あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

銀座店

銀座店

季節の変わり目の羽織もの

東京の今年の桜は少し遅めの開花でしたが、今やすっかり葉桜となりました。
満開が今月初めだったこともあり、ちょうど入学式と重なったという方も多かったのではないでしょうか。

先日、友人のお子さんが小学校に入学されるとのことで、訪問着の着付けをしてきました。 式の1週間前は雨予報だったのでどうなるかと心配していましたが、当日は清々しい晴天!満開の桜が映える入学式だった事と思います。 知り合ったころはお互いまだ中学生だったのに、時が経つのは早いものだなあ…としみじみ思うとともに、入学式という節目のお手伝いができたことがとても嬉しくなりました。

最寄駅前の大きな桜の木。今年も通勤時にお花見気分を味わうことができました♪

この頃はようやく気温が安定してきましたが、冬から春への季節の変わり目は三寒四温という言葉があるように寒暖の差が激しいものです。 そんなとき、着物の上にはなにを着たらいいの?そもそも羽織はいつまで着てOKなの?とお悩みのご相談をたくさんいただきます。

一般に袷の羽織を着る時期は紅葉から桜の頃までと言われていますので、11月から3月ごろがおおよその目安ですね。ただ気温差が大きな季節の境目には、その日の体感に合わせてお選びになればよろしいのではと思います。 花冷えの日には袷仕立ての羽織。軽やかな色合いは春の日差しにも映えそうですね。

袷仕立ての羽織

気温が高くなってくると活躍してくれるのは透け感の少ない紋紗のコート。

道中着型はお茶席や改まった場面に、気軽なお出かけなら羽織型がおすすめです。

紋紗の道中着

紋紗の羽織

一味違うお洒落を楽しみたい方におすすめなのはふんわりとした質感のシルクオーガンジー。 レースのような風合いがエレガントな雰囲気を演出してくれます。

シルクオーガンジー

羽織に欠かせない羽織紐も各種ご用意しています。

結ぶタイプ

ガラスジュエリー作家・岡小百合さんのビーズの羽織紐

そして羽織の『ち』に付けるSカンもございます♪

着るものはあまり重ねたくないけれど、帯付きで外出するのは少し不安…という方には、大判のショールもおすすめです。 着物用のショールもありますが洋装用に市販されているものでも代用できます。 シルクはもちろん、オーガンジーやガーゼなど様々な素材のものがありますので、着物のテイストに合わせて選んでみてください。

東京ではソメイヨシノに続いて八重桜が見頃を迎えています。 銀座店に面したさくら通りにはたくさんの八重桜の街路樹が植わっており、今の季節はとても華やかです。 お買い物ついでに八重桜を鑑賞しながら着物でお散歩もおすすめです♪

大型連休に向けて気温の高くなる日が多くなっていますね。
銀座店では単衣、夏物が毎日続々と入荷しております。Instagram『todays_kimono』などの情報をチェックしてみてくださいね。

皆様のご来店をお待ちしております。

銀座店 勝田

『きもの青木銀座店』

TEL03-3564-7171
営業時間 11:00~18:00
定休日:月・火曜日

ご来店の際には是非ご予約をおすすめいたします。ホームページから、またはお電話でも承っております。

※ご予約なしでもご相談を承っておりますが、ご予約のお客様を優先して対応させていただきますので長時間お待たせしてしまう場合もございます。コーディネートのご相談やお着物や帯をご持参いただく場合は、ご予約をおすすめしております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
【着物4135】大羊居製 単衣 訪問着 千草鼠色 萩に紫陽花、楓の図 でございます。

続いて左奥から、
・【帯5127】西陣 山口美術織物製 袋帯
・【帯5129】龍村平蔵製 夏袋帯 黒色 銘「タイ聖樹文」
・【帯5130】藤山千春作 吉野間道 名古屋帯
・【帯5132】西陣 川島織物製 本袋帯
でございます。

