あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

銀座店

小千谷縮の魅力

夏着物の魅力はそのバリエーションの豊かさにあると思います。

絹物でも軽い単衣から透け感の美しい極薄の盛夏もの、浴衣に代表される木綿、そして様々な植物布など、 夏ならではの着こなしが楽しめる素材のものが満載で、チョイスに困ってしまいます。

とはいっても着用期間が短いのにお手入れが大変、また近年の気候変動による高温・多雨で着用を躊躇ってしまう・・・というご意見もちらほら。

そこで、人気を高めているのが小千谷縮なのです。軽くてシボのあるさらっとした質感、麻なので水に強く、 ご自宅で洗えるという気軽さもあって、近年では夏着物の定番にされている方も多いと思います。

店頭にもいろいろ・・・

写真左から:(A-3411)小千谷縮 生成り 流水文/ (A-3412)小千谷縮 白練×藍鼠 竪縞/ (A-3595)小千谷縮 檳榔子染色 細縞

小千谷縮のルーツは生産地・新潟の近隣で作られている越後上布に遡ります。

越後上布は、千数百年前から朝廷に納められていたという最高級の平織の麻布。この越後上布に、江戸初期に播州明石からやってきた堀次郎将俊が明石縮の技法をもって改良を加えたのが小千谷縮です。

その技術と工程は1955年には国の重要無形文化財に、 1975年には伝統的工芸品に、さらに2009年にはユネスコ無形文化遺産に 指定されるという快挙を成し遂げました。

しかし、重文のものは経緯とも苧麻の手績み糸を使用し、いざり機による手織など、古式に則った5つの条件を満たす事が必須であり、生産者が激減した今では高価な希少品になっているのが現状です。

そこで近年は紡績糸による機械織りの普及品が進出してきました。
縞や格子のモダンな柄付けで、カラフルな近代の小千谷縮は目を惹きます。手に入りやすいお値段も魅力的ですね。

こうした背景には世情に沿った、気軽に着れる製品を提供したいという生産者さんたちの思いがあるようです。

越後上布も同様に作り手や後継者が激減している今、「遺していく技術」も大切ですが、「着てもらえる着物」 を作ることも重要だと力説されていた生産者さんのお話が印象的でした。

着物に関わる人々の熱くて優しい思い。
その思いを、楽しく着る事で大切にしていきたいと思う今日この頃です。

銀座店には希少な小千谷縮の名古屋帯も入荷しております。

帯4271)国指定重要無形文化財 小千谷縮 名古屋

すっきりと、夏の着こなしに欠かせない小千谷縮の半衿もございます。

G-1945)小千谷縮 半衿 白色 無地

楽しみな一枚を探しに、ぜひ銀座店にお出かけくださいませ。
お待ちしております。

銀座店スタッフ 松浦

今週のお店のお花

紫陽花のアソートにブルーベリーが忍び込んでおります。
本格的な夏はこれからですね。

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (6/17)

お天気次第で気温が大きく上がったり下がったり…今日から週明けにかけてはお日様が戻ってきそうな東京、今度はいきなり30度との予報に身体がついて行けるのか心配です。

 

【着物3508】本場夏大島紬 黒色 小絣 色紙重ね (反端 証紙付)                                               

【帯4340】西陣 帯屋捨松製 粗紗八寸名古屋帯 (西陣証紙付)                         

 

【着物3506】八重山上布 藍色×亜麻色 網代文 (反端 証紙付)

 

【着物3504】薄もの 道中着 天然阿波藍染 唐草文 (証紙付) 

 

次回は来週6月24日 (金) に更新予定です。

いつもセレクションでご紹介している画像は、モデルさんの他には二人だけという内輪の小さな撮影隊によるもの。梅雨空が続くようになると、予定通り進められるかどうかとヤキモキしてしまいます。が、いつもお世話になっているモデルのNさんが驚くほどの晴れ女さんで、もう無理かもしれない…というような予報でも当日になればなんとかなってしまうという、ちょっと神がかったパワーの持ち主です。先回の撮影も前日までは雨がぱらついていましたのになぜかお天気回復、無事に良い画像を撮ることができました。これまで撮影中止となったことは無しという記録保持者、清楚な美しさに加えての不思議な力に心から感謝です。対する私は超がつく雨女、一緒にお出かけや旅行をする相手には最初から謝っておかなくちゃというくらいの確率で雨雲を引き寄せますので、晴れ予報でも雨傘は必ずバッグに常備。今年の夏はいつになくいろいろな予定が入っているのですが、年齢とともに体力が落ちるのならば、そういった素質も低下してくれないかしらと念じつつ、週末の着物選びに悩んでおります。

