あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

先月には庭にホトトギスの花が咲いていましたが、数日前その後ろに千両が赤い実をつけているのを発見しました。寒い日もあれば強い日差しが戻って来る日もあり、不安定な気候が続いていましたが、小さな植物の姿に、季節はまさに年末年始へと移りゆく時なのだと、しみじみと感じました。

銀座きもの青木では、お正月に向けて華やいだ雰囲気のお品が次々と入荷しております。 少しご紹介させていただきますね。

こちらは若草色に梅の柄の付下げに、貝桶文様の袋帯を合わせてみました。 八掛のピンクがなんとも可愛らしく、新春を感じさせてくれるひと揃えです。
着物:B-2774 帯:FR11-L-5396 帯締め:P4-41(店頭限定商品)

ベージュ地、鈴の模様の訪問着に、 アラベスク模様の総刺繍の袋帯を合わせてみました。 正統派古典柄の帯を合わせても素敵ですが、 エキゾティックで迫力のある意匠を組み合わせることで より華やさが感じられますね。
着物:FR11-B-2789 帯:FR11-L-5387 帯締め:G-1771

また、こちらでは深い紫地に松の景色の訪問着に おおぶりの貝合わせの帯を合わせてみました。 柄の大きさの対比が良く効いています。 あえて渋い帯締めで、シックな大人の装いに。
着物:B-2681 帯:FR11-L-5390 帯締め:P5-76(店頭限定商品)

こちらは新春の空を思わせる清々しいブルーグレー地に 松などを配したお正月らしい訪問着です。 おめでたい七宝柄の袋帯を締めてキリリと!
着物:B-2763 帯:L-5330 帯締め:G-1769

宝尽くしの袋帯。 黒地で細かめのお柄ですので、どのようなお色目にも馴染んでくれますね。 色無地などはもちろん、例えば訪問着でも様々なモチーフをさらりと受けとめてくれる、 ありがたい袋帯です。 (よろしければ、お客様のお持ちのお着物を思い浮かべてくださいませ。)
帯:L-5334

※参考商品は一点ものが多いため、既に販売済みとなってしまう場合もございます。その旨ご了承くださいませ。

お店にはこの他にも、お正月を意識したお品を豊富にご用意しております。 ぜひあれこれとご覧になって、楽しく思いを巡らせていただけましたらと存じます。

銀座店スタッフ とみた

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけます。

衣桁にディスプレイされている着物は、
人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 鮫に業平菱 でございます。
続いて左奥から、
西陣 山口美術織物製 袋帯「禁裏桜橘文」
銀座志ま亀製 塩瀬地染名古屋帯 葡萄色 扇文
国画会 柚木沙弥郎作 紬地染名古屋帯
草紫堂製 南部絞茜染 着物
でございます。

縮緬地染名古屋帯 紫黒色 市松取 花木の図

総刺繍訪問着 黒色 疋田に宝尽くし

人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 牡丹花

五代 田畑喜八作 道行コート

西陣 川島織物製 本袋帯

国画会 柚木沙弥郎作 紬地染名古屋帯

南風原花織 名古屋帯

今回は 着物4点、帯9点、はおりもの2点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

今月から銀座店では新しいスタッフが仲間入りいたしました。新人さんが入ると、また気持ちもリフレッシュして身が引き締まりますね。まだまだ不慣れなことも多いと思いますが、スタッフ全員で補い合いながらお客様のお買い物をサポートさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今週に入って空もようも不安定になり、だんだんと冬の寒気が迫ってきました。皆さまどうぞ体調を崩されませぬよう、十分にお気を付けくださいませ。店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

定休日変更のお知らせ

きもの青木銀座店は、2020年10月より、新型コロナウィルス禍が落ち着くまでのしばらくの間、定休日を月・火曜日と変更しております。当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

銀座店

芸術の秋!ハレの日の装い

ウィズコロナ、Go to トラベルと、少しずつ日常に近い日々をすごせるようになってきたかと思った矢先、また感染者が増えてきている様子。相変わらず油断ならない状況が続く中ではありますが、ふと見上げれば、空は高く、木々はすっかり紅葉の美しい季節になりました。