【着物4133】人間国宝 小宮康孝作 単衣 江戸小紋

【着物4131】本場久米島紬 単衣 ゆうな染 絣文

【着物4134】菊田宏幸作 本加賀友禅 紋紗 羽織 銘「菊水文」

【帯5128】首里花倉織 名古屋帯

【帯5126】しな布 藍型染 八寸名古屋帯

【帯5131】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 濃藍色 無地

【帯5133】久呂田明功作 絽縮緬地 染名古屋帯 紅掛花色 杜若文

【帯5125】西陣 河合美術織物製 袋帯

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4130】東郷織物製 単衣 薩摩絣 藍墨茶色 縞に絣文
  • 【着物4131】本場久米島紬 単衣 ゆうな染 絣文
  • 【着物4132】白山工房製 夏牛首紬地 小紋 藍鉄色 抽象文
  • 【着物4133】人間国宝 小宮康孝作 単衣 江戸小紋
  • 【着物4134】菊田宏幸作 本加賀友禅 紋紗 羽織 銘「菊水文」
  • 【着物4135】大羊居製 単衣 訪問着 千草鼠色 萩に紫陽花、楓の図

帯9点

  • 【帯5125】西陣 河合美術織物製 袋帯
  • 【帯5126】しな布 藍型染 八寸名古屋帯
  • 【帯5127】西陣 山口美術織物製 袋帯
  • 【帯5128】首里花倉織 名古屋帯
  • 【帯5129】龍村平蔵製 夏袋帯 黒色 銘「タイ聖樹文」
  • 【帯5130】藤山千春作 吉野間道 名古屋帯
  • 【帯5131】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 濃藍色 無地
  • 【帯5132】西陣 川島織物製 本袋帯
  • 【帯5133】久呂田明功作 絽縮緬地 染名古屋帯 紅掛花色 杜若文

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日4月19日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
【着物4126】絽縮緬 訪問着 紫水晶色 百合に撫子の図 でございます。

続いて左奥から、
・【帯5124】絽綴地 刺繍 袋帯 紅消鼠色 蜀江錦文
・【帯5123】平野晋二郎作 本紅型 名古屋帯
・【帯5117】琉球花織 名古屋帯
・【帯5120】西陣 河合美術織物製 夏袋帯
でございます。

【着物4126】絽縮緬 訪問着 紫水晶色 百合に撫子の図

【着物4125】日本工芸会正会員 坂井教人作 単衣 訪問着

【着物4127】単衣 繍一ッ紋 訪問着 蒸栗色 流水に楓や萩の図

【着物4128】単衣 白山工房製 夏牛首紬地小紋 絹鼠色 双葉葵の図

【着物4129】単衣 繍一ッ紋 訪問着 牡丹鼠色 流水に杜若の図

【着物4124】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 訪問着

【帯5121】越後上布 八寸織名古屋帯

【帯5119】西陣 織文意匠鈴木製 袋帯

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4124】人間国宝 小宮康孝作 江戸小紋 訪問着
  • 【着物4125】日本工芸会正会員 坂井教人作 単衣 訪問着
  • 【着物4126】絽縮緬 訪問着 紫水晶色 百合に撫子の図
  • 【着物4127】単衣 繍一ッ紋 訪問着 蒸栗色 流水に楓や萩の図
  • 【着物4128】単衣 白山工房製 夏牛首紬地小紋 絹鼠色 双葉葵の図
  • 【着物4129】単衣 繍一ッ紋 訪問着 牡丹鼠色 流水に杜若の図

帯9点

  • 【帯5116】西陣 河合美術織物製 夏袋帯
  • 【帯5117】琉球花織 名古屋帯
  • 【帯5118】紗刺 袋帯 亜麻色 宝尽くしに松竹梅
  • 【帯5119】西陣 織文意匠鈴木製 袋帯
  • 【帯5120】西陣 河合美術織物製 夏袋帯
  • 【帯5121】越後上布 八寸織名古屋帯
  • 【帯5122】池口重孝作 袋帯
  • 【帯5123】平野晋二郎作 本紅型 名古屋帯
  • 【帯5124】絽綴地 刺繍 袋帯 紅消鼠色 蜀江錦文

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日4月12日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
【着物4118】菊田宏幸作 本加賀友禅 繍一ツ紋 訪問着 銘「シャラに花水木」 でございます。