ここ数日は真夏日になりそうですね。
皆さま、どうぞ水分補給等、体調管理にお気をつけてお過ごしくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
八重山上布 藍色×亜麻色 網代文 でございます。
続いて左奥から、
西陣 帯屋捨松製 粗紗八寸名古屋帯
宮城里子作 八重山上布地 本紅型名古屋帯 (上布/新垣幸子作)
小田島克明作 楮布 八寸名古屋帯「夏浮花」
刺繍 夏袋帯 絹鼠色 古裂文
でございます。

八重山上布 藍色と亜麻色 網代文

人間国宝 小宮康孝作 絽 江戸小紋

絽 染一ッ紋 付下げ 深川鼠色 波に千鳥の図

染の北川製 紋紗 小紋 灰白色 野の花の図

宮城里子作 八重山上布地 本紅型名古屋帯 (上布/新垣幸子作)

西陣 川島織物製 絽 本袋帯

西陣 川島織物製 絽 織名古屋帯

薄もの 道中着 天然阿波藍染 唐草文

今回は、着物7点、帯7点、はおりもの1点、計15点をご紹介いたします。

銀座店は本日18時まで営業しております。感染症対策に万全を期しておりますので、お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

いよいよ関東も梅雨入りしましたね。
この時期の私の大きな楽しみは紫陽花です!近所にお気に入りのスポットが何箇所かあり、毎年それぞれの花の風情を楽しませていただいておりましたが、我が家にも紫陽花を!と、昨年ついに庭先に鉢植えの紫陽花を植えてみました。嬉しいことにたくさんの花をつけてくれて、地植えの逞しさにびっくりしております。土壌の酸性度によって、花の色が青色、紫色、ピンクとなるようですが、初めての我が家の紫陽花。どんな色になるのか、毎日眺めるのが楽しみです。

そうそう、銀座店から近い交番から京橋スクエアガーデンまでの高架下も素敵な紫陽花スポットです。紫陽花好きな方、銀座店にお越しの際には是非、足を伸ばしてくださいませ。

長雨に悩まされる梅雨の季節も、雨に濡れた紫陽花を眺めていると少し気持ちが癒されそうですね。

さて、梅雨が終わったら本格的な夏が始まります。地方の大学生活で初めての一人暮らしをしている娘から「夏に友達と蛍祭りに行くので、浴衣一式を送って欲しい」との電話が入りました。娘には定番の半幅帯、下駄を用意しましたが、私のお支度もついでに…。今年は一歩先の小紋風の着こなしに挑戦してみたいと思い、改めてこちらの過去コラムを読んでみました。

きものコーディネート講座vol3 この夏は、「ゆかた」の一歩先を目指して

小紋風に、夏着物のように着るためには、どのような浴衣を選んだらよいのかしら?
綿コーマ、綿絽、綿紅梅、麻縮、絹紅梅…と浴衣生地にも何種類ものバリエーションがあり、それぞれの素材の持ち味や柄によって、ゆかたらしいさっぱりとした着こなしが向く子、夏着物のように半衿足袋付きで着てもしっくりくる子、がいるようですね。

ふむふむ、帯を半幅帯から名古屋帯に替えるだけでも、ぐっと雰囲気が変わるようです。

先ずは名古屋帯を選んでみました。

*博多織の紗献上八寸名古屋帯

薄手で軽やかなこちらは、浴衣から軽い小紋、夏紬まで重宝にお使いいただけます。

➀~➂店頭限定商品(➀P2-49 ➁P2-51 ➂P2-48 ➃K-7640

*麻の帯

ざっくりとして張りのある麻の風合いが夏らしい麻の帯は浴衣をぐっと夏着物に近づけてくれそうですね。

(➀K-8296K-7677帯3421K-7549

*粗紗の八寸帯

他にも粗紗の八寸帯は芯が入っておらず、すっと風を通してくれるので、涼しく表情豊かにお使いいただけそうです。

(左:K-7523 右:K-7480

では、こちらの帯を浴衣にコーディネートしてみましょう。

選んだ浴衣は、繊細な絹の地に木綿糸の格子が浮かぶ絹紅梅。
ふんわりと透ける薄絹に大人の洗練を感じさせるこちらの浴衣。私の目指す一歩先の着こなしが楽しめそうですね。

博多帯に合わせて…

(浴衣:D-2883 、帯(店頭限定商品):P2-51、帯締め:S-224/S-210

麻帯に合わせて…

(浴衣:D-2883 、帯:K-7549、帯締め:店頭限定商品)

博多織と麻の帯、それぞれをあわせてみましたが、いかがでしょう?

