あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

銀座店

東京では早くも猛暑日を観測し、湿度の高い蒸し暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

photo by Akiko Fukuda

日本気象協会の発表によると、最高気温が25℃以上を「夏日」、30℃以上を「真夏日」、35℃以上を「猛暑日」、そして40℃以上を「酷暑日」と呼ぶそうです。

その次はいったい何日となるのでしょうか?想像したくはありませんが、気温の上昇とともに日々の生活も知恵と工夫でアップデートしていく必要がありそうですね。

そんな厳しい気候をものともせず、夏着物にチャレンジなさる方がいらっしゃるのはうれしい限り。銀座店でも、かなり早い時期からたくさんのお客様が夏着物をお探しでした。

今年夏着物デビューされる方からは

「夏は着物を着ないと決めていたのに…」 「もう逃げられない。」 「ついに覚悟を決めました!」

などなど、愉快な台詞が聞こえてきます。

「夏はお洋服でもよろしいわよ。」とおっしゃってたお茶の先生から、「お着物姿も見てみたい。」とリクエストがあったとのこと。それはそれはということで、お似合いになるコーディネートをお客様と一緒に完成させて、最後は「頑張ってくださいね。」という激励の言葉でお見送りさせていただきました。

確かに、夏の装いはいつもと少し勝手が違いますよね。特に初めての方ですと、この猛暑のなか色々と不安や疑問に感じることも多いかと思います。

そこで今回はお客様からいただいたご質問やご相談を、ちょっとしたアドバイスを踏まえてご紹介させていただきます。

*暑さ対策には天然素材

一番多かったご質問は、やはり暑さ対策に関してです。銀座店のスタッフに聞いてみたところ、各々さまざまな工夫で暑さを凌いでいるようですが、共通していたのは「色々と試してみた結果、いまの着こなしにたどり着いた」ということでした。

私はまだまだ試行錯誤中ですが、今年初めて《へちまの帯枕》を試してみました。

へちま帯板(G-1350)、へちま帯枕(G-2992

使用した率直の感想は軽い、涼しい、硬い、です。以前よりへちま素材の良さは聞いていたので、評判通り軽くて涼しいのは良かったのですが、使い始めで慣れていないせいでしょうか、へちま独特の硬さがいまいち背中にフィットしなかったのです。そこでひと工夫ですね、伸縮性のある帯枕カバーを使ってみたところ、これが大正解でした!

一年中へちま素材を愛用してる方が多いと知り、ひとまず同シリーズの帯板も購入してみました。汗ばむこの時期は特に水を通して洗えるのは嬉しいですよね。

洗えると言えば…涼しさを追求したい方には、何と言っても麻素材がオススメです。

《麻の足袋》は熱がこもらず、さらりとした質感と締めつけ感のない履き心地が別物です。

本麻足袋は店頭限定商品 きねや麻足袋(T-251

その分、普段ストレッチ足袋や綿足袋に慣れている方は少し違和感を感じるかもしれません。 特にきねやさんの麻足袋は、公式ホームページによると1サイズ小さめをオススメしているのですが、甲高や幅広の方は通常のサイズで大丈夫とのことです。

履き心地やサイズ選びなど、初めは少し苦労するかもしれませんが、夏は麻しか履かないという方がいるくらいですので試してみる価値はあります。

《麻の半衿》もお忘れなく。衿元は直接肌に触れる部分ですので、ひんやりとした肌触りはもちろんのこと、優れた吸汗性と速乾性はありがたいですね。

麻の半衿 白色(G-2559) その他の色は店頭限定商品

半衿に関しまして、『絽の長襦袢に麻の半衿はダメなの?』とご質問をいただくのですが、これはご用途によって答えが変わってきます。

やはり改まったお席やフォーマルなシーンでは襦袢は絽、半衿も絽塩瀬がふさわしいですよね。ただ、普段のお出かけやカジュアルな着物の場合は、絽の長襦袢に麻の半衿でもよろしいかと思います。色々と試してみることで、自分なりの好みやこだわりがわかり、何をオシャレに感じるかで着こなしは変わってくると思うのです。基本をきちんと抑えたうえで、ぜひ衿元に遊び心を取り入れてみてください。

