久留米絣の重要無形文化財技術保持者・小川内龍夫さんの作品です。こちらは深みのある濃藍の地に、小さな幾何絣を整然と並べた着尺の反物。経緯の絣を重ねることで、清々しい白と美しい中藍がすっきりと浮かび上がっています。文化財指定のお品ではございませんが一部の工程が異なるのみ、織り・染め共に確かな技術を持つ作り手さんの丁寧な仕事による、温かみのある藍絣です。しっかりとした木綿は、単衣にしても絹裏を付けて袷に仕立てても何かと重宝なものですね。着る方や年齢を選ばない一枚、長くご愛用頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る