灰青色から絹鼠色への濃淡暈かしを背景に、亀甲絣や蚊絣で様々な雪輪文を散らした本場結城紬です。冬の曇り空からはらはらと雪花が舞い落ちる、そんな風情ある景色が丹念な織りで美しく表現されたお品、これからの季節にはその清澄な趣きがとりわけ映えることと思います。真綿から丹念につむぎ出された糸を地機でしっかりと織り上げる、全て手仕事による工程はその技術が国の重要無形文化財に指定されています。ふんわりと軽く、それでいて暖かく着る人を護ってくれる本物の結城紬、水を通し長く着込む程に真綿へと戻って行くといわれる極上の着心地を、ぜひこの機会にお確かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る