銀座【着物1878】絽付下げ 薄梅鼠色 鉄線の図 (新品・未使用)

薄梅鼠色が近いでしょうか、仄かに灰みがかった淡いピンク系の絽地に、鉄線の花を丸文のように配した夏の付下げです。優しいお色目をすっきりと引き締める鮮やかな青や紫が清々しいお品、細く添えられた銀彩の煌めきも涼を誘いますね。着物らしい華を備えながらも一歩控えた柄ゆきが好ましく、観劇やお食事会からお茶の席、パーティなど様々な場面でお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1877】竪絽紬地訪問着 疋田大雪輪文

竪に絽目、緯に節が走る繊細な夏紬地の訪問着です。こちらは黒地に染の疋田で大雪輪文が配されたお品、青鈍から茶鼠、潤色と僅かに変化を持たせた雪輪の渋みある色の重なりが、景色に奥行きを作ります。淡い地色部分に所々僅かな茶棉が顔をのぞかせていますが、ぜんまい棉もさりげなく織り込まれているようですね。シンプルモダンな構図は凜とした存在感を見せながらも合わせる帯を選びません。夏のお出かけやちょっとしたお呼ばれに、気軽にお召し頂ける一枚と思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1876】新田工房製 竪絽紬「薫風」(端布付)

紅花を始めとする草木染めの上質な紬の織り元・米沢の新田工房さんの夏紬です。こちらは珍しい竪絽風のお品、細くしっかりとした強撚糸が用いられており、織りによる透け感に加えて縮みのようなしゃり 感のある地風がとても魅力的です。黒橡色と榛色の細縞と竪絽が重なる枯れた景色は帯合わせも自在、糸味が楽しい夏素材の八寸や季節の風情を運ぶ染め帯などを合わせて、きりりとして涼やかな夏姿をお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1875】東郷織物製 本場夏大島紬 青磁鼠色 微塵格子 (証紙付)

薩摩絣で名高い東郷織物さんは、上質で洗練された大島紬や夏大島でも定評がありますね。夏の大島紬は撚りの強い絹糸で程良い隙間を空けて織り上げられており、風を通し、さらりとして肌に付かない爽やかな風合いが心地良い着物です。こちらは青磁鼠色が近いでしょうか、淡いグリーン系のお色目が実に清々しいお品、細かな格子文に品の良いカジュアル感が光る夏衣です。本場ものの夏大島はとても稀少になってしまいました。帯合わせも幅広くお楽しみ頂ける涼やかな一枚、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2117】紗袋帯 灰色 紫陽花の図 

落ち着いたグレイの紗を背景に、灰青や鳩羽鼠・亜麻色などを用いて大らかに花葉を配した夏の袋帯です。花の様子は紫陽花にも見えますが、じっくり眺めればガマズミのようでもあり…意匠化されていますので花の時季にさほど拘らずにお使い頂けそうです。シックな色遣いも相俟って、小さな花の集合体や力強い葉が涼やかでモダンな雰囲気をつくるお品、ドレッシーな織りから絽や紗の小紋などに合わせて、洗練された色柄から生まれる、上品な洒落みをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2116】西陣 渡文製 洒落袋帯「波衣」

西陣の老舗機屋・渡文さんの洒落袋帯です。こちらは「波衣」、結城紬と同じ技法でつむいだ紬糸を使用して、柘植櫛を用い櫛掻きで織り上げた手織りの逸品。渡文さんを代表する商品として定評あるお品で すね。緩やかなカーブを描く金糸のラインを境に赤墨色と白橡色にすっきりと場を別けたシンプルな構成ですが、独特の糸味と漣のような織りの表情が大きな存在感を見せています。薄手で程良い張りがあり ますのでとても締めやすく、真夏以外一年を通じてお使い頂ける上に、裏面もシンプルな柄置きがされたリバーシブルですので、旅行の際などにも重宝頂けそうですね。ドレッシーな紬や小紋などデイリーな装 いにさらりと合わせて、上質感のある大人の着こなしをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る