銀座【着物1793】銀座志ま亀製 小紋

利休白茶色が近いでしょうか、シックなグレージュ系の地に白く抜いた菊立涌、重ねて向かい蝶や向かい鳳凰、桐の花などがすっきりと配された小紋です。こちらは銀座志ま亀さんのお品、自社工房にて製作される着物や帯は、その気品豊かな意匠や美しい色遣いで多くの方から愛されていますね。堂々たるフォーマルのみならず、気軽にお召し頂ける小紋や染め帯にももちろん、志ま亀さんならではの卓越したセンス、そして丁寧なお仕事が凝縮されています。お歳を重ねた方もさらりとお召し頂ける古典的で落ち着いた色柄に、洗練された洒落味が香る一枚、街着から帯次第では軽いパーティなど、様々な場面でお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1791】蘇州刺繍 繍一ッ紋訪問着

紗綾型が仄かに浮かぶ薄雲鼠色地に、見事な刺繍が施された繍一ッ紋の訪問着です。青みや緑みを微かに含んだ光沢ある淡いグレイに溶け込むように、金糸や白、極淡いピンクの糸で繍い取られた疋田や松竹梅、藤や菊花・楓などがほんのりと浮かび上がっています。小さな疋田の粒の一つ一つまでも全てが精緻な刺繍、費やした時間と労力の大きさが想像できぬほどに重い仕事ながら、それをものともしない作り手の気概が、この清々しく、晴れやかな景色を完成させているのですね。お祝いのお 席に相応しいフォーマルの逸品、この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1790】千總製 訪問着 蘇芳香色 橘文 (落款入・しつけ付・小田急扱い)

蘇芳香色が近いでしょうか、ピンクに薄茶を溶かし込んだようなこっくりとして穏やかなお色を背景に、ころんとしたかたちが愛らしい橘文を散らした訪問着です。こちらは京友禅を代表する老舗・千總さんの作。橘の中には刺繍や金彩を添えて、菊花や椿・梅など折々の花が彩り豊かに詰められています。熟練の職人さんを抱え、古典を知り尽くす作り手さんならではの優雅で格調高いお品、訪問着としては比較的控えめな落ち着いた色柄ですので、着用の機会も多く、折々に重宝頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1987】城間栄順作 本紅型 名古屋帯 (落款入・端布付)  

現代の琉球紅型を代表する作家として良く知られる城間栄順さんの名古屋帯です。こちらは鴇浅葱色が近いでしょうか、灰みを含んだ渋めのピンク系の縮緬地に網目模様、梅枝や桜花などがこっくりと深みのある挿し色と共に重ねられています。上品な甘さのある地色が紅型の愛らしいモチーフを優しく引き立てるお品、主張を持ちながらも強すぎない色遣いと相俟って、とても洗練された華を見せてくれますね。琉球紅型ならではの工芸の色をきちんと残しつつ、現代的な装いに綺麗に寄り添ってくれる城間さんの帯、紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1986】人間国宝 北村武資作 袋帯

長年西陣で古代の織物の研究を重ね、培った高度な技術によって羅や経錦などの上代裂を今の時代に蘇らせたことで知られる、人間国宝・北村武資さんの袋帯です。こちらは「七宝菊華文」、金地に銀の七宝繋ぎ文に清々しい白糸で菊花を詰めた晴れやかなお品、留袖から訪問着・紋付き色無地など合わせる着物や色柄を選 ばず、またお召しになる方や年齢を問わないシンプルモダンな北村さんらしい一点、今の時代に即した洗練されたフォーマルをお楽しみ頂けることと思います。 *いつもの北村さんの帯とは落款の形が異なっておりますが、こ ちらは大手問屋の市田の誂え品です。北村さんのお品には間違 いございませんので、どうぞご安心下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1985】たつむら製 本袋帯「花鳥モール」

贅を尽くした帯づくりで知られる龍村美術織物さんの本袋帯です。こちらは珊瑚朱色が近いでしょうか、朗らかなコーラルピンクを背景に鮮やかな彩りを効かせた花鳥文。黄色や緑色、赤や青など原色に近いような強めの色を操り、孔雀や鸚哥など異国風の鳥やシンプルな花のモチーフをモダンに表現しています。どこに在ってもすっと目を惹く華やかな存在感に、龍村さんならではの個性際立つお品、ドレッシーな織物から小紋、付下げなどの装いに合わせて、春らしい心弾む装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る