銀座【着物1745】ぎをん斎藤製 小紋 飛び絞り (畳紙付)

淡紅藤色が近いでしょうか。菊唐草の地紋が仄かに浮かぶ淡く優しいお色の地に、菊花や楓などが絞りによって柔らかく表現された飛び絞りの小紋です。こちらは京都らしいはんなりと優美な着物や帯で名高い老舗呉服店・ぎをん齋藤さんのお品。ピンクとも薄紫ともつかぬ澄んだ彩りの美しさ、小さく効かせた挿し色の鮮やかさ…気軽にお召し頂ける小紋にも、磨きぬかれた洗練を感じます。女性を美しく際立たせる手腕はやはり、ぎをん齋藤さんならではのもの。ぜひお手に取って、その雅趣豊かな世界をご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1744】本場結城紬 赤墨色 大小丸文 (証紙付・しつけ付)

赤墨色が近いでしょうか、紫みを含んだ深い焦茶系の地に、蚊絣や亀甲絣を用いて大小の丸文を散らした本場結城紬です。この上なくシンプルな意匠ですが、円の形を絣で表現するのはとても難しいもの。美しく整った一つ一つのかたちに織り手の高い技量がうかがえますね。国の重要無形文化財に指定される昔ながらの技法を守り、真綿から糸をつむぎだし、絣を括り、地機で丹念に織り上げる…それぞれの工程で熟練の技術を持つ方々が大変な手間と時間をかけて制作される本場結城紬。真綿の特質を最大限に生かしたその軽く暖かな風合いの素晴らしさは、お召しになってこそ実感いただけることと思います。モダンにも古風にも、着る方の個性でいかようにもお楽しみ頂ける一枚、この機会にぜひお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1743】曽根武勇作 訪問着 (落款入)

公家装束の製織など担ってきた西陣の高度な技術を今に伝える伝統工芸士・曽根武勇さんの作品です。こちらはゴブラン織の技法が用いられた亀甲文。藍鼠色を主調として鳩羽鼠や薄雲鼠などのグレイッシュトーンが仄かなグラデーションと共にうつろう景色、精緻な織りによる亀甲繋ぎの端正な表情は、眺めていて飽きることのない典雅な魅力に満ちていますね。落ち着いた色柄ながらドレッシーな絹の輝きは重厚な華やぎを放ち、また袖を通せばその軽さに驚かされることと思います。西陣の底力が光る逸品、気品と静かな存在感を備えた大人の女性ならではの装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1742】 草紫堂製 南部絞紫根染 木綿着物

古くから南部地方に伝わる茜染めと紫根染めを守り続ける盛岡の工房・草紫堂さんの着物です。こちらは紫根染めのお品で今ではなかなか見かけない木綿地に染められたもの。花のような絞り部分と無地部分に別けた構成を生かし、個性的な柄合わせで仕立てられた存在感あるお品です。光沢ある絹地とはまた趣きを異にしますが、素朴ながら力のある景色が心に響くお品、ぜひお手に取ってご覧頂きたく思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1741】 銀座志ま亀製 小紋 黒色 福良雀 (畳紙付)

深々とした黒を背景に鮮やかな色を効かせ、愛らしい福良雀が配された小紋です。こちらは銀座志ま亀さんのお品、自社工房にて制作される着物や帯は、その気品豊かな意匠や美しい色遣いで多くの方から愛されていますね。フォーマル度の高い重厚な装いは言うに及ばず、気軽にお召し頂ける小紋や染め帯にも、志ま亀さんならではの卓越したセンスや丁寧なお仕事が凝縮されています。女性なら誰しも心ひかれる可愛らしさや甘さが、品良く洗練されたかたちで表現された一枚。華のある黒地の小紋は、お帯合わせ次第ではちょっとしたパーティなどにもお召し頂ける格を備えています。どうぞこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物1740】人間国宝 小宮康孝作 繍一ッ紋 江戸小紋 (落款入)

今様色が近いでしょうか、こっくりとした華やかなピンクの地に、極小の珠が敷き詰められた江戸小紋です。こちらは昭和53年に国の重要無形文化財保持者に認定された江戸小紋の第一人者・小宮康孝さんの作品。精緻な錐彫りによる繊細な菊唐草文の型が熟練の技できりりと染め上げられています。繍一ッ紋で伊達衿も付いておりますから、合わせる帯次第でお茶の席など改まった場面や晴れやかなお祝いの会など、様々な機会に重宝頂けそうですね。八掛や伊達衿に染められているのは 「斧琴菊(よきこときく)」、身を守ってくれる縁起柄がさり気なく添えられているところも着物ならではの楽しみ。上等な江戸小紋を一枚お持ちになれば、急なお呼ばれにも安心です。ぜひこの機会にご検討下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る