銀座【着物2332】人間国宝 中村勇二郎 繍一ッ紋伊勢型小紋「古代菊」(証紙付・しつけ付・落款入)

伊勢型紙道具彫の人間国宝・中村勇二郎さんの型を用いた小紋です。こちらは菊花と唐草をモチーフとした極めて繊細な型で、中村さんの代表作として良く知られる「古代菊」。これまでも様々なお色目のお品をご紹介してまいりましたが、今回は鶸茶と黒緑が溶け合う枯れた趣きのお色、遠目からはやや緑みを含んだ涅色辺りが近いでしょうか。目色を白で残す一般的な江戸小紋とは異なり、地色と目色それぞれに同系の色を使っています。そのため一見するとより無地の印象が強いお品ですが、近く見れば静かに溶け合う二つの色と共に精緻な文様が揺らめいて、この染め独特の奥深い美しさを教えてくれますね。手に取り眺める程に型彫り・染め双方の見事な仕事に圧倒される一点、改まった日のお出かけにいかがでしょうか。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2331】銀座志ま亀製 小紋 若苗色 七宝花の丸 (畳紙付)

若苗色が近いでしょうか、周囲がふわりと華やぐような黄緑系の地に、花を中心に置いた七宝文を散らした小紋です。明るい色遣いや疋田のあしらい、桜や梅花・菊花などを可愛らしく覗かせた景色に女性らしい上品な甘さが香ります。こちらは銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作、自社工房で一点一点丁寧に製作される着物や帯は、こっくりとした色遣いや洗練された古典意匠で定評がありますね。フォーマルのみならず、洒落着にもその個性が生かされており、高い格調を備えながらも遊び心あふれる小紋や染め帯は、お探しの方も多いことと思います。新春にぴったりの清々しい色柄の一枚、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2330】本場結城紬 濃藍色 巻物に花葉の図 (証紙付・しつけ付)

深みのある濃藍色の地に空色の細かな亀甲絣で、巻物や花葉が表現された本場結城紬です。複雑なモチーフが高い密度で織り出された総柄のお品ですが、濃淡2色の表現ですので絣が程良く地色に溶け込み、幅広い帯合わせをお楽しみ頂ける一枚ですね。紬の中でもとりわけ多くの方に愛される本場結城紬、その独特の軽さや暖かさ、ふんわりとした風合いは、器械を使わず撚りがほとんどかかっていない手つむぎの糸を経緯に用いる唯一の織物だからこそ。空気をたっぷりと含んだデリケートな糸は、糊のちからを借りながら地機で細心の注意を払って織り上げられます。着込めば真綿に戻って行くといわれる極上の着心地の布は、熟練の技術を持つ方々が、国の重要無形文化財に指定される昔ながらの丹念なお仕事を重ねて創り上げたもの。後継者が激減する中、こちらのように手のかかる総柄は殆どつくられなくなってきているそうです。真冬の寒さからもしっかりと着る人を護ってくれる本物の結城紬、この冬のお出かけにいかがでしょうか。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2861】岡田その子作 紬地染名古屋帯 雪だるま

型絵染作家・岡田その子さんの作品から、ぱりっとした生紬地に雪だるまが表現された名古屋帯です。節立った野趣ある地風が映える明るいグレイの地にふわふわと降り積もるぼたん雪、マフラーを巻いたり帽子や手袋を付けたり、様々な表情の雪だるまたちが賑やかに集う風景にほっと心和みますね。これまでにご紹介した帯と同じく、岡田さんの作品は一見童画のような天真爛漫なイメージですが、隅々まで気を配られた色構成や繊細な筆の運びには、洗練された確かなお仕事を感じます。さらりと遊びを楽しむ大人の女性にぜひおすすめしたい一点、こんな素敵な帯を締めてのお出かけならば、厳しい冬の寒さも忘れてしまいそうですね。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2860】西陣 川島織物製 本袋帯

金の平箔を通した白橡色地を横段で別け、流水に菊花、牡丹に鳳凰、松などの花鳥を配し、七宝花菱、亀甲花菱などの割付文を挟んだ正統派古典意匠の袋帯です。金を主調として小さく赤や緑・濃紺などを効かせた大変豪華な印象のお品、留袖や重厚な訪問着など第一礼装に相応しい晴れやかな存在感を見せています。こちらは西陣の名門・川島織物さんの作、上質な糸を用いて確かな技術で織り上げる川島さんの本袋帯はどのようなお席にも堂々とお使い頂ける高い格調に加えて、しなやかな質感や締め心地の良さでも定評がありますね。これはというフォーマル帯をお探しの方、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2859】西陣 帯屋捨松製 袋帯 銘「松藤梅模様」 (西陣証紙付)

西陣証紙No.48、装いを個性豊かに引き立てる魅力的な帯づくりで定評ある老舗機屋・帯屋捨松さんの袋帯です。こちらは黒を背景に梅や松・藤などを大らかに表現した銘「松藤梅模様」、能装束に材を取った重厚な意匠が落ち着いた色遣いで表現されています。本来は唐織による装束のモチーフを、立体感を抑えた緻密な織りと洋を思わせるシックな色によって軽やかに表現したお品、桃山の華麗な世界をモダンでより洗練されたかたちでお楽しみ頂けることと思います。訪問着などの晴れやかな着物はもちろん、渋めのお色の色無地などに合わせて頂いても帯がぐっと引き立ちそうですね。高い格調と共に捨松さんらしい素敵な捻りを効かせた一点、この機会にどうぞお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る