淡い砂色が近いでしょうか、ナチュラルなオフホワイト系のさっくりとした生紬地に、流水や滝に葦や花木など清々しいモチーフがすっきりと表現された単衣の小紋です。こちらは「京都しょうざん」さんのお品、上州赤城山麓産の座繰りで引いた玉繭糸を経緯に使用したさらりとして張りのある生紬は、こちらの代名詞のような特徴ある素材で、とりわけ単衣時期にはその爽やかな質感が心地良いことと思います。古典的な意匠を独特の素材感と涼しげな色でモダンに表現した一点、様々な場面で上品な夏の装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る