あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

銀座店

江戸小紋の粋

お稽古や行事にはもちろん、
カジュアルに着てよし、
またちょっとしたお出かけにも、
と言えばやっぱり江戸小紋ですね。
秋冬への更衣を迎えるこの時期、着回しの良い一枚をお探しの方も多いのではないでしょうか。

武家社会と共に発展し、現代でもこよなく愛される江戸小紋、その背景を知るとますます興味が湧いてきます。
江戸小紋の基本情報はこちらのあおきのコラムでご確認いただけますので、是非ご一読くださいませ。
「今日は着物で。vol.1 江戸小紋を着る日」


初秋のお出かけに

着回しの良さでは群を抜く江戸小紋ですが、何と言ってもその魅力は精緻な柄と多様な文様にあります。
三役、五役をはじめとする大名定め柄は凛々しく、端正さが際立ちますが、町人・商人の文化が爛熟する江戸中期になると、より自由で洒落た柄が登場します。動物や植物、生活道具や玩具、文字や歌舞伎由来のモチーフ、はたまた厄除けや縁起担ぎの物品など。
これらは「いわれ柄」と称され、江戸庶民の遊び心を反映した洒脱で粋な装いを盛り立てました。

このように柄や文様の楽しい江戸小紋ですが、その製作過程は驚くべき緻密さと労力を要します。

長板に約13メートルの白生地を張り、約30センチの型紙を送りながら防染糊を置いて行きます。
次に染料の入った色糊を塗って地色を染めますが、型紙をずらして行く際、そのつなぎ目をいかにムラなく繋げていくかが重要で、まさに染め師の腕の見せ所となります。そして、魅力の原点である精緻な型紙は、和紙を柿渋で貼り合わせた型地紙に彫り師が彫刻刀で彫り抜いて行きます。
この気が遠くなるような細かい作業はまさに熟練の技と精神力の賜物。江戸小紋は、こうした彫り師と染め師の技の集大成でもあるのです。

こちらは伊勢型紙彫刻師の人間国宝、中村勇二郎さんの型紙を用いた小紋で、平等院の梵鐘の装飾をうつしたもの。 唐草文に囲まれた飛天、獅子などが浮かび上がって見える精緻な彫りで、深緑と茶の渋い色調も見事です。 まさに熟練の技が凝縮された逸品と言えましょう。

銀座【FR082-C-1959】中村勇二郎 伊勢型小紋 梅幸茶色「国宝平等院 幸せの鐘がなる」

掘り下げればさらに深い江戸小紋の世界。
皆さまも是非お気に入りの一枚を見つけてくださいませ。

この秋も銀座で皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

銀座店スタッフ  松浦

きもの青木銀座本店 定休日変更のお知らせ きもの青木銀座本店は、2020年10月1日より、新型コロナウィルスが落ち着くまでのしばらくの間、下記のとおり定休日を変更させていただくことになりました。
2020年9月30日まで
定休日:毎週月曜日

2020年10月1日より
定休日:毎週月曜・火曜
きもの青木銀座本店の営業時間は
営業時間:11:00~19:00
日曜のみ:11:00〜17:00
定休日:月曜・火曜  
となります。
当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

銀座店では販売スタッフ欠員に伴い、新しく一緒に働いてくださる人員を募集しております。詳細はコチラの求人ページをご覧ください。

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (9/18)

 

お彼岸を前にまた一段と秋めいてきましたね。夜はエアコンを切っても安眠できるようになりました。

短くてひたすら暑い夏でしたが、あっさり終わってしまうと寂しいものです。

 

【着物2933】縮緬地訪問着 薄卵色 波に桐花や楓など/【帯3564】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「桧垣文」

 

【着物2929】銀座志ま亀製 小紋 榛色 小筥に葡萄文

 

【着物2931】本場結城紬 黒色 雪輪文/【帯3568】藤山千春作 草木染 吉野間道 名古屋帯

 

次回は来週更新予定です。

東京でも GO TO トラベルキャンペーンが始まるようです。コロナの状況もまだ不安が続く中ではありますが、個々ができる予防を徹底しながら、少しずつ前へ進んで行けると良いですね。この3月以降は、親族のお見舞いに行きたくても、お盆に帰省したくても、東京から地方に向かう場合には延期せざるをえず、スタッフの間でもことあるごとに歯がゆい思いを話していました。新宿でも渋谷でも銀座でも、都心ではかなり人出は戻ってきているようですが、私の周囲ではまだまだ以前とは生活が異なっていますし、外出時も緊張してしまいます。年代による差異もあるのかもしれませんが、緊張と緩和の境目が曖昧な感もあり、安心という言葉とは依然遠いところにあるように思います。でも兎にも角にも変化が見られるのは確か。劇場や美術館も再開して着物で出かける機会も増えてきたのはとてもうれしいことですね。それぞれが自覚ある行動を守りつつ、もっと自由に心置きなく人と会える日々が戻ってくることを願うばかりです。

少し涼しくなりますと、夏の疲れが出てくるように思います。
皆さま、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけます。