日本の秋の風景は、紅葉の黄色から赤へのグラデーションの色合いに常緑の緑が映えて、まさに自然が織りなす芸術作品。本当にため息が出る美しさですね。

気分も上がる秋晴れの中、当銀座店スタッフのご主人が制作、演出を手がける文化庁推薦の芸術作品の舞台を鑑賞する機会があり、能楽堂に出かけてまいりました。徹底したコロナ対策で上演された舞台は、古事記を題材にした奉納舞台で、一粒萬倍 天の岩戸開きという、八百萬の神様方への五穀豊穣の感謝と社会が平穏に落ち着きますよう祈念する内容。見ごたえのあるとても素晴らしい芸術作品でした。

観世能楽堂という場所にふさわしい、紋付き羽織袴姿のご主人とハレの日の訪問着姿のスタッフMさんがお出迎えしてくれました。

本当に素敵な着こなしで、見るものの心まで華やぎます。 慣れない自粛ムードで過ごしてきた今年ですが、やっぱり日本文化にふれると気分もあがります。お着物ってほんとに素敵!私もハレの日のお着物を着たくなってしまいました。

お店では先日、春から延期していた結婚式の予定が決まった方や、近々、姪御さんの結婚式にご出席なさるお客様もおいでになりました。新しい日常となって形式は変わっても、伝統ある華燭の典には、やはり格調高く晴れやかな装いで祝福の時をお楽しみ頂きたいと思います。

ハレの日にふさわしい訪問着のご提案です。

 

銀座店では、年末年始を華やかにお祝いする古典文様をはじめ、カジュアルにお過ごし頂く小紋、暖かな紬等充実したお品揃えで皆さまのご来店をお待ち申し上げております。 銀座にお買い物などお出かけの節は、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

銀座店スタッフ H

 

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (11/20)

澄んだ青空に木々の彩りが映える美しい季節です。コロナの心配さえ無ければ…と残念でなりませんが、今しばらくは個々が為すべき対策をしっかりと続けて行くのみですね。

 

【着物2989】銀座志ま亀製 小紋 秘色色 唐松・楓に椿や水仙の丸文

【帯3641】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「ギリシャ唐草」

 

【帯3644】浦野理一作 経節紬 濃藍色 縞 名古屋帯

 

【着物2987】染めの北川製 道行コート

【着物2986】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋

 

次回は来週更新予定です。

 

秋もそろそろ終わりに近づいて、羽織りものが無いと心許なくなってきましたね。羽織や道行、道中着などの準備はお済みでしょうか。今回のセレクションでもいくつかご紹介しておりますが、上質で合わせやすいお品ばかりですのでぜひご覧下さいませ。

私は和装洋装を問わずストールが大好きで、基本的に超大判のストールをコート代わりに使っていることが多いのですが、その理由はやはり、素材の触感を直に楽しめるアイテムだから、でしょうか。着物全般に通じることでもありますが、ファブリック好きにとっては「布」そのものがなによりの魅力ですね。手つむぎの真綿、カシミア、アルパカ、モヘア、ヤク etc. 様々な素材に顔や肩を埋めて、その個性を満喫できることがうれしくて、あれやこれやと集めているような気がします。東京辺りでしたら羽織や道行に上質なストールがあれば先ずは安心。もう充分のはずなのに、今季もまた欲しいものが出てきてしまいそうで心配です。

 

冬へと向かうにつれて増加する感染者数に、心落ち着かぬ毎日ですね。

皆さま、どうぞくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけます。

衣桁にディスプレイされている着物は、
銀座志ま亀製 小紋 秘色色 唐松・楓に椿や水仙の丸文 でございます。
続いて左奥から、
西陣 川島織物製 本袋帯
浦野理一作 経節紬 濃藍色 縞 名古屋帯
染名古屋帯 青丹色 献上花
荒木節子作 紬地染名古屋帯
人間国宝 小宮康孝作 菫色 江戸小紋
でございます。

