銀座【着物1822】浦野理一作 経節紬 藍色 絵絣

深い藍色の地に、大ぶりの違い丁子がゆったりと織り出された経節紬の着物です。こちらは浦野理一さんの作品。日本各地に残る染織品やその技法に対する深い造詣を基に、ご自身の感性と妥協の無い手仕事によって創られた贅沢な着物や帯は、生産が終わって久しい今も多くの方に愛され続けていますね。こちらは弓浜など山陰の絵絣の素朴な美しさを、木綿ではなく手つむぎの真綿糸で再現したお品です。緯絣によって浮かびあがる大らかなモチーフは描線も色も柔らかく、野趣ある経節の布味と相俟って力強く温かな表情を見せてくれます。着込む程に身体に馴染み糸本来の光沢が生まれる浦野さんの経節紬ですが、こちらは程良く水をくぐっており、着心地良いしなやかさとなっております。どうぞ日常親しくお召し下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1821】人間国宝 中村勇二郎作 伊勢型小紋「古代菊」(落款入)

伊勢型紙道具彫の人間国宝・中村勇二郎さんの型を用いた小紋です。こちらは菊花をモチーフとした極めて繊細な型が竜胆色と薄柿色で染め上げられた代表作「古代菊」、近づいて目を凝らす程にその精緻なお仕事に驚かされますね。これまでも同じ型のお色違いをご紹介いたしておりますが、こちらはとりわけ女性らしい上品な華を感じさるお色目。明るく澄んだ彩りがこれからの季節にさぞかし綺麗に映ることと思います。無地感覚でお召し頂けますので、季節の染め帯から格高の袋帯まで様々な帯合わせをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1820】本場結城紬 枯野色 小花散らし (証紙付・しつけ付)

枯野色が近いでしょうか、僅かに茶みを含んだ淡いグレイ系の地に、細かな亀甲絣の地抜きで小花のかたちが散らされた本場結城紬です。程良い明るさのある肌なじみの良い淡彩は着る方や年齢を選ばず、また所々に澄んだ藍色の花も取り合わせたシンプルな五弁のかたちは桜・梅、いろいろな花を想像させ、合わせる帯や小物で季節を表現できそうですね。こちらは真綿から手つむぎした糸を用いた地機織りのお品、着るほどに、水をくぐるほどに身体になじみ、本物の結城紬ならではの極上の風合いをお楽しみ頂けることと思います。総柄の良いお品は年々少なくなってきております。この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1819】東郷織物製 薩摩絣 濃藍色 竹に梅 (反端付)

木綿織物の最高峰として名高い東郷織物さんの薩摩絣です。こちらは深い藍の地に亀甲絣や蚊絣を駆使して竹に梅を表現したお品、薩摩絣独特のマットな地風に大胆な古典意匠が静かに溶け込む、風格ある一枚です。極細い番手のエジプト木綿糸を用いて手機で丹念に織り上げられる薩摩絣は、木綿のダイヤモンドとも称される布。滑 りが悪く湿度で狂いの出やすい木綿糸の難しさを、永江明夫さんが大変なご苦労の末に乗り越え、つくりあげた織物で、木綿の認識を覆すような滑らかな風合いと洗練された表情を備えています。親しみ深い木綿のぬくもりを残しながらも、贅沢に手を掛けられた織物ならではの気品を備えたお品、この機会にぜひお手にとってご覧下 さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1818】本場白大島紬 幾何文 (証紙付)

春の陽射しに映える爽やかな白大島紬です。こちらは細かな経緯絣でシャープな幾何文を配したお品、藍濃淡や柔らかな緑・黄色など明るい彩りを効かせて、バックギャモンのボードを思わせるモダンな意匠をほんのりと浮き上がらせています。小さな点状の絣が創る優しい色のグラデーションが、白の清々しさを一層際立たせる一枚、大島ならではの薄手で滑らかな手触りや軽い着心地も、これからの季節にはとりわけうれしいものですね。ぜひこの機会にお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1817】福村廣利 絵絞庵製 絞り 付下げ (落款入)