そして《麻の襦袢》

当店でも超がつくほどの人気アイテムで、リユースで入荷した麻襦袢は即売れてしまうといった状況です。

店頭限定の長襦袢が入荷いたしました

特に夏の着物は透け感がありますので、中に着る襦袢は着丈の長さが重要です。身長の高いお客様から『長襦袢は既成品だとなかなか自分のサイズに合うものを見つけられない。皆さんどうされてるのでしょう?』といったご質問をいただいたのですが、一番はやはりマイサイズの長襦袢をお仕立てすることだと思います。

ただいきなりお誂えするのはハードルが高いですよね。その場合、許容範囲のサイズ感で自分に合うリユースの長襦袢を探すか、もう一つは自分のサイズに調節して着ることが出来る二部式の襦袢がオススメです。麻の着心地を知るためにも、まずは二部式襦袢から始めてみてはいかがでしょうか。

こちらは雑誌『美しいキモノ』さんとメーカーさんとのコラボ商品です。こだわりの詰まった二部式襦袢で小千谷縮の半衿付きなところも嬉しいですね。

麻素材 半襦袢(T-52) 裾除け(T-64

*夏の小物使い

そして意外と多かったのは『帯締めは夏用のものじゃないとダメなの?』というご質問です。 結論から申し上げると、袷用の帯締めは基本的には通年使えますので、夏用のものでなくても大丈夫です。

ただ、今の時期は夏用の帯締めといってレース編みのものや、透け感のあるものが登場します。 やはり見た目にも軽やかで涼し気なところが魅力ですし、夏という限られた時期の装いを存分に楽しみたいという方には夏用の帯締めをオススメいたします。お手頃なのにちょっとした贅沢品のようなアイテムですので、気分も上がりますよね。

現在発売中の『美しいキモノ 2024夏号』37ページに掲載されている衿秀さんの帯締めは、同種のお品で色違いもございます。

左から(G-3068)(G-3069)(G-3067)(P5-666 店頭限定商品)

次に三分紐の結び方もよく聞かれます。色んな結び方があるので、自分にあったものを見つけていただければと思うのですが、一番簡単な締め方をご紹介しますね。

まず、三分紐に帯留めを通して、帯留めを背中側に持っていきます。

前側でいつも帯締めを結ぶように、しっかりと締めます。

その上から蝶々結びをして結び目をぐるっと背中側に回します。
帯留めを前にもってきたら完成です。

そして三部紐には素敵な帯留めを合わせたいですよね。お待たせいたしました♪ 岡山県在住のガラスジュエリー作家・岡小百合さんの帯留めがこの夏も入荷いたしました。

店頭限定の三分紐もご用意しております。

以前、岡山県からご来店してくださったお客様が「えっ、岡さん帯留めも作ってるの?」と驚かれたのですが、そうなのです!きもの青木 のために別注でお作りいただいてますので、他ではお目にかかれない貴重な一品となっております。付属の箱までも可愛い岡さんの帯留め、プレゼントにもオススメです。

*衣紋抜きのポイント

最後に小物の使い方のアドバイスとなりますが、 当店では『衣紋がうまく抜けない・・・』とおっしゃる方に《小衿芯》をオススメしています。 ただ使い方が合ってるのか不安という声もいただきますので、この機会に写真で説明させていただきますね。

