黒緑、利休茶、利休白茶そして唐茶辺りが近いでしょうか、渋みのあるシックなお色を絞りで段替わりに置き、重ねて精緻な筆と細やかな絞りで辻が花風の花葉などを散らした羽織です。絞り・友禅共に高い技術を用いた贅沢な一枚、装いの主役としてももちろん、羽織ものが手放せなくなるこれからの季節には、コート代わりとしても活躍してくれそうですね。存在感のある上等なお品です。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る