仄かに紫みを含んだ枯野色が近いでしょうか、ニュアンスのあるベージュ系の地に、菊や梅、桜や楓などの花木が精緻な蘇州刺繍で表現された訪問着です。山々が折り重なるように配された刺繍の背景には滅紫や藍墨茶などの濃色を置き、淡彩の刺繍をすっきりと引き立たせてます。撚りをかけない極細の糸によって一針ずつ丹念に繍いとられた景色は、作り手の大変な苦労の上に成り立つ贅沢なもの。控えめに輝く清澄な色と優美な景色からにじむ静かな華やぎが、着る人を気品豊かに引き立ててくれることと思います。丹精込めた仕事を、どうぞこの機会にご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る