、響き合って幻想的とも言える美しい景色が生み出された一枚。最近ではあまり見かけなくなりましたが、この格子暈かしは郡上紬の中でもとりわけ女性らしい華やかさを感じさせますね。光を受けて輝く草木染めによる色の美しさは、この紬の最たる魅力。ここまで繊細な彩りの階調を自在に使いこなす織物はこちらの紬のみと思います。経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸は選び抜いた春繭の本真綿から手で紡いだ糸を用い、高機で織り上げられる郡上紬。紬織の人間国宝・故 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた織物は、一見素朴な表情ながら、この上なく丁寧なお仕事が積み上げられた贅沢なお品です。生産も難しくなってきていると聞く昨今、お気に召されましたら、どうぞお手元にお呼び下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2026】郡上紬 藍色 格子文 (証紙付・しつけ付)

光を受けて朗らかに輝く藍色の地に、青、紫、緑など様々な彩りを細かな格子に置いた郡上紬の着物です。草木染めによる色の美しさはこの紬の最たる魅力。細く走る鮮やかな紅の色が、チェックを思わせるカジュアルな景色をきゅっと引き締めていますね。経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸は選び抜いた春繭の本真綿から手で紡いだ糸を用い、高機で織り上げられる郡上紬。浮かんでは消える色の行方は無作為と見えますが、実は綿密な計算によるものです。紬織の人間国宝であられた故 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた織物は、一見素朴な表情ながら、この上なく丁寧なお仕事が積み重ねられた贅沢 なお品。昨今では生産も難しくなってきていると聞いております。どうぞ大切に長くご愛用下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2025】ざざんざ織 着物

経糸には白橡色と紅海老茶色を交互に配し、緯糸には墨色の糸を用いた無地感覚のざざんざ織です。所々に見え隠れする墨色の節が趣深い景色をつくるお品、赤みの糸の華やかさは程よく抑えられ、色付いた木々の葉を僅かに残した初冬の景色をふと思い起こさせる、枯れた趣きが味わい深い一枚ですね。極太に撚った玉糸を丁寧に草木で染め、手機で丹念に織り上げられるざざんざ織は、しなやかで皺になりにくく、真冬でも単衣で通せる程のどっしりとした風合いのお品。こちらは袷仕立てになっておりますので、さぞや暖かいことと思います。この機会にぜひ、頼り甲斐のあるその着心地をお試し下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2024】訪問着 黒色 橘文

深々とした黒を背景に、伸びやかに枝を伸ばす橘が描かれた訪問着です。繊細な刺繍を添えて表現された丸々とした実、冴えた赤の色、愛らしい疋田が若々しい生命力を感じさせますね。橘は古来長寿や繁栄を象徴すると言われる吉祥文様、晴れやかなお席やお祝いのパーティなどにも重宝頂けることと思います。この冬のお呼ばれにいかがでしょうか。ますいわ屋さんの扱いです。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2023】小川内龍夫作 久留米絣 着尺 反物

久留米絣の重要無形文化財技術保持者・小川内龍夫さんの作品です。こちらは深みのある濃藍の地に、小さな幾何絣を整然と並べた着尺の反物。経緯の絣を重ねることで、清々しい白と美しい中藍がすっきりと浮かび上がっています。文化財指定のお品ではございませんが一部の工程が異なるのみ、織り・染め共に確かな技術を持つ作り手さんの丁寧な仕事による、温かみのある藍絣です。しっかりとした木綿は、単衣にしても絹裏を付けて袷に仕立てても何かと重宝なものですね。着る方や年齢を選ばない一枚、長くご愛用頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2022】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 (落款入)

父・康助さんに続き江戸小紋の人間国宝として活躍なさった、小宮康孝さんの作品です。こちらは錐彫りの極小の珠と道具彫りの花弁を組み合わせ、茶の湯で用いられる上等な木炭である「菊炭」の断面を表現した一枚。品の良い女性らしさを感じさせる美しい紫の地に一面、菊花のような繊細な丸文が散りばめられています。精緻な型をきりりと染め上げた美しい景色は無地感覚ながら、三役とはやや趣きのことなる優しい風情が香るお品ですね。赤く燃える炭の色や香りが恋しい季節となってまいりました。季節の染め帯から格高の袋帯など、場面に合わせて様々な帯合わせをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る