京友禅の名門・上野家の四代目として活躍なさる上野真(二代目上野為二)さんの作品です。この方は友禅染の技術で初めて重要無形文化財保持者に認定された上野為二さんの作風を汲み、茶屋辻など端正な風景を中心とする精緻な糸目友禅の作品を究極の技術をもって世に出しておいでです。こちらは茶みを含んだ鳩羽鼠系の地に柔らかな淡彩の霞暈かし、重ねて山水楼閣に花木を配した典雅な景色が極細い糸目で丹念に表現された、茶屋辻の正統を伝える訪問着。上前には桜の花や青楓が揺れているところからも春の季節を思わせますが、基本的に御所解や茶屋辻は季節はさほど気にせずお召し頂いてよろしいのではと思います。どのような場面にも安心してお召し頂ける格調高い古典意匠の逸品、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る