小衿芯を通した肌襦袢をお好みの抜き加減で着付けします。写真の点線ラインに向かって長襦袢の衿を下側から沿わせます。

ちょうど小衿芯がストッパーの役割をしてくれますので、そこでポジショニングを固定すれば抜きが崩れることもありません。着物も同様にこのラインに沿わせます。

小衿芯は着物だけでなく浴衣をお召しになる場合にもオススメです。赤衿がちらっと見える肌襦袢もございますので、浴衣や帯の色に合わせてお選びください。

左から(G-1220)(T-51)(T-S51)小衿芯(T-105

いかがでしたでしょうか? 夏衣の着こなしは少し工夫が必要かもしれませんが、この季節ならではの特別感を是非お楽しみくださいませ。個人的には今年の夏は麻のマイ長襦袢が出来上がってきましたので、まずは実際に体感してみたいと思います。

今年の夏も真夏日を通り越して猛暑日が続きそうですが、日本ならではの四季を味わいながら体調管理に気をつけて、元気に過ごしたいですね。

銀座店 安藤

毎年楽しみにしているホオズキ、今年は暑さのせいか大きく育っています

『きもの青木銀座店』

TEL03-3564-7171
営業時間 11:00~18:00
定休日:月・火曜日

店内混み合う状況もございますので、ご来店予約を頂くと比較的スムーズにご案内できます。ぜひ、ご来店予約フォームをご利用くださいませ。

※ご予約なしでもご相談を承っておりますが、ご予約のお客様を優先して対応させていただきますので長時間お待たせしてしまう場合もございます。コーディネートのご相談やお着物や帯をご持参いただく場合は、ご予約をおすすめしております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。

日頃よりきもの青木 銀座店をご利用いただきましてありがとうございます。

きもの青木 では今月が決算月のため棚卸を実施いたします。つきましては7月28日(日)は銀座店を終日休業させていただく事になりましたのでご案内申し上げます。

お客様にはご不便、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

銀座店 臨時休業:2024年7月28日(日)

尚、世田谷事務所は通常通りの営業となります。

銀座店

夏に向けて 夏着物と浴衣

年々暑くなってくる時期が早まり、6月も半ばともなれば、既に薄物をお召しの方もいらっしゃいますね。
従来、単衣の時期は6月と9月とされていましたが、今は4月頃から暑くなってとても袷は着ていられません。秋も10月いっぱいは単衣としたいほどですし、潔く一年中単衣なんて方もいらっしゃいます。着物の世界では季節感はとても大切なものですが、やはりここ数年、単衣の準備を早めになさる方が増えているように思います。

銀座きもの青木ではそのようなニーズに合わせて、単衣の江戸小紋や色無地を多めに取り揃えておりますが、入荷した途端にあっという間にお嫁に行ってしまいます。単衣時期から盛夏を通して『夏こそ着物!』と楽しんでいる方が大勢いらっしゃることは、とてもうれしいですね。

7月が近づけばもう薄物の季節へ。涼やかな透け感を楽しんだり、個性豊かな自然布を存分に楽しめる時期でもあります。

銀座きもの青木では、希少な自然布のお着物や帯も充実のお品揃えです。

着物 芭蕉布(着物3530)、帯 越後上布(帯5190

着物 八重山上布(着物4179)、帯 しな布(帯5192

夏祭りや花火のシーズンが始まれば、いよいよ浴衣の出番ですね。 老若男女を問わず気軽に楽しめる浴衣は、今や海外からのお客さまにも大人気。 一年中着られるアイテムとして、お探しの方も多いです。

浴衣は素材や風合いも様々。昔ながらの木綿の平織やしじら織、綿麻、綿絽、綿紅梅など普段着から軽いお出かけにお使いいただけるものまで、お好み次第ですね。最近はしわにならない東レのシルックやセオαなど着物のように着る浴衣も流行ってます。

きもの青木では根強い人気の昔ながらの絞りの浴衣がおすすめです。

左から(店頭限定商品 P1-307、P1-321、P1-310)

左から(店頭限定商品 P1-346、P1- 345、P1-309)

(店頭限定商品 P1-310)

(店頭限定商品 P1-309)

着物(D-3079)、帯(店頭限定商品 P2-319)