続いて左奥から、
・【帯5111】西陣 川島織物製 本袋帯
・【帯5110】城間栄順作 本紅型 縮緬地染名古屋帯
・【帯5107】久呂田明功作 縮緬地染名古屋帯 黒色 梔子の図
・【帯5108】西陣 俵屋製 袋帯 赤朽葉色 有職文
でございます。

【着物4118】菊田宏幸作 本加賀友禅 繍一ツ紋 訪問着 銘「シャラに花水木」

【着物4119】白鷹御召 灰白色 蚊絣

【着物4121】浦野理一作 経節紬 暗い菖蒲色 無地

【着物4122】総刺繍 訪問着 胡桃染色 風景図

【着物4123】繍一ツ紋 訪問着 藍媚茶色 松竹梅の図

【帯5115】草紫堂製 南部絞紫根染 名古屋帯

【帯5112】西村織物製 本場筑前博多織 紋九寸名古屋帯

【帯5114】読谷山花織 名古屋帯

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4118】菊田宏幸作 本加賀友禅 繍一ツ紋 訪問着 銘「シャラに花水木」
  • 【着物4119】白鷹御召 灰白色 蚊絣
  • 【着物4120】千總製 染五ツ紋 黒留袖 貝桶の図
  • 【着物4121】浦野理一作 経節紬 暗い菖蒲色 無地
  • 【着物4122】総刺繍 訪問着 胡桃染色 風景図
  • 【着物4123】繍一ツ紋 訪問着 藍媚茶色 松竹梅の図

帯9点

  • 【帯5107】久呂田明功作 縮緬地染名古屋帯 黒色 梔子の図
  • 【帯5108】西陣 俵屋製 袋帯 赤朽葉色 有職文
  • 【帯5109】西陣 川島織物製 本袋帯
  • 【帯5110】城間栄順作 本紅型 縮緬地染名古屋帯
  • 【帯5111】西陣 川島織物製 本袋帯
  • 【帯5112】西村織物製 本場筑前博多織 紋九寸名古屋帯
  • 【帯5113】日本工芸会正会員 松原孝司作 玉藍形染 紬地名古屋帯
  • 【帯5114】読谷山花織 名古屋帯
  • 【帯5115】草紫堂製 南部絞紫根染 名古屋帯

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日4月5日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

ご好評を頂いております「特選会」も今週で最終週のご紹介となります。選りすぐりの逸品をどうぞお楽しみくださいませ。

衣桁にディスプレイされている着物は、
【着物4112】岡重製 染小紋 牡丹鼠色 更紗花文 でございます。

続いて左奥から、
・【帯5101】西陣 織楽浅野製 織名古屋帯「和更紗異文」
・【帯5100】藤山千春作 吉野間道 名古屋帯
・【帯5106】国画会 立花長子作 型絵染 名古屋帯
・【帯5104】龍村平蔵製 本袋帯 白色 銘「円文白虎錦」
でございます。

【着物4112】岡重製 染小紋 牡丹鼠色 更紗花文

【着物4113】浦野理一作 経節紬 薄葡萄色 無地

【着物4115】本場結城紬 淡い薄縹色 無地

【着物4117】日本工芸会正会員 知念貞男作 本紅型 小紋

【着物4114】曽根武勇作 西陣織 訪問着

【帯5099】人間国宝 北村武資作 袋帯 煌彩錦「三彩亀甲」

【帯5105】人間国宝 細見華岳作 爪掻本綴 八寸名古屋帯

【帯5098】国画会 小島秀子作 織名古屋帯「ひかりのふるさと」

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4112】岡重製 染小紋 牡丹鼠色 更紗花文
  • 【着物4113】浦野理一作 経節紬 薄葡萄色 無地
  • 【着物4114】曽根武勇作 西陣織 訪問着
  • 【着物4115】本場結城紬 淡い薄縹色 無地
  • 【着物4116】本場大島紬 泥染 抽象文
  • 【着物4117】日本工芸会正会員 知念貞男作 本紅型 小紋

