鳥の子色と灰黄緑が近いでしょうか、漣のように揺らぐ変わり絽と整った絽目で別けた場を、二つの色でもほんのりと仕切り、肩先から枝垂れ落ちるように萩が配された訪問着です。彩色はぐっと抑えられ、銀や小さなピンクが時折きらりと現れる静かな景色は夏衣ならではの清涼感に満ちており、帯合わせも幅広くお楽しみ頂けることと思います。しっかりとした張りのある地風ですので、風を逃さずつかまえて、身のうちに通してくれそうですね。盛夏のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る