あおきDIARY

きもの青木からお伝えしたいこと、
新しく届いた着物や帯のお知らせ、
ときどき急ぎのご連絡

平素 きもの青木 のオンラインショップをご利用いただきましてありがとうございます。
この度新たな検索機能として、着物や帯を「色から検索する」ことが可能になりました。商品をお探しの際はもちろん、コーディネートの参考などにもどうぞご活用くださいませ。

「色から選ぶ」のページはコチラからどうぞ。

銀座店

木綿着物の楽しみ

熱風の中にも秋の気配を感じ、暑さに負けて着続けておりました夏物から、そろそろ単衣に切り替えようかしら、とようやく体が頭に追いついてまいりました。

お店のお花にも栗の枝が入り、秋の気分を盛り上げてくれます。

ですがやはり外は蒸し暑い!カラリとした秋の日にはまだほど遠いようです。
急な雨も心配です... さて何を着ようかな?とつらつら考えまして、木綿の着物に思い至りました。

一面に織りだされました絵絣には、縞や格子などの帯で合わせていただきますと、すっきりとお召しいただけそうです。

シンプルな細縞にはいろいろな帯を合わせて楽しんでいただけます。
紬地に辻が花が染められた優しい雰囲気の帯との組み合わせは、お友達やご家族とのランチなどにもピッタリです。

今年はお集まりなどが少ないせいでしょうか、気軽なお出かけに...と、ざっくりとした風合いのお品に注目が集まっております。
木綿着物はなかなかご紹介できる数が少ないのですが、お目に留まったお品などございましたら、ぜひお手に取られてご覧くださいませ。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

銀座店スタッフ もり

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (9/11)


あっという間に九月も十日を過ぎて、相変わらずの暑さではありますが、すっかり日が落ちる時間が早くなりました。

続けざまに大きな台風が通っていきましたが、この後は静かに季節が移っていってくれると良いですね。


【着物2921】浦野理一作 経節紬 無地/【帯3559】浦野理一作 縮緬地 染名古屋帯 花に蝶

 

【着物2927】伊兵衛織 単衣着物

 

【着物2924】銀座志ま亀製 小紋 抹茶色 市松文/【帯3553】銀座志ま亀製 塩瀬地染名古屋帯

 

次回は来週更新予定です。


長期間学校にも行けず、外出も控えて鬱々とした日々が続いていた娘が、ちょっと空が広い場所に行きたい!と申しましてふと思い立ち、隅田川のサンセットクルーズというものに乗ってみました。横浜辺りの水上バスは以前利用したことがありましたが、こちらは初めて。ちょうど日暮れどきからの一時間半ほど、川から眺める東京を楽しんでまいりました。日本橋から様々な橋の下をくぐりながら隅田川を遡っていくコース。ガイドさんの丁寧な説明を聞きながら夕暮れと共に少しずつライトアップされていく景色を眺める…なかなかの非日常感があり、とてもわくわくいたしました。定員50人弱の船に乗客は10人程でソーシャルディスタンスも充分。屋根も窓もありませんので川面を渡る強めの風にずっと吹かれており、実に安心です。小ぶりの船だからこそ実感できる隅田川の広さ、空の大きさにすっかり心洗われて、この日は久々に安眠できました。


朝夕は大分しのぎやすくなってまいりましたが、

まだしばらくは酷暑が続きそうですね。
皆さま、どうぞくれぐれも体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

明日のオンラインショップ公開に先駆けて、あおきセレクション新着の品々を、本日11時より店頭にてご覧いただけます。

衣桁にディスプレイされている着物は、大彦製 染五ッ紋 黒留袖 でございます。
続いて左から、
人間国宝 北村武資作 袋帯「飾織紋」(桐箱入)
銀座志ま亀製 塩瀬地染名古屋帯
西陣 帯屋捨松製 袋帯「瑞鳥丸紋」
でございます。