帯9点

  • 【帯5098】国画会 小島秀子作 織名古屋帯「ひかりのふるさと」
  • 【帯5099】人間国宝 北村武資作 袋帯 煌彩錦「三彩亀甲」
  • 【帯5100】藤山千春作 吉野間道 名古屋帯
  • 【帯5101】西陣 織楽浅野製 織名古屋帯「和更紗異文」
  • 【帯5102】国画会 川村成作 九寸名古屋帯
  • 【帯5103】人間国宝 玉那覇有公作 縮緬地 本紅型 名古屋帯
  • 【帯5104】龍村平蔵製 本袋帯 白色 銘「円文白虎錦」
  • 【帯5105】人間国宝 細見華岳作 爪掻本綴 八寸名古屋帯
  • 【帯5106】国画会 立花長子作 型絵染 名古屋帯

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日3月29日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

春分を過ぎ、本格的な春の訪れを感じる陽気となってきました。 いよいよ待ちこがれた桜のシーズン到来ですね。

きもの青木銀座店では今年も週替わりで桜が登場し、お客様をお迎えしております。

下向きの花弁が特徴とされるオカメザクラ

細い枝に可憐な花を咲かせる啓翁桜は新種のカーネーションとともに

そしてご近所さんのアートアクアリウム美術館GINZA(三越銀座新館9階)では、桜をテーマにした企画展「めっちゃ桜!2024」が開催中とのこと、タイトルが何ともキャッチーで愛らしいですね。 金魚と桜のコラボレーション、幻想的な空間でいつもと違ったお花見が楽しめそうですので、ご興味ある方は是非チェックしてみてください。

アートアクアリウム美術館GINZA 春の企画展「めっちゃ桜!2024

私事ですが… 着物に興味を持ちはじめて着付教室に通い出したのが、まさにピンクが色めくこの時期でした。 毎年桜を見ると着物をはじめた頃の初々しい気持ちを思い出します。

初めは覚えることがあまりに多すぎて、「えっ、着物きてる人って…これほど多くの手順を覚えてるの?」とにわかには信じられませんでした。 本腰を入れるべく、まずは必要なものを一式揃えるところからスタートしたものの、私の周りには着物に詳しい人はおらず、着物好きの友人や知り合いもいなかったため本当に悪戦苦闘の日々でした。

着物に興味はあるものの、私のように先達にご縁のない方は初めはとても苦労なさると思います。 今回は『はじめてのお買いもの【肌着と襦袢編】』と題しまして、僭越ながら私の失敗談とともにおすすめアイテムをご紹介したいと思います。
今から着物をはじめようとお考えの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

■ 肌着は少しお金をかけてでも着心地のよいものを!

まず肌着ですが、色々な種類のものがありますよね。 上下で分かれているものやワンピースタイプのもの、はたまた肌着はユニクロのエアリズムで十分といった情報も聞こえてきますので、何を買えばいいのか悩みました。

私が一枚目に購入したのは、ポリエステルと綿が混合された着物スリップ(ワンピースタイプ)です。通っていた着付教室では二部式の襦袢がおすすめされていたので、何となく肌着はワンピースタイプの方が楽かなと思い選びました。シワになりにくくお手入れが簡単で、お値段が手頃なところも魅力でした。

実際に使ってみた感想ですが、私の場合はウエスト部分の補正をしっかりと行うので、ワンピースタイプのものは上下が繋がっているため補正がズレやすく感じました。

さらにポリエステルが入っているからか下半身部分がもたつくような感覚もあり、正直あまり着心地がよくなかったです。

はじめて肌着を購入する方には、《着心地の良い肌襦袢と裾よけ》をおすすめいたします!

肌馴染みのよい綿ガーゼ肌襦袢(T-51

さらりとした肌触りの裾除け(T-61

私が使っている肌襦袢は、きもの青木でもお取り扱いしている綿ガーゼのものですが、使う度に肌に馴染んでくる感覚があって肌触りがとても気持ち良いです。

裾除けの素材はコットンから生まれた再生セルロース繊維のキュプラ(ベンベルグ)ですが、ポリエステルよりも吸放湿性が格段に優れているため、サラリとした肌触りで蒸れやべたつきを抑えてくれます。 実際の着心地としては、はじめのうちは若干静電気を感じましたが、お洗濯を繰り返すうちに今はほとんど気にならなくなりました。

