繍い・絞り・金彩、それぞれ熟練の技術を有する優れた職人さんと共に、最高級の着物を制作なさる、銀座泰三さんの色留袖です。全て一点物のオリジナルとして創り上げられる贅沢な品々は、京友禅の最高峰として宮中にも納められています。こちらは洗柿色が近いでしょうか、温かみのあるベージュ系の地に、華文や上代裂に見られるような植物文が白糸と金糸のみで表現されています。ふっくらと浮かび上がる意匠は全て、精緻な手刺繍によるもの。隅々まで心配られ、手技の粋が尽くされた景色が独特の重厚な存在感を見せていますね。どのような場面でも自信を持ってお召し頂けるフォーマルの逸品、ご紹介する機会も少ないお品です。お探しの方はぜひこの機会にご覧頂きたく思います。

この商品のONLINESHOPページを見る