銀座【帯1929】曽根武勇作 西陣織 袋帯 (落款入)

公家装束の製織などを担ってきた西陣の高度な技術を今に伝える伝統工芸士・曽根武勇さんの作品です。こちらは砂色、利休茶、芥子色が近いでしょうか、淡彩ながら重厚な趣きの色を用い、非常に複雑な幾何文様が精緻な織技で表現されています。金糸の入らない静かな景色ながら、光に揺れる見事な絹の光沢は華やかなお席にも充分対応できる力を備えており、確かな仕事によってのみ引き出される絹そのものの輝きを教えてくれます。薄手でしなやかな締め心地のお品、ドレッシーな織りから訪問着まで、幅広い装いを典雅に引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1928】龍村晋作 傳匠名錦 「如源列仙遊楽錦」袋帯

初代龍村平蔵さんの三男・龍村晋さんの「如源列仙遊楽錦」袋帯です。父平蔵さんの下で学び培った技術や感性を新たなかたちに結実させた「傳匠名錦」シリーズで良く知られるこの方の作品は、龍村の芸術性に加え、実用性も兼ね備えた帯として高い評価を受けています。こちらは漆の手法である堆朱や堆黒の景色を織りで見事に表現したお品。漆を塗った和紙を箔糸として折り込み、様々な割付文を背景に仙郷に遊ぶ仙人達の姿が細やかに表現されています。地紅堆黒仙遊図文錦として初代平蔵さんの作品としても名高い重厚感あふれる意匠、堂々たる後姿を創り出す逸品です。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1927】西陣 河合美術織物製 袋帯 黒色 松竹梅

深い黒を背景に清々しい白と金を用いて松竹梅が表現された袋帯です。晴れやかなモチーフが刺繍のようにふっくらと浮かび上がる唐織ならではの景色は、フォーマルなお席の装いをしっかりと受け止め、重厚に引き立てててくれることと思います。こちらは唐織を中心とした質の高いものづくりで知られる西陣の名門・河合美術織物さんのお品、正統派古典意匠ならではの格調ある美しさは合わせる着物やお使いになる方を問わず、様々な場面でご愛用頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1926】本袋帯「天平狩猟文」

浅黄色が近いでしょうか、明るい薄黄色系の地に正倉院御物由来の花鳥や狩猟文が細やかに織り出された袋帯です。柔らかみのある地色に綺麗な挿し色がすっきりと映えて、格調ある意匠に女性らしい上品な甘さが添えられています。ドレッシーな紬から小紋、軽めの付下げなどの装いに、朗らかな春の気配を運んでくれそうですね。上質な糸を用い緻密に織り上げられた締め心地の良い本袋帯、西陣の確かな機によるものと思われます。どうぞこの機会にお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1925】人間国宝 北村武資作 袋帯

長年西陣で古代の織物の研究を重ね、培った高度な技術を以て羅や経錦などの上代裂を今の時代に蘇らせたことで知られる、人間国宝・北村武資さんの袋帯です。こちらは浅蘇芳色が近いでしょうか、こっくりと深みのある美しい地色に白と金で表現された花文が清々しく映えるお品、色漆の箔糸が放つマットな光沢がピンクという色のモダンな表情を引き出し、この方らしい洗練を極めた美のかたちを表現しています。ドレッシーな織りから訪問着など幅広い装いに合わせて、北村さんならではの典雅な世界をお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1924】銀座志ま亀製 縮緬地染名古屋帯 憲法黒茶色 辛夷の図 (畳紙付)

憲法黒茶色が近いでしょうか、黒みを帯びた深い焦茶の縮緬地に一枝の辛夷が丁寧に描かれた名古屋帯です。空間の色が生きる端正な構図に細い金彩がきりりと映えるお品、寒さはこれからが本番ですが、高々と空へ向かって咲く可憐な花の姿は、装いにいち早く春を呼び込んでくれそうですね。深みのある彩りを用いた格調豊かな着物や帯で定評ある銀座志ま亀さんのお品、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る