夏の装いは博多帯の半巾帯で帯結びを楽しむのも良いですね。

博多織 半幅帯(K-9775)(K-8961

博多織 半幅帯(店頭限定商品 P2-332、P2-335、P2-334)

夏博多帯は夏の小紋や麻の着物だけでなく浴衣を着物風にお召しになる時にとても活躍してくれるアイテムです。

博多織 名古屋帯(店頭限定商品P2-321)(K-9794)(K-9762

籠バックも夏の必須アイテムです。 特に山葡萄のバックは人気者。

G-906)(G-1983)(G-2693

もともと山仕事の道具入れなどとして作られ、10年以上経った蔓の表皮を剥いで内側の靭皮を籠に使うそうです。 今ではおしゃれな編み方や形で程良く野趣を抑えたものも選べますね。

G-1985)(G-2426

6月7日(金)~17日(月)で江戸時代から続く日本三大祭りが6年ぶりに開催されています。
銀座店のすぐ近くにある京橋日枝神社では祭囃子が鳴り、お神輿を担ぐ威勢の良い掛け声が聞こえてきます。

ぜひ『夏こそ着物!』を。
スタッフも皆様のお越しをお待ちしております。

銀座店 阿部

『きもの青木銀座店』

TEL03-3564-7171
営業時間 11:00~18:00
定休日:月・火曜日

店内混み合う状況もございますので、ご来店予約を頂くと比較的スムーズにご案内できます。ぜひ、ご来店予約フォームをご利用くださいませ。

※ご予約なしでもご相談を承っておりますが、ご予約のお客様を優先して対応させていただきますので長時間お待たせしてしまう場合もございます。コーディネートのご相談やお着物や帯をご持参いただく場合は、ご予約をおすすめしております。

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

【着物4184】八重山上布 虫襖色 絣 着物
【帯5199】しな布 捩り織 八寸名古屋帯

【着物4182】上布 着物 濃藍色 小絣
【帯5203】国指定重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布 八寸名古屋帯

【着物4186】熊谷好博子作 絽 染一ッ紋 訪問着
【帯5195】西陣 龍村美術織物製 たつむら 夏袋帯 銘「洋花蜀江錦」

【着物4186】熊谷好博子作 絽 染一ッ紋 訪問着

【帯5201】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯 亜麻色 無地

【着物4185】本場久米島紬 単衣 ゆうな染 絣 着物

【着物4181】夏紬地 訪問着 流水にヒシの花

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4181】夏紬地 訪問着 流水にヒシの花
  • 【着物4182】上布 着物 濃藍色 小絣
  • 【着物4183】絽 訪問着 淡い桔梗鼠色 更紗花文
  • 【着物4184】八重山上布 虫襖色 絣 着物
  • 【着物4185】本場久米島紬 単衣 ゆうな染 絣 着物
  • 【着物4186】熊谷好博子作 絽 染一ッ紋 訪問着

帯9点

  • 【帯5195】西陣 龍村美術織物製 たつむら 夏袋帯 銘「洋花蜀江錦」
  • 【帯5196】西陣 河合美術織物製 絽袋帯
  • 【帯5197】絽綴れ地 刺繍 袋帯 練色 唐花文
  • 【帯5198】西村織物製 本場筑前博多織 八寸名古屋帯
  • 【帯5199】しな布 捩り織 八寸名古屋帯
  • 【帯5200】西陣 紋屋井関製 御寮織 袋帯
  • 【帯5201】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯 亜麻色 無地
  • 【帯5202】西陣 河合美術織物 夏袋帯
  • 【帯5203】国指定重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布 八寸名古屋帯

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日6月14日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
【着物4180】大羊居製 絽 染一ツ紋 訪問着 鳩羽鼠色 鷺草の図 でございます。

続いて左奥から、
・【帯5186】西陣 川島織物製 絽袋帯
・【帯5187】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯
・【帯5188】西陣 川島織物製 紗袋帯
・【帯5189】城間栄順作 本紅型 八寸名古屋帯
でございます。

