深紫の地には正倉院に遺る鳥襷の地紋、虫襖の地には上代花鳥文、そして縞に重ねた笹立涌。上代裂や有職の典雅な文様が大胆に裾を彩る格調高い織りの訪問着です。こちらはかつて公家の装束などを製織していた西陣の高度な技術を今に伝える伝統工芸士・曽根武勇さんの作品。全ての部分に精緻な文様が織り込まれた一反を訪問着の構成で織り上げる、その複雑な工程は想像も及びませんが、まさに宮中の装束を彷彿とさせる圧倒的な気品と存在感に、古より受け継がれてきた西陣の確かな力を感じます。かつては特別な階級の方のみを対象としていたであろう贅沢な逸品、繍いの一ッ紋ですが、重厚な色柄は礼装としてどのような場面でも堂々とお召し頂けることと思います。ぜひお手元でゆっくりとご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る