銀座【着物2464】千總製 染一ッ紋 絽訪問着 黒色 風景文 (落款入・しつけ付)

白の襦袢を仄かに透かす黒の絽が、一層の涼やかさを運ぶ夏の訪問着です。白あげの波や霞、雲取りと共に草木と共に楼閣などの風景が繊細に表現された正統派古典意匠のお品、黒地から細い糸目に囲まれてすっと浮かび上がる優しい淡彩が女性らしい上品な華を運びます。こちらは京友禅の老舗・千總さんの作。千總さんらしい典雅で格調高い景色はどのような場面でも気品豊かに着る人を引き立ててくれることと思います。どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2463】本場牛首紬地 単衣小紋 大雪輪文 (証紙付)

練色の地に空五倍子色や老竹色で大雪輪の弧を配した小紋です。さらさらと描かれた繊細なモチーフはたおやかな植物のようにも映り、穏やかな色遣いで表現された優しい景色が清々しいですね。こちらは白山工房さんの本場牛首紬を染め下地に用いたお品。玉繭からのべ引きした糸を用い、手機で丹念に織られる牛首紬は、小さな節があちこちに顔をのぞかせる表情豊かな織物です。釘抜きとも呼ばれる堅牢さを備えており、また程良い張りのある軽くしなやかな風合いは、着心地の良さでも定評があり、単衣でお召し頂けばその極上の質感をよりはっきりと実感頂けることと思います。シンプルモダンな一枚、帯合わせも幅広く様々な場面でお楽しみ下さいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2462】単衣 本場大島紬 白色 市松文 (証紙付)

温かみのある優しい白を背景に極細かな絣で市松暈かし、重ねて緩やかにうねる細いラインを配した本場白大島紬の単衣着物です。定番とも言える市松文ですが、絣の粗密で僅かな濃淡暈かしを置き、一部に曲線が加わることで景色にエレガントな動きが生まれていますね。柔らかい絹の光沢が美しい滑らかな地風ですのでドレッシーな染め帯から工芸色豊かな織りの帯、また少し格のある洒落袋など合わせる帯も幅広くお楽しみ頂けます。薄手で軽く適度な張りのある大島は単衣でも裾捌きが良く、快適な着心地をお楽しみ頂けます。陽差し強まるこれからの季節にはとりわけ爽やかに映える白大島、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2461】人間国宝 小宮康孝作 単衣 江戸小紋 (落款入・西武扱い・しつけ付)

現三代目康正さんも続いて人間国宝として活躍なさる小宮家の先代・小宮康孝さんの作品から、落ち着いた青藍色に極小の珠が敷き詰められた単衣の江戸小紋です。地落ちのかたちで表現されたのは光琳の梅、愛らしくてどこか微笑ましいモチーフにほっと心和みますね。もちろん帯合わせも自在でお出かけから少し改まったお席まで、単衣時期を通して様々な場面で活躍してくれることと思います。裾や袂にちらりとのぞく裏面にはシンプルな遠山文が配された両面染め、隅々まで心配られた江戸小紋の逸品です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2460】紋紗 道中着 薄鼠色 流水に花筏

淡いグレイの紋紗の地に、牡丹や笹・楓などをのせた花筏が散らされた絵羽模様の道中着です。透け感と共に繊細な地紋がほんのりと浮かび上がるお品、薄物ならではの風情ある景色が装いに涼を運びますね。防寒としての羽織りものが不要の時期も、外出の際の塵よけコートは用意しておきたいもの。控えめで上品な色柄ですので出先や合わせる着物を選びません。この機会にどうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2459】京都しょうざん製 生紬地 単衣訪問着 (証紙付)

榛色と憲法黒茶色で大きく別けた生紬の地に、雲取りや霞取りと共に折々の花木や風景を細やかに配した単衣の訪問着です。こちらは「京都しょうざん」さんのお品、上州赤城山麓産の座繰りで引いた玉繭糸を経緯に使用したさらりとして張りのある生紬は、こちらの代名詞のような特徴ある素材で、とりわけ単衣時期にはその爽やかな質感が心地良いことと思います。古典的な意匠を独特の素材感とシックな色でモダンに表現したお品、気軽な社交着として様々な場面でお楽しみ下さいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る