ほんのりと藤色がかった淡いグレイの地に柔らかな暈かしによる霞取り、七宝花菱や松皮菱・亀甲花菱などの割付文を背景に、菊花や椿など折々の花枝を配した単衣の訪問着です。落ち着いた地色ですが、着物全体を緩やかに流れる古典意匠が訪問着らしい優雅な世界を創るお品、晴れやかな場面で着映えのする華やかな景色が、着る方を美しく彩ってくれることと思います。単衣時期は意外にもお呼ばれの機会の多いもの、この機会にぜひご用意下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る