極細の苧麻糸を手で績み、締め機で精緻な絣を作り、琉球藍で染め、手機で織り上げる…それぞれの工程で、手間暇惜しまぬ丹念な仕事が重ねられることで、宮古上布という至高の織物が生まれます。ひんやりとした手触り、指の腹で挟めば存在が消えてしまいそうな薄さ、それでいて風を逃さぬ程良い張りを備えた美しい布は、国の重要無形文化財に指定されています。今回のご紹介は最も宮古らしい紺上布。黒みがかった深い藍色の地に、精緻を極めた絣によって唐草や大ぶりの華文が浮かび上がる見事な一枚です。上布と呼ばれる品々の中でも、明らかに趣きの異なる優雅な表情に独特の気品と静かな迫力が感じられる宮古上布、ぜひこの機会にお手に取って、夏衣としてこの上なく優れたその特性をお確 かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る