あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

イベント情報

浴衣フェア始まります(6/10より)

東京もはや梅雨入り。色濃く茂る木々を見上げて、近づく夏を思うこの頃です。
そろそろ浴衣に袖を通したい季節、銀座きもの青木 にも素敵な浴衣が入荷いたします。

どこか懐かしさを誘う大らかな絞り、木綿着物 の感覚でお楽しみ頂ける奥州紬、切れ味良い長板中形、すっきり爽やかな藍白の綿コーマ、夏きもの風味の綿紅梅…
色柄や素材も様々に取り揃えております。

合わせる帯も紗献上や麻の八寸、大人の半幅やミンサー、季節の染め帯まで幅広くお選び頂けます。

2年続いた自粛の夏、今年も朝顔まつりや大きな花火大会が再開されるまでには至りませんでしたが、あちこちで街の賑わいは戻りつつありますね。普段着から軽い街着まで様々にお楽しみ頂ける浴衣、用途に合わせて選んで頂けるラインナップでご紹介いたします。

今週金曜日(6月10日)より店舗、オンラインショップにてご覧いただけます。
この夏の一枚を探しに、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

ゆかたのコーディネートや着こなしに関しては、過去のコラムでご紹介しておりますので、どうぞご参照くださいませ。

きものコーディネート講座vol.3:この夏は「ゆかた」の一歩先を目指して。

浴衣フェアは6月10日(金)より販売開始いたします。

銀座店では当日11時~、オンラインショップでは15時~ご覧いただけます。
浴衣30点、夏帯、半幅帯も多数ご用意しております。
銀座店では、ゆかたに合わせたい小物類も様々にご用意しておりますのでお近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

★浴衣フェア商品一覧を見る

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (6/3)

いよいよ六月に入りました。紫陽花も咲き始めて、梅雨入りも間近の気配。

季節の歩みは楽しみなものですが、こればかりはできるだけ急がずにとお願いしたいところですね。

 

【着物3496】夏小紋 淡い紅碧色 柳に燕の図

【帯4327】上原美智子作 あけずば織 九寸名古屋帯 立涌濃淡多色縞

 

【着物3490】本場夏塩沢 黒色 大小丸文 (反端 証紙付)

 

【着物3492】絽 道中着 熨斗目花色 巻物に短冊の図 (畳紙付)

 

次回は来週6月10日 (金) に更新予定です。

衣替えの六月。とはいえ、この気温では大手を振って単衣というよりも、薄ものもそろそろ解禁という区切りで良さそうですね。五月半ばからのひと月ほどは久しぶりにいろいろな予定が入っておりまして、ずっと箪笥に待機中だった柔らかものの単衣にもようやく出番が回ってきています。30度に届きそうな暑さですから当然ながら、先週も劇場でお見かけした着物の方は皆さま単衣をお召しだった模様。五月の単衣は帯や小物合わせにちょっとだけ悩みますが、それもまた楽しいものですね。入梅まであと僅か、お願いだから週末は降らないでと雨女は祈るばかりです。
私以外は皆若めで元気な事務所スタッフの間では、数年ぶりにオープンエアのビアガーデンに浴衣で!という話題も出ているようです。夜風に当たりながら浴衣でビール、きっと最高に気持ち良いでしょう…そんなこんなの夏ならではの素敵なイベント、ようやく今年は少しずつでも戻ってきてくれるような感がありますね。きもの青木でも、今月から本格的に薄ものや浴衣のご紹介が始まります。お気に入りの着物や帯と一緒ならば、楽しいご予定もより心弾むものとなるはず。とっておきの一枚を用意して、準備万端で久々の夏らしい夏を迎えたいですね。

暑さから一転、思わぬ涼しさにも体調を崩しがちな季節です。
皆さま、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
本場夏塩沢 黒色 大小丸文 でございます。
続いて左奥から、
国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯
上原美智子作 あけずば織 九寸名古屋帯 立涌濃淡多色縞
本紅型 麻地名古屋帯 薄縹色 松竹梅に鳥模様
夏袋帯 淡い湊鼠色 刺繍 花鳥文など
でございます。