浴衣を夏着物に近づけてくれる麻の帯揚げも淡色から濃色まで、ただいま人気のお色味が豊富に揃っております。

浴衣、帯にのせながら小物合わせで悩むひとときも、幸せな時間ですよね。

そして昨日から、きもの青木 では浴衣フェアが始まりました。

今年こそは様々な夏のイベントが開催されることを願うばかり。
きもの青木 の事務所スタッフ間でも盛り上がっているようですが、浴衣でビアガーデンも楽しそうですね!

お気に入りの浴衣、帯を探しに是非、銀座店にお立ち寄りくださいませ。もちろん、お手持ちの浴衣に合う帯のご相談もお待ちいたしております。

夏を楽しみに、梅雨を乗り切りたいものですね。

銀座店スタッフ 田山

今週はお店のお花も紫陽花でした。

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (6/10)

東京は少し早めの梅雨入り。しばらくはどんよりとした空とお付き合いしていかねばなりませんね。田や畑や森が充分に潤ったらば、ささっと夏が来てくれますようにと祈りつつ、あとひと月ほどはじっと我慢です。

 

【着物3498】絽 繍一ッ紋 付下げ 絹鼠色 桔梗の図 (畳紙付)                                        

【帯4331】紗刺し 夏袋帯 黒色 七宝繋ぎに菊花文                                                                                   

【着物3497】薄もの 羽織 灰梅色 刺繍 可憐な草花                                                        

 

【着物3502】本場夏大島紬 亜麻色 十に田の字 幾何絣 (反端 証紙付)              

【帯4335】しな布 八寸名古屋帯 藍格子                                                     

 

【着物3500】松原輿七作 玉藍染 古代小紋 紋紗 よろけ縞に千鳥の図 (反端付)  

【帯4339】八重山上布 九寸名古屋帯                                                              

 

次回は来週6月17日 (金) に更新予定です。

着るものが単衣や夏ものになると、俄然山葡萄や胡桃の籠に気持ちが向かいます。一年中使える素材ではありますが、軽やかな籠はやはりこれからの季節が一番しっくりきますし、基本水に強いこともあって雨の日も気兼ねなく持つことができるのも嬉しいですね。

ここ数年愛用しているのはシナ素材で出来たもので、籠というよりは袋物。上質なシナの糸はもちろんあの「しな布」になりますが、帯には出来ない糸を縄にして、あんぎん編みという縄文の頃からの技法で作られています。丈夫なことこの上なく、丈夫過ぎて着ているものが柔らかい素材ですと擦れが怖いほど。野生味溢れるなかなかのツワモノです。山葡萄なども同様ですが、こういった自然布や原始布系のものは良く言われるように、100年の使用にも耐えうるのでしょうね。何年か前から使っている山葡萄もまだまだ若い感がありますし、年月とともにどんなふうに枯れていくのか、いろいろなものが楽しみです。以前、50年程使った籠を職人さんから見せて頂いて、黒光りするその美しさに憧れましたが、こればかりはあまりにも長期スパンでこちらの寿命がどうにも難しい…娘にあとを任せて二代かけて育てれば、少しはあの色に近づけるのかもしれません。

梅雨入りした途端にすとんと下がった気温、全く油断なりませんね。
皆さま、どうぞしっかりと体調管理なさって、お元気でお過ごしくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
松原輿七作 玉藍染 古代小紋 紋紗 よろけ縞に千鳥の図 でございます。
続いて左奥から、
八重山上布 九寸名古屋帯
洛風林製 夏 名古屋帯 支子色 花文
しな布 八寸名古屋帯 藍格子
龍村平蔵製 紗 本袋帯 銘「青楓文」
でございます。

松原輿七作 玉藍染 古代小紋 紋紗 よろけ縞に千鳥の図

絽 繍一ッ紋 付下げ 絹鼠色 桔梗の図

清染居製 小紋 薄鈍色 抽象文

本場夏大島紬 亜麻色 十に田の字 幾何絣

本場越後上布 八寸名古屋帯

上原美智子作 あけずば織 二部式名古屋帯

薄もの 羽織 灰梅色 刺繍 可憐な草花

今回は、着物5点、帯9点、はおりもの1点、計15点をご紹介いたします。

銀座店は本日18時まで営業しております。感染症対策に万全を期しておりますので、お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。