訪問着 枯野色 四季折々の花の図

波多野諦観作 本綴 袋帯 滅紫色 金銀霞文

染一ッ紋 訪問着 赤朽葉色 菊花の図

浦野理一作 経節紬 着物 草色 無地

浦野理一作 経節紬 濃藍色 縞 名古屋帯

浦野理一作 経節紬 羽織 赤墨色 無地

道中着 ごく深い濃藍色 唐草文 モール刺繍

今回は 着物5点、帯7点、はおりもの3点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

11月も半ばを過ぎましたが、東京では陽の高い時間帯はまだまだ温かくて年末に向けたお掃除もはかどります。着物箪笥の中も畳み直しをしたり、引き出しの中で配置を交互にしたり、と年内に着用できない着物や帯も丁寧に整えておきたいですね。

空気も乾燥してきて感染症にはより一層の注意が必要な季節になりました。店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

定休日変更のお知らせ

きもの青木銀座店は、2020年10月より、新型コロナウィルス禍が落ち着くまでのしばらくの間、定休日を月・火曜日と変更させていただく事になりました。当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

立冬を過ぎ、街は年末に向かって慌ただしさを増す今日この頃。皆さまいかがお過ごしでしょうか。 今年は自粛、お籠りと不安な日々が続いておりますが、それでも工夫して生活を楽しもうとする方々の姿を見ると心が温かくなります。

そしてこんな時、日本人として頼りたいのが縁起物です。
商売繁盛、家内安全、無病息災、はたまた安寧長寿、子孫繁栄。
悪いものを避け、良い事があるようにと、古来から私たちはいろいろなものに願をかけ、祈り、祝い事をし、営みを繰り返して来ました。その節目節目で身近にある食物、植物、動物などを用い、運気の上がる物品を作って贈ったり飾ったりします。それが縁起物です。

年末から年始にかけては大晦日の年越し蕎麦、お正月のお飾りにおせち料理ほか、初詣のおみくじ、絵馬、破魔矢など、お馴染みのアイテムが登場しますね。破魔矢といえば厄除けですが、今年はアマビエが大活躍でした。お菓子や玩具などに姿形を変え、疫病の暗雲を吹き飛ばすべく奮闘されていますね。有り難いことです。

*招き猫:招いている手が右なら雄猫で金運、左手なら雌猫で人を呼び込む(千客万来)の意。

*でんでん太鼓の犬張り子:多産で安産な犬にあやかった古来からの出産祝い・成長祈願の定番アイテム。でんでん太鼓の表面には裏表がない事から、裏表のない子に、という願いが込められている。

*まめぐいさんの縁起物クッキー2021:東京駅地下の「まめぐい」さんで買えます。

こうした縁起物を図柄にしたのが吉祥文様です。 長寿の鶴亀や松竹梅、成長の竹や麻、富貴の七宝、発展の扇、健康の瓢箪などなど、着物の世界でもお馴染みですね。 年末年始をハレの気分で迎えるには、こうした文様を装いのポイントにしてはいかがでしょうか。

(左)宝尽くし:中国の「八宝」思想が日本に伝来、独自のデザインに発展。打ち出の小槌、丁字、隠れ蓑、分銅、巾着、宝巻、宝珠などが描かれている。

(中央)鱗:連続する三角形の模様を蛇や魚の鱗に見立てている。三角の文様は邪悪を払うという竜蛇信仰から。

(右)青海波:波の形を並べた文様。バリエーションに富む。無限に広がる波に、未来永劫と平和な暮らしへの願いが込められている。

(左)雪持ち南天:南天は「難を転ずる」にかけて、古来から厄除け、幸運を招く木として人気。お正月飾りや料理にも添えられる。雪持ちでぐっと季節感を演出。

(中央)鴛鴦:オシドリは仲がよく、常につがいでいる事から夫婦和合の象徴に。

(右)葡萄唐草:ペルシャなど西方より伝来。たくさんの種子を持つ事から豊穣の象徴とされる。実と唐草が組み合わせで描かれている場合は古典文様として通年着用できる。

 

銀座店では年末年始にふさわしいお着物、帯などを多数ご用意しております。
この冬も皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

銀座店スタッフ  松浦