濃藍の縮緬地に型染めで牡丹や蝶を配した小紋です。こちらは染織家・浦野理一さんの作、日本各地の染織に対する深い造詣を基に、妥協のない贅沢な手仕事によって創られたこの方の着物や帯は、時代を超えた輝きを放ち、年月を経た今も多くの方に愛され続けています。浦野さんによれば、今回ご紹介のお品は中国の古い印花布から模様を起こしたものとのこと。本来は木綿地に藍一色で染められる素朴な工芸品である印花布ですが、こちらは上質な縮緬を用いた贅沢な染め。清澄な藍の色に鮮やかな紅、きりりとした黒を取り合わせることで花蝶が生き生きと動きだし、華やいだ景色が広がっていますね。ひと目みて浦野さんのものと判る洗練された個性が光る一点、凛として気品ある装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る