銀座【着物2194】沖縄県指定無形文化財 八重山上布 亜麻色 縞に絣

沖縄の石垣島で織られる八重山上布は、古くから貢納布制度によって磨かれた技術から生まれる爽やかな麻織物です。白上布の名の通り、かつては白地に紅露捺染の絣を指しましたが、近年は島に自生する草木を用いた色上布の復元に始まる新しい流れから、表現の幅も大きく広がっています。こちらはナチュラルな亜麻色の地に赤茶と藍で縞・絣を織り出した着物。八重山らしいベイシックな色を用いていますが、背景に少し色が入ることでぐっと印象が新しくなっていますね。宮古上布に比べますとやや太めの糸遣いから生まれる、カジュアルな趣きも八重山上布の魅力。さっくりとした野趣ある織り味や強めの張りは肌に付かず、涼しく風を通し、厳しい暑さからも着る人を守ってくれることと思います。糸作りが難儀な織物の生産が激減している昨今、八重山上布も例外ではありません。お探しの方、どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2193】訪問着 紋絽地 蘭の図 (西武扱い)

半色が近いでしょうか、淡い藤色の紋絽地に水柿色や紺鼠色の暈かしを大胆に配し、優雅な蘭の花を配した華やかな夏の訪問着です。秋草の模様や絽目が織り込まれた美しい地紋も夏衣ならではの風情を運ぶお品、白い襦袢と重なることで、身体の動きや光の加減で薄布がほんのりと透ける様子もとても綺麗ですね。秋草などどちらかと言えば静かなモチーフが用いられることの多い夏衣ですが、都会の夜のパーティなどには、こちらのように生命力に満ちた洋の花もとても新鮮です。夏の社交着をお探しの方、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2192】絽付下げ 薄い白緑色 ヤマボウシの図 (新品・しつけ付)

極薄い白緑色の乱絽の地に、清楚なヤマボウシの花が描かれた夏の付下げです。ほっそりと銀彩で縁取られた花葉は、まるで朝露に濡れているかのような瑞々しさですね。七月頃に花開くヤマボウシ、夏の初めの風情を楽しむ贅沢な装いとして、お出かけやお呼ばれに活躍してくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る