世田谷【着物1761】本場黄八丈 縞 (証紙付)

八丈島に伝わる黄八丈は、コブナグサ・タブノキ・椎と泥染めによる、それぞれ金茶・樺・黒の3色を基本とし、手機で織り上げた絹織物です。島に自生する草木を染料とした堅牢で美しい色は、江戸期の頃から長く珍重されてきました。こちらは深みのあるグレイに金茶の細い縞がすっきりと走るお品、黒八丈の糸と同じく椎と泥染めから得た深みあるシックな色味はとても都会的でモダン、帯合わせも様々にお楽しみ頂けそうですね。上質な糸を手をかけて染め上げ、優れた織り手が一越一越丹念に打ち込む布、色柄はもちろんその風合いの心地良さは、袖を通す度に着る人に確かな満足を与えてくれることと思います。ぜひこの機会にお手にとってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【着物1760】伊兵衛織 白橡色 横段

玉繭から引いた糸を丁寧に染めて手機で織り上げる伊兵衛織。極太の糸を用いたふっくらとしなやかな風合いが嬉しい、工芸色豊かな織物です。こちらは白橡色と黒橡色の組み合わせたシンプルな横段模様、細く通した明るい藍の糸が美しい効かせ色となっています。底光りするような絹のつや、そして確かな暖かさは選び抜かれた糸ならではの恩恵です。残念ながら今はもう新たに織られることのない風格ある布。この機会にぜひお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

世田谷【着物1759】藤娘きぬたや製 大島紬 絞り訪問着

精緻な絣による青海波が織り出された白大島に、多彩な絞りの技法を駆使して大波に立ち向かう南蛮船の姿が表現された 訪問着です。こちらは絞りの名門として知られる藤娘きぬたやさんによる制作、織りと絞り双方に人の手と時間が惜しみ無く費やされた、贅を極めた作品ですね。重厚な表情を備えながらも、大島紬の軽やかな着心地はそのまま。観劇やパーティなど様々な機会にお楽しみ頂けることと思います。この機会にどうぞお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1932】 伊兵衛織 八寸名古屋帯 入子菱文 (畳紙・栞付き)

静岡県浜松市の旧家・高林家で織られる伊兵衛織は、極太に撚った玉糸を丁寧に手染めし、手機にて織り上げられる工芸色あふれる織物です。民芸運動に育てられた織りは、その原点である用の美と共に時代を超えたモダンな洗練を併せ持ち、多くの方に愛されてきましたが、作り手の求める糸の供給が途絶えたことから、残念ながら 先年その生産を終了しています。どっしりとした風合いで知られる伊兵衛織ですが、帯地は更にふっくらと地厚、芯の入らない単帯で伸縮性に富んでいますのでとても締めやすく、お太鼓も美しく形が整います。こちらは定番の綾織りによる入子菱文。どのようなお色の着物にも合わせ易い深々とした葡萄色です。無地感覚ながら上質 な絹糸が持つ柔らかな光沢が気品豊かな華を見せるお品、作家作品など個性の強い着物にも決してひけを取らない存在感に、伊兵衛織ならではのちからを実感いたしますね。一度手にしましたら忘れられない独特の風合いを、どうぞこの機会にお確かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1931】本場牛首紬地 洒落袋帯 (落款入)

白山工房製の牛首紬地に、絞りや金銀彩などが贅沢に施された洒落袋帯です。シンプルな絞りや七宝花菱、地紙文などが段替わりに並ぶお品。藍媚茶色が近いでしょうか、渋みある灰緑系を覆うように配された金彩が鈍く煌めき、古い金更紗のような趣きを添えていますね。玉繭から人の手でのべ引きした糸を用い、手機で丹念に織られる牛首紬は、小さな節があちこちに顔をのぞかせる表情豊かな織物です。釘抜きとも呼ばれる堅牢さを備え、張りのあるしなやかな風合いは極上の締め心地を運んでくれることと思います。紬や小紋などの装いにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1930】誉田屋源兵衛作 楼蘭織 袋帯

帯問屋として京で270余年の歴史を持ち、その卓越した染織技術から生まれる個性的な帯で名高い老舗・誉田屋源兵衛さんの袋帯です。こちらは楼蘭織、鈍い煌めきを放つ金銀糸を贅沢に用いたどっしりとした織り味のお品で、美しい彩りの段替わりを背景に、波飛沫にも見える唐草文に瑞雲を重ねた華麗な意匠が浮かんでいます。特殊な糸を自在に操る誉田屋さんらしい複雑な糸遣いが奥行きある景色を創る帯、見た目の重量感とは異なる軽い締め心地もうれしいですね。古典の品格をしっかりと守りながらも見事にモダンなフォーマル帯、確かな素材と技術、そして鋭敏な感性が作りあげる誉田屋さんらしい存在感ある一本です。晴れやかなお席にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る