上原美智子作 あけずば織 九寸名古屋帯 立涌濃淡多色縞

国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯

本紅型 染名古屋帯 象牙色 芭蕉の花葉

本紅型 麻地名古屋帯 薄縹色 松竹梅に鳥模様

夏小紋 淡い紅碧色 柳に燕の図

単衣 千總製 染一ッ紋 付下げ 薊の図

絽 道中着 熨斗目花色 巻物に短冊の図

今回は、着物6点、帯8点、羽織もの1点、計15点をご紹介いたします。

銀座店は本日18時まで営業しております。感染症対策に万全を期しておりますので、お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

向暑の候、日中は汗ばむ陽気になってまいりましたね。
個人的には花粉症のシーズンが一段落し、やっと自由に外の空気を吸えるようになりました。

先日、久しぶりにゆっくりと散歩したところ、縁起が良いとされる金宝樹(ブラシノキ)に遭遇しました。

その名の通り、”金”と”宝”の樹木ということで、金運を運んでくれ家が栄えるという、何ともおめでたい木なのです。皆さまも是非ご覧くださいませ。

5月も残すところ数日となりましたね。
6月と言えば「衣替え」ですが、銀座店の暖簾もすっかり涼やかな印象に変わりました。

当店看板娘の青子さんにも、爽やかなミント系の単衣に軽やかな紗紬の帯を合わせてみました。

衣装が替われば、次はお出かけ用のバッグでしょうか?
”お洒落は足元から”と言われますので、履物にも気を配りたいですよね。 最近ではコロナの制限も緩やかになり、バッグや草履をお探しの方が多いように感じられます。

ご用途に合わせて、おすすめ品を選んでみましたので、ご紹介させてください。

*季節感を盛り上げてくれる籠バッグ&カフェ草履 プリンセス

左:バッグ(G-1160)草履(G-1686
右:バッグ(G-909)草履(G-1684

胡桃や山葡萄の籠バッグは、まずはお気に入りのひとつを手に入れたいですね。
「一度履くと他は履けなくなる」とまで言われる菱屋カレンブロッソのカフェ草履。 こちらはその中でも見た目が紬のような生地感で、カジュアルな装いにおすすめのプリンセスです。

*涼やかな印象のバッグ&カフェ草履 牛革型押し

左:バッグ(G-1902)草履(G-1691
右:バッグ(店頭限定 P3-97)草履(G-1690

見た目が涼やかですと、より美しさが引き立つと言われる着物の世界!こちらのバッグにはガード加工が施されていますので、移り気なお天気のこれからのシーズンにも嬉しいですね。

カフェ草履は底から水が入らない構造で、濡れた路面を歩いたときに水滴で着物の裾を濡らさないよう、かかとが斜めにカットされているという優れものなのです。

*お茶会にぴったりな利休バッグ&カフェ草履 オトナエナメル

左:バッグ(G-589)草履(G-1678
右:バッグ(店頭限定 P3-59)草履(G-1679

最近はお茶会もよく開催されているようで、利休バッグをお探しの方がご来店くださります。 籠バッグと同じく定番だからこそ、こちらもお気に入りのひとつを手に入れたいところです。 カフェ草履の優れた機能はそのままに、小紋からセミフォーマルにまでお使いいただけるオトナエナメルも人気です。

きもの青木 では、ただ今カレンブロッソの商品が入荷したばかり。
種類やサイズも揃っています。夏向きの新商品もございますので、ぜひ店頭にてご覧くださいませ。

*改まったシーンで活躍してくれるフォーマルバッグ&ウェーブ草履

左:バッグ(G-1850)草履(店頭限定 P3-06)
右:バッグ(G-1854)草履(G-1708

6月と言えばもう一つ、”ジューンブライド”ですよね。 改まったお席や急なお呼ばれにも、特別感のあるバッグを持っていると安心です。

カレンブロッソとはまた違う魅力で、立ち姿が美しいとされるウェーブの草履もおすすめです。

いつもお馴染みのコーディネートにも、新しいバッグや草履をプラスするだけで不思議と気分が盛り上がりませんか?

