澄んだ水色の地に波文様、撫子や女郎花、萩などの秋草が散らされた絽の付下げです。品の良い正統派古典的な表現ながら、僅かに大きめに表現された花々が見せる愛らしさがこちらのお着物の魅力。優しい淡彩ですので大仰にならず、改まったお席はもちろん、ちょっとしたお食事会など、幅広い場面で重宝にお召し頂けることと思います。この夏、薄物ならではの清涼感あふれる装いをお楽しみ下さいませ。
*伊と幸さんの白生地使用です。

この商品のONLINESHOPページを見る