辻が花の技法を今に蘇らせたことで知られる小倉建亮さんに師事、その確かな技術を基に辻が花を「絵絞り」として捉え独創的な意匠も取り入れながら現代の辻が花を追究なさる、日本工芸会正会員・福村廣利さんの工房・絵絞庵製の着物です。こちらは梅鼠色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた淡いピンクの時に水玉や小さな蝶が絞りで表現されたお品。寸法から考えますと十代前半のお嬢様のために誂えたものと思われますが、一般的な十三参りなどの着物とは全く異なる趣向ですね。色柄をぐっと抑えながらも、ほのぼのとした可愛らしさが香る確かな存在感は、作家工房作品ならではのものです。少女期の楚々とした美しさを際立たせるためにと心配られたであろう優しい景色が、作り手の温かな眼差しを伝えてくれますね。内揚げ等は充分に入っておりますので、帯を替え寸法を直しながら長くお召し頂けます。お正月、お祝いの席、お茶の会などぜひ折々に袖を通してくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1816】ロートン織 藍熨斗目 訪問着 (しつけ付)  

輝くような本藍の色が熨斗目のかたちに配された、精緻なロートン織りの訪問着です。どなたの作かを証するものはございませんが、手に取ればあの方かしら、と思い浮かぶ方はお一人かお二人。圧倒的な糸質の良さ、天然灰汁醗酵建てに相違ない発色の美しさ、そして織りの確かさが作り手の技量を雄弁に物語ってくれます。肩に掛ければ戸惑うほどの軽さとしなやかさ、光の下で冴え渡る朗らかな藍の色、また極細の上質な糸と確かな技術が生み出す端正な織り味が、手に取り眺めるほどに私たちを魅了します。紛れもなく現代の染織界を代表する方の手になる洗練を極めた逸品、どうぞこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1815】吉岡常雄作 紬地縞小紋 (落款入)  

江戸時代から続く「染司よしおか」の先代である吉岡常雄さんの作、練色が近いでしょうか、僅かに黄みを含んだオフホワイトのしなやかな紬地に、優しい赤みの細い筋がすっと走る縞の小紋です。上代染織や天然染料研究で良く知られたこの方の作品は貝紫染めを筆頭に夾纈の復元など様々ですが、草木からの穏やかな色を用いた縞小紋は、彩りの美しさ、手描きによる掠れたような不規則な縞の表情がとりわけ趣深いものですね。これまでも何点かご紹介いたしておりますが、今回のお品は鴇浅葱や蘇芳など穏やかなピンク系のお色が上品な甘さを見せる、女性らしい一枚。きりりとした江戸の縞とはまた異なる、おっとりとしてたおやかな京の縞を、どうぞお楽しみくださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1813】牛首紬地 スワトウ刺繍 訪問着 (証紙付・高島屋扱い・しつけ付)

薄柿色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた淡いピンクの牛首紬地に繊細な刺繍で御所解文が表現された訪問着です。一つ一つの意匠は全て精緻な刺繍で縁取られており、また無地場には一面ドロンワークが施されたお品。熟練の技術と気が遠くなるような時間が費やされたスワトウ刺繍の逸品です。更に下地は糸質の良さで定評のある牛首紬、軽くしなやかな風合いが快適な着心地を約束してくれますね。贅沢な着物ですが、同色の刺繍ですので華美な印象はございません。合わせる帯の選択肢も幅広く、お出かけからパーティなど様々な場面でお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1812】浦野理一作 縮緬地 着物

日本各地に残る染織品やその技法に対する深い理解を基に、ご自身の感性と妥協のない手仕事によって、その一つ一つを贅沢なかたちで再現なさった浦野理一さん。この方の着物や帯は生産が終わって久しい今も、色褪せぬ魅力で多くの方から愛され続けていますね。今回のご紹介はしぼの深いどっしりとした縮緬地の着物。浅黄色に近い明るいベージュを背景に高麗納戸系の青味を帯びた深い緑で枝垂れ桜が染め上げられています。桜という花の華やぎを選び抜いた色で静かに落ち着かせ、素朴ともいえるかたちで表現なさった一枚。淑やかで凜とした美しさが、浦野さんの心に映る春景色を私たちに伝えているように思います。この時期にこそ袖を通して頂きたいお品です。ぜひお早めにご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る