お着物や帯は譲り受けたものや戴きものでも、合わせるアイテム次第でグッと雰囲気が変わると思います。

東京の梅雨入りは6月上旬頃とのこと…お出かけするにも腰が重くなりそうですが、只今銀座店では店頭限定のアイテムもいろいろとご用意しております。是非お立ち寄りいただき、お気に入りの一品を見つけてくださいね。

夏へと向かう季節の変わり目ですので、お身体には十分お気をつけ下さいませ。

力強いビワの葉の中に鮮やかな花々が映えます

銀座店スタッフ 安藤

※ブログ内でご紹介させていただきました商品は一点ものが多いため、すでに販売済の場合もございますのでその旨ご了承くださいませ。

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (5/27)

やっと五月らしい気持ちの良いお天気が続いていましたが、またしばらくは晴れたり降ったり落ち着かない予報。

来週はもう六月、湿った空気と共に漂うくちなしの甘い香りが梅雨の記憶を呼び起こします。

 

【着物3483】夏塩沢 白色 蚊絣 (反端 証紙付)                       

【帯4316】しな布 八寸名古屋帯 藍型染 菊唐草文   

 

【着物3487】絽 繍一ッ紋付下げ 灰青色 秋草に虫籠の図

【着物3485】松島由美作 本加賀友禅 紋紗 道中着「草露」(落款入 反端 証紙付)                                      

 

【着物3489】白山工房製 本場夏牛首紬地 小紋 鈍色 雪輪文 (落款入 証紙付)                                  

【帯4319】日本工芸会正会員 湯本エリ子作 夏紬地 染名古屋帯 (落款入 反端付 紙札付)                   

 

次回は来週6月3日 (金) に更新予定です。

五月も終わりに近づいて、行きつ戻りつしていた季節もまた一歩夏へと進んできたようですね。

皆さま、とうに単衣をお召しと思いますが、素材によってはそろそろ浴衣も仲間入りできそうです。

薄ものといっても透け感や質感は千差万別、単衣寄りのものから流石に盛夏以外は難しいものまで様々です。例えば夏大島や夏塩沢など同じ夏紬でも薄さや張りが微妙に異なりますし、色によって雰囲気が変わります。基本的に襦袢が透け透けの印象でなければ、六月に入りましたらこの辺りも許容範囲ですね。

帯も芭蕉や上布素材でも盛夏には芯の入らない八寸がやはり涼しくて、芯の入った九寸ならば五月くらいからどんどん出番を増やしたいところです。初夏の30度超えがこんなにも当たり前になってしまった昨今ですが、大好きな夏素材の活躍の場が増えたと思えばまあ仕方あるまいともなりますね。

TPOの基本だけ押さえておいて、あとはご自身の感覚で好きなものを好きなときに。いよいよ本格的な夏着物のシーズンです。

気圧の上下にも振り回される毎日です。
皆さま、体調管理にお気をつけて、どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけますのでご紹介いたします。

衣桁にディスプレイされている着物は、
本場夏琉球絣 消炭色 細縞と横段に幾何絣 でございます。
続いて左奥から、
澤田麻衣子作 夏紬地 型絵染 名古屋帯「カンパニュラ」
絽綴八寸名古屋帯 刺繍 流水に鯉の図
日本工芸会正会員 湯本エリ子作 夏紬地 染名古屋帯
龍村平蔵製 紗 本袋帯 銘「瓔珞手兎錦」
でございます。

白山工房製 本場夏牛首紬地 小紋 鈍色 雪輪文

絽 繍一ッ紋付下げ 灰青色 秋草に虫籠の図

単衣 付下げ 潤色 鉄線の図

夏塩沢 白色 蚊絣

しな布 八寸名古屋帯 藍型染 菊唐草文

澤田麻衣子作 夏紬地 型絵染 名古屋帯「カンパニュラ」

松島由美作 本加賀友禅 紋紗 道中着「草露」

今回は、着物6点、帯8点、羽織もの1点、計15点をご紹介いたします。

銀座店は本日18時まで営業しております。感染症対策に万全を期しておりますので、お近くに御用の際はどうぞお立ち寄りくださいませ。