あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

2020年10月

銀座店

炉開きの装い

日中、陽によって温められた空気が夕方になると急に冷え、生垣や街路樹の香ばしい香りがフッと漂います。
さらに気温が下がると、皮膚がピリッと冷気を感じて冬の訪れを思わせます。
そんな秋から冬への過渡期、楽しみなお茶の行事がやってきます。
炉開きです。

炉開きはよく「茶人のお正月」と表現される特別なお祝いで、亥の月の旧暦10月(=新暦11月)、最初の亥の日に行われます。炉といわれる茶用の囲炉裏を開いて火を起こし、その年に摘み取られた新茶で新たな年を迎えるという感謝と喜びの日なのです。
その際、新茶が詰まった茶壺の口を開ける事を「口切り」といい、正式な「口切りの茶事」が行われる事もあります。

*新茶の詰まった壷 先生のお教室にて


なぜ亥なのかといえば、陰陽五行説では亥は極陰とされる水性で、火に勝る性質。
現在のようにコンクリートも鉄筋もない昔は、火災は生活上最大の恐怖だった訳で、この亥にあやかって、江戸の頃には亥の月・亥の刻に囲炉裏や炬燵を開いて火を入れるという習慣ができたそうです。
そして炉開きではよく「亥の子餅」がお菓子として出されますが、こちらも亥にあやかる事しかり。
イノシシは多産のため子孫繁栄の象徴でもあり、大豆、小豆、胡麻、栗、柿などを練り込んだ餅を頂き、長寿と健康を祈ったということです。

流派によってはおぜんざいをお菓子に頂く事も多いです。
これは亥の月日が陰であるのに対し、小豆が陽であるので、陰陽の和合を図っているという説があります。他にも、一休和尚がぜんざいを一口食べたとき「よきかな(善哉!)」と絶賛され、とても良い=おめでたいという事で炉開きにも用いられるようになったという説、また神無月(出雲では神有月)に出雲に集まった神々に振る舞われる「神在餅(じんざいもち)」が訛って伝わったという説もあります。

*先生お手作りのぜんざいのお膳

お箸は手前が黒文字、向こうが赤杉という組み合わせになっています。
黒文字が添えられるのは主菓子という証ですが、黒文字一本では食べにくいので、こうして杉箸を添えて、箸としての補助の役目を果たしているという訳です。

そこで最も気になるのが装いですよね。
正式なお茶事なら紋付きの色無地や訪問着に格高の袋帯、となるところですが、炉開きの多くはお稽古を兼ねた社中の行事となりますので、フォーマル度はそれほど高くなく、それでいてキチンと感のあるコーデがふさわしい気がします。
例えば江戸小紋に有職文様の名古屋帯、または飛び柄小紋に季節柄の名古屋帯。もちろん色無地に軽めの袋帯。いろいろとアイディアが浮かびますね。
以下にご提案コーデをご紹介してみます。

基本はまず先生におうかがいする事が一番だと思いますので、そちらを踏まえて、 炉開きにふさわしい装いを見つけてくださいませ。

*菱形松葉文の小紋に七宝繋ぎの染名古屋帯

*兎文の小紋と市松に花の図の染名古屋帯

*手毬の図の小紋に青海波文の染名古屋帯

*小花の七宝繋ぎの小紋に花唐草文の染名古屋帯

*高麗納戸色の色無地に秋草の図の織名古屋帯

今年は世界的に生活環境が一変する思いがけない年となりましたが、それでもこうして新茶を頂ける節目を迎えられる事に感謝致したいと思います。

皆さまも来るべき節目のシーズンに向けて、お着物や帯を見つけにいらして下さいませ。
銀座店スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

銀座店スタッフ 松浦

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (10/16)

十月も半ばを過ぎて、ひと雨ごとに季節が進んでいくように感じますね。

銀座きもの青木 周年祭の第三週目、今回も人間国宝や国画会の作家作品、各産地の名品を中心に魅力豊かな着物や帯をご紹介いたします。

 

【着物2954】本場結城紬 利休白茶色 無地 /【帯3603】小島悳次郎作 縮緬地染名古屋帯

 

【着物2956】浦野理一作 経節紬 絵絣 灰青色 幾何文 /【帯3599】本場黄八丈 八寸名古屋帯

 

【着物2958】国画会 山下健作 ロートン織 訪問着 /【帯3595】西陣 ひなや製 唐組袋帯

 