衣桁にディスプレイされている着物は、縮緬地訪問着 薄卵色 青海波に桐花文 でございます。
続いて左から、
西陣 河合美術織物製 袋帯
人間国宝 羽田登喜男作 縮緬地染名古屋帯 湊鼠色 花に鴛鴦の図
藤山千春作 草木染 吉野間道 名古屋帯
たつむら製 織名古屋帯 黒色「彫金唐花文」
でございます。

佐波理綴 袋帯 銘「有栖川柳橋文」

琉球花織 名古屋帯

本場結城紬 黒色 雪輪文

訪問着 濃紫色 流水に花々の図

人間国宝 喜多川俵二作 袋帯

南風原花織 着物

曽根武勇作 西陣織 訪問着

今回は 着物7点、帯8点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

厳しい暑さが続いていましたが、朝夕はだいぶ涼しくなり秋の気配が感じられるようになってきました。着物をお召になる方にとって、嬉しい季節が近づいてまいりましたね。
只今きもの青木では、秋の着物シーンにぴったりな、風情香る色柄の品々を取り揃えた「オータムフェア2020」、秋のお茶会シーズンに合わせて、 お茶事やお稽古の装いにおすすめの着物と帯、装いを引き立てる着物まわりの小物、フォーマルなバッグなどを集めた「お茶席フェア2020」を開催しております。
お月見やお茶会、芸術鑑賞や観劇など、お出かけの機会が増える秋に向けて、どうぞゆっくりご覧頂き、お気に入りを見つけてくださいませ。

きもの青木銀座本店 定休日変更のお知らせ きもの青木銀座本店は、2020年10月1日より、新型コロナウィルスが落ち着くまでのしばらくの間、下記のとおり定休日を変更させていただくことになりました。
2020年9月30日まで
定休日:毎週月曜日

2020年10月1日より
定休日:毎週月曜・火曜
きもの青木銀座本店の営業時間は
営業時間:11:00~19:00
日曜のみ:11:00〜17:00
定休日:月曜・火曜  
となります。
当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

銀座店では販売スタッフ欠員に伴い、新しく一緒に働いてくださる人員を募集しております。詳細はコチラの求人ページをご覧ください。
店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

平素 きもの青木 のオンラインショップをご利用いただきましてありがとうございます。
この度新たな検索機能として、着物や帯を「色から検索する」ことが可能になりました。商品をお探しの際はもちろん、コーディネートの参考などにもどうぞご活用くださいませ。

「色から選ぶ」のページはコチラからどうぞ。

銀座店

木綿着物の楽しみ

熱風の中にも秋の気配を感じ、暑さに負けて着続けておりました夏物から、そろそろ単衣に切り替えようかしら、とようやく体が頭に追いついてまいりました。

お店のお花にも栗の枝が入り、秋の気分を盛り上げてくれます。

ですがやはり外は蒸し暑い!カラリとした秋の日にはまだほど遠いようです。
急な雨も心配です... さて何を着ようかな?とつらつら考えまして、木綿の着物に思い至りました。

一面に織りだされました絵絣には、縞や格子などの帯で合わせていただきますと、すっきりとお召しいただけそうです。

シンプルな細縞にはいろいろな帯を合わせて楽しんでいただけます。
紬地に辻が花が染められた優しい雰囲気の帯との組み合わせは、お友達やご家族とのランチなどにもピッタリです。

今年はお集まりなどが少ないせいでしょうか、気軽なお出かけに...と、ざっくりとした風合いのお品に注目が集まっております。
木綿着物はなかなかご紹介できる数が少ないのですが、お目に留まったお品などございましたら、ぜひお手に取られてご覧くださいませ。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

銀座店スタッフ もり

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (9/11)


あっという間に九月も十日を過ぎて、相変わらずの暑さではありますが、すっかり日が落ちる時間が早くなりました。

続けざまに大きな台風が通っていきましたが、この後は静かに季節が移っていってくれると良いですね。


【着物2921】浦野理一作 経節紬 無地/【帯3559】浦野理一作 縮緬地 染名古屋帯 花に蝶

 

【着物2927】伊兵衛織 単衣着物

 

【着物2924】銀座志ま亀製 小紋 抹茶色 市松文/【帯3553】銀座志ま亀製 塩瀬地染名古屋帯

 

次回は来週更新予定です。


長期間学校にも行けず、外出も控えて鬱々とした日々が続いていた娘が、ちょっと空が広い場所に行きたい!と申しましてふと思い立ち、隅田川のサンセットクルーズというものに乗ってみました。横浜辺りの水上バスは以前利用したことがありましたが、こちらは初めて。ちょうど日暮れどきからの一時間半ほど、川から眺める東京を楽しんでまいりました。日本橋から様々な橋の下をくぐりながら隅田川を遡っていくコース。ガイドさんの丁寧な説明を聞きながら夕暮れと共に少しずつライトアップされていく景色を眺める…なかなかの非日常感があり、とてもわくわくいたしました。定員50人弱の船に乗客は10人程でソーシャルディスタンスも充分。屋根も窓もありませんので川面を渡る強めの風にずっと吹かれており、実に安心です。小ぶりの船だからこそ実感できる隅田川の広さ、空の大きさにすっかり心洗われて、この日は久々に安眠できました。


朝夕は大分しのぎやすくなってまいりましたが、

まだしばらくは酷暑が続きそうですね。
皆さま、どうぞくれぐれも体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。