きもの青木では他にも、着物好きの愛読書『美しいキモノ』とあずま姿さんが共同開発した麻素材の半襦袢や裾除け、相変わらず根強い人気を誇る高島ちぢみの肌襦袢やステテコなどもご用意しております。

➀おすすめmieシリーズ:肌襦袢(T-51)裾除け(T-61
➁高島ちぢみ:肌襦袢(T-S51)すててこ(T-63
➂麻素材ひんやりLINE:半襦袢(T-52)裾よけ(T-64

ちなみにですがユニクロのエアリズムも愛用しています。さらりとした着心地はもちろんのこと、首元が広く背中の衿ぐりも深めなので使いやすいですね。

やはり着ていて気持ちよく感じるのは天然素材ならではといったところでしょうか。 肌に直接触れるものには、少しお金をかけてでも着心地のよいもの選ぶことをおすすめいたします。

2024年春号の巻頭特集は『似合う!叶える!新しい私 マイスタイルのつくり方』です

■ 汗ばむシーズンには洗える襦袢が必需品です

次に襦袢ですが、一枚目として購入するのであれば《洗える素材で着心地のよい長襦袢》がおすすめです。

左から 袷用(F-460)、単衣用(F-458)、夏用(F-545

私の失敗談は… ポリエステル素材の二部式のものをインターネットで見つけて5,000円ほどで購入しました。 「自宅で洗えてアイロン不要」というコメントが気に入ったのですが、とにかく静電気がひどくて使うのを諦めたという何とも悲しい結末になりました。

その後、東レさんの人気商品であるシルックの長襦袢を購入したところ、これが大正解でした。 一度失敗しているのでポリエステルは大丈夫かな?と半信半疑でしたが、実際の着心地は全くの別物で静電気も起こりにくく、初めからコレを買っておけばよかった!の一言です。
当時のお値段で33,000円くらいと記憶してますが、やはり着心地のよいものは3~4万円くらいが相場でしょうか。

今では袷・単衣・夏用と三種類持っていますが、どれも買ってよかったと満足しているお気に入りアイテムです。

昨年、特に大活躍してくれたのが単衣用の長襦袢です。

袷シーズンでも気温が高い時は長襦袢を単衣用のものにして、半衿を付け替えて対応すると便利です。サラっとした着心地の楊柳タイプの白なので、カジュアルから改まった装いにもお使いいただけます。一番は半衿を付けたまま、洗濯機でジャブジャブ洗えるところが嬉しいですね。

ウォッシャブル半衿 一覧はこちら

銀座店では店頭限定でリユースの洗える長襦袢もございます。

個人的には今年は一枚、麻の長襦袢をお仕立てしようと計画中です。 お着物好きの方や先輩方に話を聞くと、なんだかんだで麻の長襦袢が一番重宝とのこと。 ずっと気になっていたので、ついに麻のマイ長襦袢を作ってみようと思います。この体験談はまた別の機会にお話させてください。

いかがでしたでしょうか。正直なところ、今となっては肌着も襦袢もシーズンによって使うものを変えてますし、皆さんそれぞれに感じ方やお好みも違うと思いますので、コレという正解はないというのが一番の感想です。 あえて言うとするならば、その日の気分によって選べるくらい、肌着も襦袢もお気に入りのものを揃えたいですね。

最後になりましたが、告知です!

3月28日から毎年ご好評いただいております大人気の“博多帯フェア”が開催されます。あわせてガラスジュエリー作家 岡小百合さんの帯留めや、京都 衿秀さんの三分紐もご用意いたしました。
詳細はまた改めてインスタグラムでご案内させていただきます。

春の陽気に包まれながら、是非とも銀座の街に遊びにいらしてください。

松屋銀座8Fテラスにて

銀座店 安藤

『きもの青木銀座店』

TEL03-3564-7171
営業時間 11:00~18:00
定休日:月・火曜日

ご来店の際には是非ご予約をおすすめいたします。ホームページから、またはお電話でも承っております。

※ご予約なしでもご相談を承っておりますが、ご予約のお客様を優先して対応させていただきますので長時間お待たせしてしまう場合もございます。コーディネートのご相談やお着物や帯をご持参いただく場合は、ご予約をおすすめしております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。