憲法黒茶色が近いでしょうか、僅かに茶みを帯びた温かみのある黒の地に青鈍や利休茶の格子、間には精緻な緯浮花織によって小さな赤や白が星のように瞬く読谷山花織の着物です。明治半ばに一旦は技術が途絶えながらも、のちに人間国宝となられた与那嶺貞さんの手によって見事に復興を遂げた織物は、丁寧な手仕事の温かみがうれしい沖縄の染織品の中でも、その清楚な美しさでとりわけ多くの方から愛されていますね。格子、絣、花織、様々な技法を組み合わせて表現された端正な景色に、琉球王府のご用布としての歴史と気品が香るお品。これからの季節、こっくりと深みのあるお色目が、穏やかな陽の光に柔らかく映えることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る