毎年夏になるとスポットライトを浴びる沖縄の染織品、宮古上布や八重山上布、そして芭蕉布は涼感あふれる夏織物の最高峰として憧れる方も多いことと思います。とりわけ沖縄の風土が育てる極上の素材・芭蕉布は、王族のみならず庶民にとっても自身の衣類として大切に守られてきたもの。戦後一旦は途絶えてしまった生産でしたが、良く知られる通り、平良敏子さんを中心とする方々の尽力によって見事な復興を遂げた、沖縄の宝ものですね。こちらは竪縞にシンプルな絣を絡めた綾中柄の着物、力強い縞を小さな絣が横切ることで、印象がぐっと柔らかくなっています。身体から離れる強い張りが風の通り道を作り、野趣豊かな糸が身体の熱を逃がし、酷暑から着る人をしっかりと護る贅沢な布。こちらはややサイズが小さいためお値段も抑えめです。内揚げがございますので、少し手を入れれば問題もございません。今夏こそは大らかな芭蕉布の魅力に触れてみませんか。

この商品のONLINESHOPページを見る