薄雲鼠と牡丹鼠が近いでしょうか、共に灰みがかったシックな二色の淡彩暈かしで道長取に大きく場を別け、秋草や椿・菜の花など折々の花木が生き生きと描かれた京友禅作家・山科春宣さんの訪問着です。ひと色抑えた静かな色遣い、丁寧な仕事による贅沢な柄置きに洗練された華やぎが香るお品、瑞々しい花の魅力を伝える優しい筆が印象的ですね。女性らしさを品良く引き立てる佳品、改まったお席へのお呼ばれや晴れやかなパーティなどに安心してお召し頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る