琉球花織 名古屋帯

紬地 絞染め名古屋帯

屋冨祖幸子作 本紅型 名古屋帯

浦野理一作 縮緬地 染名古屋帯

本場黄八丈 八寸名古屋帯

伊兵衛織 単衣 着物

白山工房製 本場牛首紬地 小紋

今回は 着物7点、帯8点、計15点のご紹介です。ぜひご覧くださいませ。

きもの青木WEB制作チームでは、オンラインショップに「色味から着物や帯を選ぶ」という新たなページの公開準備を進めています。いよいよ今月中には皆さまにご紹介できるのではないかと目処がたって参りました。ただ、着物や帯は一括りに〇〇色です、との表現が難しく、グラデーションや複雑な色味など、グルーピングにはとても難航いたしました。光やトーン、またお一人お一人の感じ方によっても色の捉え方は様々ですね。商品をお探しになる際の参考にお気軽にご活用いただければと思います。公開の際は改めてブログ等でご案内させていただきますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

銀座店では販売スタッフ欠員に伴い、新しく一緒に働いてくださる人員を募集しております。詳細はコチラの求人ページをご覧ください。
店内は引き続き感染予防対策に務め営業しておりますので、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

皆さま、暑すぎた夏も終わりを告げましたが、いかがお過ごしですか。

銀座の街並みを見ていると、日が陰るのが早くなり、蒸し暑さの中にも少しづつ秋がそこまでやって来ているのを感じます。
今週のお花も芒とともに、優しいうす紫の色合いのポンポン菊が店内に秋らしい風情を添えています。

本日は、お着物のコーディネートを仕上げる大事なアイテムの一つ、人気の帯締めのご紹介です。

インスタでもおなじみの美しい色合いの艷やかなぼかしの平組、京都衿秀さんのお品です。通年、カジュアルにも、フォーマルな装いにもお使いいただけて、ピッタリ決まるのでとても便利な一本です。

冠組とはまた違った表情が出ますので、着こなしの幅が広がると思います。
只今、お色も充実していますので、お好みの一本をお手元にいかがでしょうか。

一点一点、とても魅力的ですね!

こちらは、青木オリジナルカラーです。

お好みのお色はございましたでしょうか?

帯まわりの小物は着姿の印象を全く別のものにしてしまうほど効果的です。
コーディネイトの楽しみを倍増してくれること間違いないアイテムですから、お手持ちにひと色加えていただくのもよろしいかと。

このようなフォーマルな織りの帯にも、とてもマッチします。

粋で大人っぽい雰囲気がお好きな方にも、この艷やかなグラデーションはお気に召していただけると思います。

華やかな訪問着に白と金で織りだされた袋帯のコーディネイト、どんなお色の帯締めにいたしましょうか...?

帯締めも揃ってまいりましたが、いよいよ秋を迎え銀座店にも日々素敵なお品が入荷しております。
皆さまがお気に入りのお品と出会えるイメージを描きワクワクしながら、ご来店をスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

銀座店 H

セレクション情報

HPあおきセレクション更新のお知らせ (9/4)

九月に入って一段と秋めいてきたと思っていたら、早速台風の洗礼です。

ここ数年の台風の規模は尋常ではなくなってきていますね。どうぞ大きな被害が出ませんように…

 

【着物2920】銀座志ま亀製 小紋 虹色 梅花菊花の丸文 /【帯3545】人間国宝 喜多川俵二作 織名古屋帯

 

【着物2914】千總製 訪問着 錫色暈かしに風景文

 

【着物2917】丹波布 白茶色 格子文 /【帯3551】浦野理一作 紬地染名古屋帯 藍色 竹に雀の図

 

次回は来週更新予定です。

毎朝通る道の脇に小さい土手のような場所があり、金網のフェンスに遮られてはいるものの、四季折々の草花が元気に生えていて、小さな楽しみでもありました。夏には朝顔が網に絡んで、たくさんの花を咲かせていましたが、この春に多分除草剤が使われたのでしょう、ある日を境に雑草一本は生えない殺風景な姿になってしまいました。確かに草取りは大変かもしれませんが、駐車場ですからそこまでしなくても…とがっかりしていたのですが、この週明けにふと見ましたら朝顔の双葉が5本ほど顔を出していました。スギナも数本、クローバーも一群れ…種のまま、根っこだけで、じっと我慢していたのだと思います。せめて朝顔の花が咲くまではそっとしておいてくれないものかと願いつつ、やっと本葉がでてきたばかりの小さな姿を眺めています。


9号に続いて10号が近づいています。進路にあたる地域の方々、
どうぞくれぐれもお気をつけて下さいませ。