銀座【帯2080】西陣 まいづる製 唐紗 袋帯 杜若の図

鳩羽鼠色と青白橡色がほんのり溶け合う紗地に金糸燦めく八橋や流水文、重ねて柔らかな彩りでふっくらと杜若が表現された夏の袋帯です。涼やかな紗の透け感とふんだんに用いられた金銀糸の華やぎ、絹糸の瑞々しい光沢が季節感豊かな景色を創り出しています。盛装のための夏帯は生産数も少なく、ご紹介できる数も限られてしまいますが、こちらでしたら紋付きから訪問着などの重めの装いをどっしりと受けとめてくれることと思います。西陣の名門機屋・まいづるさんのお品、どうぞお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2079】西陣 川島織物製 絽袋帯

灰白色が近いでしょうか、仄かな色味を含んだオフホワイトの絽に、八橋と杜若をゆったりと配した夏の袋帯です。こちらは西陣の老舗機屋・川島織物さんのお品、つややかな絹糸の光沢にのせた優美な花の色や、控えめに燦めく金銀糸が、季節ならではの涼やかな景色を創りあげています。小さくふっくらとアレンジされた杜若の姿も微笑ましく、気品と共に香るほんのりとした甘さが心に響きますね。格高の小紋から訪問着などの装いに合わせて、風情豊かな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2078】西陣 川島織物製 本袋帯

爽やかな甘さを見せる灰桜色の地に、燦めく金銀糸やラメの色糸を通し、水柿や白緑・浅蘇芳などを効かせて様々な幾何文や葉模様を横段に配した本袋帯です。こちらは西陣を代表する老舗機屋・川島織物さんのお品。優しいパステル調の淡彩を用いた景色が見せる、上品で女性らしい華やぎがとりわけ印象的な一点ですね。格高の小紋から訪問着などの装いに合わせて、清澄なお色の美しさをお楽しみ下さいませ。上質な糸と緻密な織りによる、軽くしなやかな締め心地も川島さんの帯ならでは。この機会にどう ぞお手に取ってお確かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2077】西陣 白綾苑大庭製 袋帯

様々な色を自在に操り大胆な意匠を表現する西陣の名門機屋・白綾苑大庭さんの袋帯です。フォーマル性の高い重厚な帯を得意とする機屋さんですが、紬や小紋などに合わせやすい洒落帯の分野でも、とても魅力的な商品を創っていらっしゃいますね。こちらもそのラインのお品、大庭さん独特の糸と密度の高い織りで、榛色地にエキゾティックな花唐草文が表現された洒落袋帯です。落ち着いた色を主調に置きながら、モチーフを細く縁取る金糸の鈍い煌めき、ニュアンス豊かな彩りを要所に効かせた華のある景色には、やはり大庭さんらしいくっきりとした個性が光っています。実用面でも定評ある高い品質を保ちながら、心弾む帯を創り続ける大庭さんの帯、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2076】日本工芸会正会員 秋山眞和作 花織 八寸名古屋帯

深々とした色から爽やかな淡色まで、見事な藍のグラデーションをお楽しみ頂ける花織の八寸名古屋帯です。こちらは豊かな自然に恵まれた宮崎県綾町にて、綾の手紬染織工房を主宰なさる日本工芸会正会員・秋山眞和さんの作品。徳島の佐藤さんのすくもを用いた灰汁醗酵建による藍染めや貝紫・草木などの天然染料による染め、小石丸の養蚕から始まる糸づくりなど、妥協のない丁寧なお仕事は良く知られていますね。本藍の花織りは沖縄の染織に造詣が深い秋山さんならではのお品、ふっくらとした紬糸を用いた織りは素朴な温かみを備えながらもやはり、産地作品とは一線を画す、秋山さんらしい凛々しい存在感を見せてくれます。藍という色の持つ気品が存分に発揮された美しい八寸、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2075】洛風林製 織り名古屋帯

淡黄色が近いでしょうか。優しい黄色系の地に甘いピンク、爽やかなブルー、瑞々しいグリーンの大輪の花が表情豊かなふくれ織りで表現された名古屋帯です。モダンな色に金銀糸をきりりと効かせた大らかなモチーフが印象的なお品、洛風林さんらしい洗練された華が際立つ個性ある一点ですね。とりわけこの季節には美しく映えるお色目、ドレッシーな紬や小紋の装いを朗らかに輝かせてくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る