銀座【帯2069】人間国宝 玉那覇有公作 本紅型 名古屋帯 (新品・三角裏に落款有)

憲法黒茶色が近いでしょうか、茶や紫や灰みなど様々な色味を含んだ濃色の市松地紋地に、杜若と思われる、すらりと伸びた葉や華やかな花が染め上げられた本紅型の名古屋帯です。こちらは城間栄喜さんに師事し紅型の技法を習得、熟練の技術と優れた意匠力によって現代に生きる紅型を創り続けておられる紅型の人間国宝・玉那覇有公さんの作品です。玉那覇さんらしい洗練された連続模様とはまた趣きが異なりますが、風に揺れているようなしなやかな動きを見せる優美なモチーフ、独特の鮮やかな彩りとシックな背景色との明快なコントラストがモダンな印象を生み出すお品、紅型の強い個性を残しながらも現代的な装いに美しく映えるバランスの良さに、この方らしいセンスが光りますね。この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2068】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 段霞文

西陣桝屋高尾・高尾弘さんの代表的な作品として良く知られる、ねん金綴錦の袋帯です。徳川美術館の袱紗の復元から生まれた織りは、真綿の糸に金銀の箔を巻き付けた特殊な素材が用いられており、複雑で重厚な煌めきと軽やかな風合いを併せ持つ、独特の質感の帯ですね。こちらは無地感覚でお使い頂ける段霞文。金銀のみのもの、墨色がかったもの、色味が僅かに添えられたものなど、段霞文も様々なバリエーションがつくられていますが、今回のお品は清々しい淡萌黄色系です。ほんのりとした緑みと金糸の輝きが、装いにこの季節らしい爽やかな華を添えて引き立ててくれることと思います。着物の色柄を選ばず、改まったお席や 晴れやかな場面に重宝な一点、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2067】たつむら製 本袋帯 黒色 歌仙錦 (三越扱い)

贅沢な帯づくりで知られる西陣の名門機屋・龍村美術織物さんの本袋帯です。こちらは黒地に金銀や紫・浅緋や緑など鮮やかな彩りを効かせて、切箔散らしや花唐草などを道長取に配した料紙文。格調高い様々な意匠が緩やかに流れる華麗な景色は正に王朝美の世界ですね。帯の意匠としては良く見かけるものですが、やはり龍村さん、大胆に用いた力強い色たちによって現代的な個性と存在感が生まれています。お席の和洋を問わず、改まった日の装いを重厚に引き立ててくれるお品、この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2066】日本工芸会正会員 湯本エリ子作 塩瀬地名古屋帯「ビヨウヤナギ」(落款入)

千草鼠色が近いでしょうか、僅かに灰みを帯びた淡い青磁系の塩瀬地に、こっくりとした黄色やシックな墨色で愛らしい花が描かれた染め帯です。こちらは日本工芸会正会員の京友禅作家・湯本エリ子さんの作品で、花の名前はビヨウヤナギ。花期は初夏の頃、長く華やかな雄蕊が金の糸のように広がる姿が特徴的な花ですね。沢山のスケッチを重ねた上で選び抜かれた描線、確かな技術と洗練された色挿しによって、花の美しさを的確に捉えつつも、新たなかたちで表現しています。見事にモダンでありながら、女性らしい優しい温かみを備えた爽やかな帯、風薫る五月にぜひ締めて頂きたく思います。紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2065】吉田衣里作 丹波布 八寸名古屋帯 (紙札付)

自家栽培木綿から手で紡いだ糸を用い、夜叉五倍子や藍、桜や枇杷などの草木から得た色で染め、手機で織り上げられた丹波布の八寸名古屋帯です。こちらは丹波布技術保持者・吉田衣里さんの作品、棉を育てることから始まり、量産とは逆行する丁寧な手仕事の積み重ねから生まれた、純粋で温かい布です。古い丹波布 の色や風合いの魅力は良く知られるところですが、初々しいこの布が着手と共にゆっくりと歳を重ね、少しずつ枯れた表情が現れてくる、そんな想像も楽しいも のですね。紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2064】洛風林製 袋帯

極細かな網代の地紋が浮かぶ洗朱や紅樺色と鳥の子色の締め切りに重ね、金銀の七宝花菱を大らかに配した袋帯です。こちらは常に時代の先頭を走る個性豊かな帯づくりで良く知られる、洛風林さんのお品。典型的な古典意匠でありながら、新鮮な色の選択やモチーフ構成の巧さから生まれるモダンな存在感はやはり、洛風林さんの帯ならではのものです。上品な華やかさに加えて、ほんのり漂う優しい甘さも女性にはうれしい要素ですね。小紋から訪問着などの装いに現代的な洗練を添えて引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る