あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

銀座店

銀座店

先の季節に思いを馳せて

暑中お見舞い申し上げます。
今年は梅雨が長引いているようで、入道雲が浮かんだ目の醒めるような夏の青空にはまだお目にかかれていないように思います。近年の猛暑ぶりには参ってしまいますが、かといって長雨も困ったものですね。
この夏は大きなイベントこそ少ないですが、セミの鳴き声を耳にしたり軒先のグリーンカーテンを見かけると、ああ夏が来たんだな、と感じます。

とはいえ夏きものを楽しめるのも残りわずか。
今日は夏きものに描かれる文様に注目してみたいと思います。

今週の銀座店のお花。早くも秋仕様です

着物の世界では"先取り"が基本とされており、描かれる草花などは実際の盛りの季節より少し早く纏うのが粋とされています。ですので、夏の着物には秋草や秋の虫、風景が描かれたものが多くあるのです。

秋の七草として知られるこの草花は夏着物に描かれる定番の文様のひとつです。
秋に思いを馳せながら、夏物を纏う...着物ならではの楽しみですね。

今年の立秋は8月7日。立秋とは夏が極まり秋の気配が立ち始める日のことで、この日から立冬の前日までが暦のうえでは『秋』とされています(ちなみに立秋以降は『暑中見舞い』ではなく『残暑見舞い』となるそうです)。
やっと梅雨が明けると思ったらもう立秋...気候が昔と随分変わった昨今では暦通りに季節を感じにくくなっていますが、着物に描かれる文様は鈍っていた季節感を思い出させてくれそうですね。

青木では、8月3日より店頭に先駆けまして、オンラインショップにて『オータムフェア』と称しまして、秋におすすめの着物や帯をご紹介いたします。
夏の秋文様とはひと味違った、こっくりと色づいた秋色を是非ご覧くださいませ。
皆様のご利用をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

銀座店スタッフ かつた

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日より店頭にてご覧いただけます。 店頭でご覧いただける準備が整い次第、ツイッターにてお知らせいたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、単衣 訪問着 藍墨茶色 草花文 でございます。
続いて左から、
西陣 渡文製 洒落袋帯「波衣」
銀座志ま亀製 縮緬地染名古屋帯 葡萄茶色 花兎文
南風原花織 名古屋帯
西陣 川島織物製 絽袋帯
でございます。

単衣 小紋 縮緬地 卵色 笹の図

五代 田畑喜八作 単衣 小紋 紫鼠色 波と桐花の図

総刺繍 袋帯 利休色 春秋花々の図

久呂田明功作 江戸友禅 染一ッ紋 色留袖 褐返色 辻が花文

本場結城縮 単衣 黒色 流水に魚の図

伊兵衛織 単衣 着物

よろけ織 洒落袋帯

今回は 着物7点、帯8点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

先日所用で出かけた折に、浴衣姿の知人と遭遇いたしました。どんよりとした梅雨空の下にしっとりとした柄の浴衣は意外にも良く映え、見ているこちらもウキウキとした気持ちをもらいました。今年の夏は昨年出番の少なかったしじらをたくさん着たいな~などアレコレ考えていたにも関わらず、悪天候と外出自粛に躊躇して袖を通す機会を逸したまま気付けばもう8月。梅雨明けはまだ少し先になりそうですが、自宅でお手入れできるものを少しずつ着用しながら夏を待ちたいと思います。

銀座店では販売スタッフ欠員に伴い、新しく一緒に働いてくださる人員を募集しております。詳細はコチラの求人ページをご覧ください。

きもの青木では、ひき続き感染予防対策に務め営業しております。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

7月1日より、銀座店の営業時間が下記のとおりに変更になりました。
火〜土曜日 11:00〜19:00
日曜日   11:00〜17:00
定休日   月曜日

銀座店

なんと奥深い日本の色

帯締めの色、悩みますよね。 それもそうなんです。例えばですが、当店で扱っております定番の冠組だけでもなんと80色あるのです。

帯締めのみならず、和装には微妙な風合いと優美な呼称が付いた様々な色が使われます。
日本人の感覚ってさすがだな〜と思いながら、一体どのくらいの数があるのか、我が国の伝統色、和色についてざっくり調べてみました。

定義的には「日本の伝統色は、日本文化特有の色彩感覚に基づいた色、また過去の歴史資料において出典がある日本固有の伝統的な色名称を含む1100余の色を指す」(ウィキペディアより)とのこと。

