銀座【着物2489】本場夏塩沢 亜麻色 唐草文 (証紙付)

新潟県の塩沢地方は、古来越後上布や本塩沢をはじめとする上質な織物の産地として知られています。長い歴史に培われたこの地の技術を生かした夏の絹織物が夏塩沢。こちらは塩沢紬の伝統工芸士として、また国指定重要無形文化財・越後上布・小千谷縮布技術保存協会制作者としてこの地の伝統織物を守り続ける中島清志さん率いる名門・中田屋織物さんの作、僅かに色を深めた亜麻色が近いでしょうか、暗いベージュ系の地に深い緑の美しく整った蚊絣で大らかな唐草文が飛び柄に配されています。半練りで堅さを残した玉糸を用いた強撚糸で張りとしゃり感を持たせた極上の夏衣、肌に付かず涼しく風を通してくれますね。シンプルな色柄ですので帯合わせも幅広く、夏ならではの風趣ある装いをお楽しみ頂けることと思います。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2488】本場小千谷縮 (証紙付・越後屋扱い)

薄い亜麻色の地に薄縹色を効かせた細縞、間には黒橡色の矢絣文を配した小千谷縮です。麻独特の清涼感、肌に付かない細やかなしぼ、そして家庭での簡単なお手入れもできる小千谷縮は、身近な夏気物としてすっかり定着していますね。数多く流通している小千谷縮ですが、国の伝統的工芸品に指定される手織りで経緯絣のお品となるととても稀少。量産品とは異なる繊細な布味はやはり、涼しさもひとしおです。落ち透いた色を重ねた素朴な矢絣は着る人や年齢を選びません。帯合わせも様々に、盛夏の陽差しに映える爽やかな装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2487】明石縮 淡い青白橡色 縞に絣 (証紙付・しつけ付)

伝統的工芸品にも指定される明石縮は、強撚糸によるきめ細かなシボがつくるしゃりっとした質感の織物です。肌に付かず、薄すぎずほんのりとした透け感のある地風は単衣時期から夏を通してお楽しみ頂けます。こちらは色を薄めた青白橡色が近いでしょうか、灰みを含んだ爽やかな薄緑系の地に細縞や竪絣で矢絣やシンプルな幾何文が表現されたお品です。夏衣のイメージそのもののような清涼感あふれる色柄のお品、見る人にも爽やかな風を運んでくれそうですね。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3034】銀座志ま亀製 絽塩瀬地染名古屋帯 紫鳶色 花籠に秋草の図 (畳紙付) 

紫鳶色が近いでしょうか、暗い灰みの赤紫系の絽塩瀬地を背景に芒や桔梗、萩などの秋草をふわりと花籠に置いた夏の染め帯です。日本の夏衣ならではの風趣あふれるモチーフが、確かな筆とシックな彩りで表現されていますね。こちらは扱う品々の殆どを自社工房で製作なさる銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作。選び抜かれた色や洗練された構成が光る古典意匠の着物や帯は、気品豊かでありながらもどこか女性らしい可愛らしさや遊び心を秘め、多くの方から愛され続けていますね。志ま亀さんの丁寧なお仕事と個性を気軽にお楽しみ頂ける上質な染め帯、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3033】日本工芸会正会員 坂井教人作 絽塩瀬染名古屋帯 竹に朝顔 (落款入)

濃藍色を更に深めたような黒みを帯びた藍色を背景に、竹林の陰にひっそりと咲く朝顔の姿が描かれた絽塩瀬地の名古屋帯です。勢い良く伸びる竹は白い糊糸目の線と僅かな色のグラデーションのみ、たおやかな朝顔の花葉には柔らかな彩りと金彩、ほっそりとした銀糸の繍いが重ねられており、その斬新な構図が花の幻想的な美しさをくっきりと際立たせていますね。こちらは鎌倉に居を構える友禅作家・日本工芸会正会員の坂井教人さんの作。鎌倉友禅の名で確かな筆力と現代的な感性が生きる着物や帯を制作なさっている作家さんです。鎌倉友禅は気品、と仰るこの方らしい清澄な空気を感じさせる染め帯の佳品、夏紬や絽の小紋などに合わせて、凛として清々しい装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯3032】西陣 河合美術織物製 袋帯 (西陣証紙付・未使用)

金の箔糸を細かく通した象牙色の地に七宝繋ぎ、中には菊唐草を配した袋帯です。金と白を主調に水柿色や鳩羽色・水色などの優しい淡彩を効かせた端正な景色は、合わせる着物の色柄を問わず、紋付や訪問着など改まった日の装いを格調高く引き立ててくれることと思います。フォーマル帯ではとりわけ定評ある西陣の老舗機屋・河合美術織物さんのお品、どのような場面でも安心してお使い頂ける正統派古典ならではの典雅な表情をどうぞお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る