次回は来週更新予定です。

先週末は娘に頼まれて久々のお裁縫。半日もあれば完成するような簡単なものでしたが、大事な布や材料を使うので極力丁寧にねと念を押されたこともあり、作業毎にきちんとしつけをしてミシンもいつもより速度を落として、いちおう私としましては最大限慎重に。取り敢えずは仕上がりにも満足してもらえたようで一安心です。<br />
子供たちが幼い頃は型紙も小さいので場所を取らず、気に入った生地でシンプルなお洋服や小物をちょこちょこと作ったりしていたのですが、いつの間にかそんな時間も無くなってしまいました。昔のことですから本人も忘れているかと思いきや、意外と覚えているものですね。今回私がちまちまと針仕事をしている隣で、あれこれ一つ一つに今更ながらの感想を話し始める娘に、当時をちょっぴり懐かしく振りかえるひとときでした。


気温の上下が激しい季節の変わり目ですね。体調を崩されませんよう
皆さま、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけます。
今週は「銀座きもの青木 周年祭セレクション」から第三週目のご紹介です。人間国宝作品や国画会の作家作品などから、ご紹介の機会も限られる選りすぐりの品々をご覧くださいませ。

衣桁にディスプレイされている着物は、国画会 山下健作 ロートン織 訪問着でございます。
続いて左から、
人間国宝 北村武資作 袋帯 (桐箱入)
縮緬地染名古屋帯 黒色 松の図
国画会 小島悳次郎作 縮緬地染名古屋帯
龍村平蔵製 本袋帯 銘「大祝矢」
でございます。

訪問着 黒色 桐竹や梅橘に割付文

浦野理一作 経節紬 絵絣 灰青色 幾何文

本西陣 ひなや製 唐組袋帯

龍村平蔵製 丸帯 銘「御物法隆寺錦」

本場結城紬 利休白茶色 無地

伊那紬 榛色×桔梗鼠色 小格子 着物

西陣 川島織物製 本袋帯

今回は 着物5点、帯10点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

東京でもGoToキャンペーンが盛んになっているようですね。ホテルでは普段なかなか宿泊できないようなスイートルームなどもかなりお安く宿泊できるそうで、友人夫妻から、久しぶりに優雅な時間を過ごしてきた、との報告を受けました。今まで着る機会のなかった西陣織の着物を着用していったそうなのですが、ホテルのコンシェルジュの方から「華を添えていただきありがとうございます」ととても感謝をされたそうです。
依然としてパーティや大勢での会食の機会を設けづらい状況ですが、お気に入りの着物を着て高級宿で優雅な時間を過ごす、というのも素敵ですね。
箪笥に眠っている着物や帯もコーディネート次第で着用機会も増やすことができます。コーディネートのご相談がありましたら、どうぞお着物をお持ちになってご来店くださいませ。ご来店予約も承っております。スタッフ一同お待ちいたしております。

スタッフⓈ

定休日変更のお知らせ

きもの青木銀座店は、2020年10月より、新型コロナウィルス禍が落ち着くまでのしばらくの間、定休日を月・火曜日と変更させていただく事になりました。当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

やっと涼しく心地よい季節到来と思いきや、あっという間に肌寒くなってまいりました。
ご来店下さるお客さまも、お天気に合わせ、お単衣の紬や袷の小紋など楽しんでお召しになっていらっしゃいます。

お客さまとお話させていただいておりますと、最近はお稽古やお食事会、お式などのお集まりや、お友達とのお出かけなど、着物をお召しになる機会が少しずつ戻ってきているように感じます。

10月末のハロウィンに合わせ、気軽なコーディネートでお出かけなどはいかがでしょうか?

黒の御召に金茶色の縮緬の染名古屋帯、ハロウィン定番のお色で合わせてみました。
普段使いで楽しんでいただける組み合わせですね。

同じお着物ですが、唐花の染名古屋帯と合わせてみました。
華やいだ雰囲気で楽しんでいただけそうです。

黒の縮緬地、秋草のお柄の訪問着に御寮織の袋帯で、お食事会などに...

帯を個性的に組み合わせてみました。
驚いたことに、全然違うお着物のように見えますね!