なんとその数、1100です!
現在は明治以降に海外から入ってきた化学染料も含め、「色」を工業的に扱うため統一化された基準=カラーコードで統率された色見本や検索エンジンが多く存在しますので、扱われる和色の数はまちまちですが、それでも400〜500はくだりません。当店でも基準にしております和色大辞典には465色が表示されております。
ご参考までに <和色大辞典>こちらから http://www.colordic.org/w

そして和の色は、豊かな風土から生まれた樹木や木花など自然そのものの姿と言えましょう。日本の染織技術は奈良時代にはほぼ完成されていたとも言われ、その足跡が平安時代に編纂された『延喜式』の記述からも垣間見られます。

『延喜式』は律令法の思考細目を集成したもので、当時の衣服裁縫を司る役所に関する記載のうち、「雑染用度」の項に30数種の色名と、それを染め出す原材料と分量、処方が記されています。その中には天皇の許しがなければ身につけられない禁色(きんじき)である深紫(こきむらさき)、深緋(こきひ)、深蘇芳(ふかすおう)、また絶対禁色と呼ばれた黄櫨染(こうろぜん)や黄丹(おうに)などが挙げられています。

これが1000年以上前の事で、すべてが草木染めのレシピ付き!というから驚きですね。

この後、貴族の女性の襲の色、武士の合戦装束などで和色はさらに発展し、ついに庶民も色を楽しめる時代がやってきます。
よく知られているのは江戸時代の町人の間で流行した「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」です。茶色、鼠色、藍色系のバリエーション色の事で、四十八は文字通りの48色ではなく、"たくさんの" という意味で実際は100以上あったとか。
江戸茶、芝翫茶、千歳茶、銀鼠、梅鼠、利休鼠、鉄紺、浅葱、納戸色と、現在でもおなじみの色々ですね。シブさに注目した江戸っ子の粋とも言えましょう。

そしてもうひとつ、大事なのが名称についてです。
日本の伝統色を前にして、読めない事ってありませんか?
私はしょっちゅうで、これがなかなかに難しい......。

例えばこの「葡萄」というお色。
一般的には「ぶどう」ですが、和色の呼称だと「えびぞめ」と呼びます。

葡萄(または蒲萄)はもともとヤマブドウの古名である葡萄葛(エビカズラ)の事で、エビとも呼ばれました。淡く赤みがかった紫の色調です。前出の『延喜式』にも記述があり、ヤマブドウだけでなく紫根と灰汁と酢を用いて染められるそうです。
これに対し「葡萄色(えびいろ)」という色もあります。こちらはヤマブドウがさらに熟したような色で、葡萄に比べて暗い赤紫の色調です。これが江戸中期頃から現代で言う「ぶどういろ」と呼ばれるようになったとか。

また葡萄がエビと呼ばれた事から、近世では同じ音の海老を連想させるようになり、「海老色」「海老茶」などの色も登場する事になります。
ああ、日本人のこだわりに頭が下がる....!

和色大辞典のカラーサンプル

お色や名称に関しての話題は尽きないので、また別の機会にでも。
皆様もどうぞ和色の探求をぜひお楽しみ下さいませ。

銀座店スタッフ 松浦

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日より店頭にてご覧いただけます。 店頭でご覧いただける準備が整い次第、ツイッターにてお知らせいたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、千總製 振袖 (松屋扱い) でございます。
続いて左から、
西陣 河合美術織物製 絽袋帯
八重山上布 名古屋帯
鈴木紀絵作 紬地染名古屋帯
福永世紀子作 丹波布 名古屋帯
でございます。

千總製 絽 訪問着 鳥の子色 花束文

松島由美作 本加賀友禅 訪問着

人間国宝 福田喜重作 染三ッ紋 色留袖

本場結城紬 単衣 青褐色 幾何文

日本工芸会正会員 小倉淳史作 紬地染名古屋帯

日本工芸会正会員 石塚美枝子作 単衣 風通絣織 着物

西陣 白綾苑大庭製 袋帯

今回は 着物7点、帯8点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

明るいニュースをなかなか聞くことができない日々が続いておりますが、きもの青木 では、新しい家族を迎えて職場に復帰してくれたスタッフや、これからその準備に入るスタッフも続き、心弾む話題で賑わっております。女性ばかりの職場ならでは、の微笑ましい風景ですね。
銀座店では販売スタッフ欠員に伴い、新しく一緒に働いてくださる人員を募集しております。詳細はコチラの求人ページをご覧くださいませ。

