紫苑色が近いでしょうか、女性らしい上品な明るさのある紫の地に萩と山法師がが柔らかな色遣いで丹念に描かれた加賀友禅の訪問着です。こちらは加賀染振興協会の厳しい落款登録制度の認可を得た本加賀友禅作家・西野進さんの作品。着用時に映える空間を生かした構成、細い糸目に縁取られた可憐な花木の爽やかな表情が印象的ですね。花鳥風月を題材とした写実的な表現を特徴とする加賀友禅本道の美しさを、洗練されたかたちでご覧頂ける一枚と思います。やや控えめながら気品あふれる存在感は加賀友禅の持ち味、どなたにも好感度の高い優美な装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る