【着物4176】古代越後上布 亜麻色 割付文

【着物4175】宮古上布 濃藍色 蚊絣

【着物4178】千總製 絽 染五ッ紋 黒留袖

【帯5194】龍村平蔵製 夏袋帯 銘「瓦燈印金錦」

【帯5191】西陣 河合美術織物製 夏袋帯

【帯5187】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯

【帯5190】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯

【帯5192】しな布 八寸名古屋帯

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4175】宮古上布 濃藍色 蚊絣
  • 【着物4176】古代越後上布 亜麻色 割付文
  • 【着物4177】夏黄八 着物 檳榔子染色 細縞
  • 【着物4178】千總製 絽 染五ッ紋 黒留袖
  • 【着物4179】八重山上布 白色 絣文
  • 【着物4180】大羊居製 絽 染一ツ紋 訪問着 鳩羽鼠色 鷺草の図

帯9点

  • 【帯5186】西陣 川島織物製 絽袋帯
  • 【帯5187】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯
  • 【帯5188】西陣 川島織物製 紗袋帯
  • 【帯5189】城間栄順作 本紅型 八寸名古屋帯
  • 【帯5190】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯
  • 【帯5191】西陣 河合美術織物製 夏袋帯
  • 【帯5192】しな布 八寸名古屋帯
  • 【帯5193】西陣製 琴糸 八寸名古屋帯 砂色 葡萄唐草文
  • 【帯5194】龍村平蔵製 夏袋帯 銘「瓦燈印金錦」

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日6月7日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、銀座店ではセレクション新着の品々を本日11時よりご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
【着物4174】日本工芸会正会員 湯本エリ子作 絽縮緬 訪問着 でございます。

続いて左奥から、
・【帯5179】西陣 織文意匠鈴木製 袋帯
・【帯5182】野々花染工房製 苧麻捩り織 八寸名古屋帯
・【帯5180】国指定重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布 名古屋帯
・【帯5184】西陣 河合美術織物製 絽袋帯
でございます。

【着物4174】日本工芸会正会員 湯本エリ子作 絽縮緬 訪問着

【着物4170】夏黄八 着物 檳榔子染色 縞

【着物4172】八重山上布 浅黄色 縞に絣

【着物4171】本場夏大島紬 錆鉄御納戸色 十字絣 横段

【帯5185】城間栄順作 本紅型 名古屋帯

【帯5180】国指定重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布 名古屋帯

【帯5183】しな布 八寸名古屋帯

【帯5182】野々花染工房製 苧麻捩り織 八寸名古屋帯

セレクション新着リスト

着物6点

  • 【着物4169】本場夏琉球絣 湊鼠色 縞に絣
  • 【着物4170】夏黄八 着物 檳榔子染色 縞
  • 【着物4171】本場夏大島紬 錆鉄御納戸色 十字絣 横段
  • 【着物4172】八重山上布 浅黄色 縞に絣
  • 【着物4173】上布 着物 濃藍色 菊花文
  • 【着物4174】日本工芸会正会員 湯本エリ子作 絽縮緬 訪問着

帯9点

  • 【帯5177】しな布 八寸名古屋帯 大格子
  • 【帯5178】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯
  • 【帯5179】西陣 織文意匠鈴木製 袋帯
  • 【帯5180】国指定重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布 名古屋帯
  • 【帯5181】西陣 河合康幸製 紗袋帯
  • 【帯5182】野々花染工房製 苧麻捩り織 八寸名古屋帯
  • 【帯5183】しな布 八寸名古屋帯
  • 【帯5184】西陣 河合美術織物製 絽袋帯
  • 【帯5185】城間栄順作 本紅型 名古屋帯

以上、着物6点、帯9点、計15点をご紹介いたします。

オンラインショップでは明日5月31日(金)9時45分に更新予定です。

銀座店は本日18時まで営業しております。

お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。