ひき続き感染予防対策に務め、営業しております。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

7月1日より、銀座店の営業時間が下記のとおりに変更になりました。
火〜土曜日 11:00〜19:00
日曜日   11:00〜17:00
定休日   月曜日

雨や曇り空の日が続いております。
7月も半分を過ぎましたが、真夏の晴れた青い空にはまだお目にかかっていないような気がします。
ジメジメした梅雨が明けると、これから暑い日本の夏がやってきますね。

本日は夏の肌着についてお問い合わせをいただきましたのでご紹介いたします。

高島ちぢみの肌襦袢とすててこは、皆様にぜひお試しいただきたい青木オリジナルアイテムです。
綿80%・麻20%の生地を使った、麻のさらりとした心地よさと綿のふんわりとした優しい肌触りの両方を併せ持つ肌着です。 しっかりとしたシボが肌への接触面を少なくしてくれるので、サラッとして汗が乾きやすいので心地良いです。
お洗濯後の乾きも早いとご好評いただいております。

【T-S51】肌襦袢・高島ちぢみ https://aoki-aoki.shop-pro.jp/?pid=146317094
【T-63】すててこ・高島ちぢみ https://aoki-aoki.shop-pro.jp/?pid=146312872

高島ちぢみの肌襦袢には、おくみがありますので胸元をすっぽりと包み込み、綺麗な衿元を作りやすいです。 背縫いも付いておりますので、衣紋の中心をきれいに引きやすいのも特徴です。
すててこはお稽古などで正座をする方へ特にオススメです。汗取りとして一枚履くだけでとても快適になりますね。

夏の肌着としてはもちろん、汗ばむ単衣時期からお召しになる方も多いです。
私自身一度試したところ、手放せなくなってしまいました。暑がりなので、実は肌襦袢はほぼ一年中愛用しています♪
肌襦袢は店頭にお見本をご用意しておりますので肌触りなどお確かめいただけます。 銀座店スタッフが着用しておりますので着心地やお手入れの方法などお気軽にご質問くださいませ。

もう一つ、ぜひご紹介したいのが青木オリジナルのへちまの帯枕です。
「軽い。蒸さない。涼しい!」と毎年ご好評を頂いております。

【T-S102】へちまの帯枕 https://aoki-aoki.shop-pro.jp/?pid=137185807

自然素材なので長さや太さなどに一つ一つ少し違いがあります。
こだわりは全長25〜27cmと長めにできていること。柔らかい夏帯でもお太鼓の山が綺麗に整います。
一般的なヘチマの帯枕より枕紐のガーゼも長めなのでしっかりと結べます。まだ使ったことのない方はぜひ一度お試しくださいませ。

暑い夏も汗の不快感を軽減できるとぐっと快適に過ごせますね。
ぜひ青木オリジナルの夏アイテムをご活用くださいませ。

私事で大変恐縮でございますが、この度産休に入らせていただきます。
お客様からは、お着物姿でお腹の大きな私にお祝いの言葉や、このコロナ禍で妊婦であることから励ましの声をいただいたり、暖かいお言葉をたくさんいただきました。本当にありがとうございました。
直接ご挨拶できなかったお客様へはこの場を借りてご報告とさせていただきましたことをお許しくださいませ。
またお目にかかれますのを楽しみにしております。

銀座店スタッフ たかはし

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日より店頭にてご覧いただけます。 店頭でご覧いただける準備が整い次第、ツイッターにてお知らせいたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、単衣 訪問着 白藍色 流水に花々の図(ゑり善扱い)でございます。
続いて左から、
西陣 河合美術織物製 絽袋帯 黒色 笹文
人間国宝 喜多川俵二作 夏名古屋帯
澤田麻衣子作 型絵染 名古屋帯
西陣 河合美術織物製 絽袋帯 白色 流水に桜楓花筏文
でございます。

紗紬地 小紋 白橡色 粟の図

京友禅 絽付下げ 秋草文

染一ッ紋 絽縮緬 訪問着 萩に虫籠の図

西陣 川島織物製 絽 本袋帯

西陣 渡文製 洒落袋帯「波衣」

白山工房製 本場牛首紬 単衣着物 縞

絽訪問着 黒色 波文

澤田麻衣子作 型絵染 名古屋帯

今回は 着物7点、帯8点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

 

 

各地で豪雨による広範囲な被害が日々伝えられています。被災された方々には心よりお悔やみを申し上げます。これ以上の被害が広まらないよう心より願ってやみません…

銀座店では感染予防対策にひき続き務め、営業しております。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

7月1日より、銀座店の営業時間が下記のとおりに変更になりました。
火〜土曜日 11:00〜19:00
日曜日   11:00〜17:00
定休日   月曜日