長野県松本市の染織作家・本郷孝文さんの作品です。柳悦博さんの薫陶を受けたこの方は、ひたすら着る人の身体に寄り添うしなやかな風合いを追究、力をかけすぎぬようにゆっくりと手で引いた糸を用い、撚り掛けの回数や打ち込みの工夫によって、程良い張りと厚みを備えながらも驚く程軽い、素晴らしい着心地の織物を製作なさっています。こちらは市松織の熨斗目訪問着。天然灰汁醗酵建てによる藍染めの糸が用いられた、冴え冴えとした色の美しさが印象的な着物です。これだけの仕事が為された着物であり、格調高い熨斗目となれば、いわゆる紬織という範疇を超えて着用の機会もぐんと広がることと思います。労をいとわず創り上げた極上の糸のちからが、複雑な織技によって遺憾なく発揮されたお品、澄み切った本藍の彩りと糸そのものの輝きが生み出す気品豊かな世界を、ぜひご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る