紫みを帯びた紺鼠色が近いでしょうか、落ち着いたグレイッシュトーンの紋紗の地に、白上げの御所解文が細やかに配された夏の訪問着です。花の一部にはふっくらとした刺繍も重ねられており、優しい彩りが上品な華やぎを添えていますね。どのようなお席にも安心してお召し頂ける格調高い正統派古典意匠、合わせる帯次第で、様々な場面で活躍してくれそうですね。

この商品のONLINESHOPページを見る