染織の名門「京都しょうざん」製、生紬地にシックな色遣いで繊細な染めが施された単衣の訪問着です。上州赤城山麓産の座繰りで引いた玉繭糸を経緯に使用した、さらりとして張りのある生紬はしょうざんさんの代名詞のような素材。こちらに黒橡から亜麻色へのゆったりとした暈かし、滝や垣に八橋などの風景と共に折々の花木が散らされています。古典的な意匠を素材感と色でモダンに表現したお品、軽めの社交着として様々な場面でお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る