南風原の花織のお着物に、浦野さんの染名古屋帯の組み合わせです。
個性的なお色とお柄、どっしりとした縮緬地で存在感もございますが、花織も引き立ててくれる素敵な帯です。

さてどんな小物を合わせましょうか?
お話しさせていただいておりましても、やはり皆さまイメージされるお色やお柄は異なります。
素晴らしいのは、ちゃんとお似合いになるお品を選ばれていらっしゃること...。私達スタッフも嬉しくなってしまいます。

ただいま銀座店では、小物類の入荷も増えてきております。
お近くへお越しの際には、ぜひお気軽にお立ち寄り下さいませ。スタッフ一同お待ちいたしております。

銀座店スタッフ もり

定休日変更のお知らせ

きもの青木銀座店は、2020年10月1日より、新型コロナウィルス禍が落ち着くまでのしばらくの間、定休日を月・火曜日と変更させていただく事になりました。当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (10/9)

あちこちから漂ってくる金木犀の香りに、深まる秋を感じますね。

さて銀座きもの青木 周年祭の第二週目、今回も国画会で活躍なさる作家さんの型絵染や沖縄染織の逸品など、魅力的な品々をご紹介いたします。

 

【着物2947】浦野理一作 経節紬 淡黄色 無地 /【帯3590】岡本紘子作 型絵染 紬地名古屋帯

 

【着物2950】新垣みどり作 首里織 着物 (反端証紙付)  /【帯3593】荒川真理子作 型絵染 紬地名古屋帯

 

【着物2953】人間国宝 玉那覇有公作 本紅型 小紋 /【帯3587】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 深紫色 無地

次回は来週更新予定です。

 

東京で暮らしていると普段は意識することはありませんが、時折都心でも実は様々な野生動物がひっそりと生きていることに気付かされます。ハクビシンの件もそうでしたが、先日はコウモリが網戸にくっついていたとのこと。我が家には猫がおりますのでその辺りのことは見逃しません。上へ下への大騒ぎですぐに家人が気付きました。なぜそんな危険なところにやってきたのか、まだ子どもだったのか…しばらく羽を休めて、またどこかへ飛んで行ったようですが、すかさず撮った画像で普段近くで見ることのないコウモリをちょっぴり観察することができたのはなかなか興味深かったです。公園など少し開けた場所では、夕方になると結構飛び交っているようですが、遠くから眺める姿とは全く違っていて、小さくて弱々しくて、鼠のようですが羽は妙に爬虫類のような堅さがありまして。大昔の子どもの頃に見たはずでしたが、改めて不思議な生き物だなあ、としみじみ思った次第です。

週末はまた台風が近づいてきているようですね。少しでも進路が海側に逸れてくれますように…
皆さま、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけます。
今週は「銀座きもの青木 周年祭セレクション」から第二週目のご紹介です。人間国宝作品や日本工芸会正会員の作家作品などから、ご紹介の機会も限られる選りすぐりの品々をご覧くださいませ。

衣桁にディスプレイされている着物は、新垣みどり作 首里織 着物でございます。
続いて左から、
人間国宝 玉那覇有公作 本紅型 小紋
人間国宝 北村武資作 経錦 袋帯 銘「六稜華文」
荒川真理子作 型絵染 紬地名古屋帯「はっぱ」
国画会 岡本紘子作 型絵染 紬地名古屋帯
龍村平蔵製 本袋帯 銘「いかるが錦」
でございます。

吉田美保子作 紬織 着物 銘「みかんの純心」

浦野理一作 経節紬 淡黄色 無地

本場結城紬 生成色 刷毛目

国画会 小島悳次郎作 付下小紋

縮緬地染名古屋帯 天鵞絨色 狩猟文

日本工芸会正会員 藍田正雄作 着物コート

西陣 帯屋捨松製 織名古屋帯

今回は 着物7点、帯8点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

澄んだ空気が心地よく、空を見上げる毎朝が楽しみな季節となりました。着物を着てお出かけする気分も増々高まりますね。
さて、この度銀座店では、ご来店予約を承る準備を整えましたのでご案内申し上げます。事前に店頭でご覧になりたい商品がお決まりの方や、コーディネート等いろいろとご相談をご希望の方など、事前にご来店日時をご予約いただける事で、よりスムーズなご案内をご提供できる事と思います。もちろん、ご予約なくお気軽にご来店いただく事も従来通りに可能です。ご都合に合わせてご来店スタイルをお選びくださいませ。
ご予約はコチラのページから「銀座店ご来店予約申し込み」を選んでお申込みくださいませ。

定休日変更のお知らせ

きもの青木銀座店は、2020年10月1日より、新型コロナウィルス禍が落ち着くまでのしばらくの間、定休日を月・火曜日と変更させていただく事になりました。当面は、何かとご不便をおかけするとは存じますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。