世田谷【帯1937】屋富祖幸子作 本紅型 名古屋帯 (証紙付) 

鳩羽鼠色が近いでしょうか、グレイッシュな薄紫系の地に繊細な笹文が染め上げられた本紅型の名古屋帯です。落ち着いたお色目の中に、ブルーや朱赤など鮮やかな挿し色が瞬く景色がとても印象的ですね。型を彫り、糊を置き、色を挿し、隈取り、糊伏せ…一つ一つ丹念な手仕事を重ねることで生まれた凜とした美しさが際立ちます。本紅型としては抑えた色柄ですので、お使いになる方を選ばず、紬や小紋などの装いに重宝頂けそうですね。那覇「やふそ紅型工房」を主宰、伝統工芸士であり、琉球びんがたの組合理事長でもある屋富祖幸子さんの作品です。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【帯1936】銀座志ま亀製 縮緬地染名古屋帯 梅の図

土器色が近いでしょうか、茶みを帯びた柔らかな朱系の縮緬地に愛らしい白梅の花がすっきりと並べられた染め帯です。 こちらは女性らしい華のある着物や帯で多くの方から愛される、銀座志ま亀さんのお品。気軽にお使い頂ける染め帯にも定評あるこっくりとした独特の色、上品な甘さのある典雅な意匠、そして隅々まで心配られた丁寧なお仕事が光ります。とてもシンプルでありながら、はっと目を惹く存在感はこちらの帯ならでは。紬や小紋の装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【帯1935】西陣 山城機業店製 唐織 袋帯「流水麗姿文」 (証紙付)

ほっそりと金の網目文が織り込まれた黒の地を背景に、華麗な色遣いで菊水が表現された唐織の袋帯です。唐草のように リズミカルに踊る色とりどりの流水、弾ける如く咲き誇る菊花が鮮烈な美しさを見せていますね。こちらは西陣でも特に唐織の名門として知られる山城機業店さんの作。しなやかな地から刺繍のように浮かぶふくよかな太糸の光沢、ボリュームのある景色は、晴れやかな装いをより力強く引き立ててくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【帯1934】読谷山花織 名古屋帯 (証紙付) 

手仕事ならではの温かな魅力あふれる沖縄の染織品の中でも、独特の愛らしさでとりわけ人気の高い読谷山花織の名古屋帯です。こちらは亜麻色が近いでしょうか、淡いベージュを背景にシックな彩りの色糸を用いて繊細な手花織を配したお品。ふっくらとした太糸が織りなす様々な幾何文様はどこか欧風のステッチを思わせる、モダンな趣きがありますね。久米島紬や琉球絣など同じ沖縄の織物はもちろん、帯にポイントを置きたい無地感覚の紬や素朴な木綿絣など、幅広い着物と素敵な調和をみせてくれることと思います。織りの着物がお好きな方にはぜひ一本お持ち頂きたい読谷山花織の帯、この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【帯1933】袋帯「南蛮船」(大脇一心・落款入)

華やぎと枯れ味が溶け合う箔糸の鈍い煌めきを背景に、勇壮な南蛮船が表現された袋帯です。細やかな織りによって 波を蹴って進む船や人々の姿が生き生きと表現されたお品。帆に大きく配された辻が花や桜によって、力強いモチーフに女性らしい優美な趣きが重ねられています。こちらは西洞院辻が花の名で華麗な染めを手掛ける染色作家・大脇一心さんの図案によるもの。美しい挿し色を効かせた力強い景色が、印象的な後姿を創ってくれることと思います。ドレッシーな織りから訪問着などに合わせて、個性豊かな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【着物1765】本場久米島紬 草木染 絣着物 (証紙付・大丸扱い)

榛色が近いでしょうか、やや黄みを含んだ温かみのある薄茶地にすっきりと幾何絣が織り込まれた草木染の本場久米島紬です。古来の技法をそのままに図案から染め・織りまでの工程の殆どを織り手が一人でこなす久米島紬は 2004年に国の重要無形文化財に指定されています。泥染めの黒地を主流とした久米島でしたが、染料となる植物に恵まれた利点を生かし、今は多彩な草木染めの作品が生まれています。春へと向かうこれからの時期には、明るい彩りの久米島紬がとりわけ美しく映りますね。穏やかな色とシンプルモダンな絣は着る方や合わせる帯を選びません。この機会にどうぞお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る