銀座【帯2096】変わり絽地 染名古屋帯 練色 ホオズキの図 (錦や扱い) 

繊細な変わり絽の地に、網鬼灯が描かれた染めの名古屋帯です。熟したホオズキの袋状の萼は、風雨に晒されると朽ちて葉脈だけが残り、細かい網状の繊維から朱色の果実が透けて見える姿を網ホオズキと呼びます。朱赤や鮮やかな緑の生き生きとしたホオズキの姿とはまた異なる、侘びた風情が趣深いですね。こちらは人形町・錦やさんのお品、一歩控えた江戸好みの着物や帯には定評があり、梨園のお客さまも多い名店です。柔らかな白と落ち着いた朱、そして金彩が創る気品ある景色には、やははり老舗ならではの洗練を感じます。夏から初秋にかけての装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2095】こぎん刺し 八寸名古屋帯

藍地に白糸による端正な幾何文様が美しい、こぎん刺しの八寸名古屋帯です。あおきでは弘前こぎん研究所さんの麻地に木綿糸で刺した名古屋帯を定番としてご紹介いたしておりますが、こちらは絹地に絹糸で刺した八寸。こぎん刺し本来の素朴さからは少し離れますが、絹素材独特の光沢感や赤をアクセントに効かせた洗練された景色には、また趣きの異なる魅力が感じられます。芯の入らない八寸ですので、紬や小紋などに合わせて、袷から単衣時期に気軽にお使い頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2094】日本工芸会正会員 市瀬史朗作 塩瀬地染名古屋帯 藍白色 楓の図

藍白色が近いでしょうか、僅かに青みを溶かしたような極淡いグレイの塩瀬地に一枝の楓が配された染め帯です。きりりとした藍の色を優しい絞りの描線が程良く和らげる、清涼な印象のお品。繊細で確かな友禅の線と大らかな絞りの線、対照的な技法を用いた表現は、辻が花に通じ双方に熟練の技術を有する作り手ならではの趣深い景色ですね。現在、日本工芸会等で活躍なさる絞り染作家さんは、殆どの方が小倉建亮さんに師事なさっておいでですが、こちらの帯の作り手である市瀬史朗さんもその一人。残念ながらお二方とも既に故人となられていますが、その作品を今もこうして手に取ることができるのは、とても幸せなことと思います。紬や小紋などの装いに合わせて、気品香る装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2093】絽綴袋帯 練色 紫陽花の図

柔らかいオフホワイトの地に梅鼠色の場を取り、金銀糸で楚々とした額紫陽花の枝が表現された、絽綴れの袋帯です。夏らしい清涼感のある色柄に、燦めく金銀糸が格調高い華を添えています。しっかりとした地風の上質な絽綴れはめっきり少なくなっってしまいましたが、こちらは打ち込み良くかちりと目の詰まった織り味が好ましい佳品。格高小紋から訪問着などの装いに季節の風情を添えて、爽やかに引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2092】生紬地染名古屋帯 墨色 ジャワ更紗 花獣文

穏やかな色味の黒の生紬地に、大らかな花や愛らしい動物の姿が描かれた、手描きのジャワ更紗名古屋帯です。細い口から蝋を出すチャンティンという道具を用いて精緻な模様を描き出すジャワ更紗は、インド更紗などと同様に趣味性の高い帯として愛好されていますね。本来は木綿を染め下地に使いますが、こちらは上質な生紬を使い帯地用としてつくられたもの。丁寧な仕事と洗練された色柄が光る、魅力あふれる洒落帯です。オールドバティック系の布を用いた帯はとても味わい深いものですが、やはり木綿であることや布の状態で着用場面を選びます。そのような気遣い無く、本物の更紗の美しさを存分にお楽しみ頂けるお品、夏紬や上布、小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2090】西陣 河合美術織物製 紗袋帯 紫鼠色 芒に蝶の図  

フォーマル帯を中心とした質の高いものづくりで知られる西陣の名門・河合美術織物さんの夏帯です。こちらは灰みの強いシックな紫系の紗に、芒に遊ぶ蝶の姿を表現した風情豊かな袋帯。透け感の強い紗の裏側からも揺らめく細い金糸の輝きが、景色に動きと奥行きを創る優雅な表情のお品です。蝶にのせたほんのり甘い彩りも、女性らしい上品な可愛らしさを感じさせますね。盛夏の改まった装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る