麹塵色の濃淡を細かく横段に配した、秋らしい彩りの郡上紬です。経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸は選び抜いた春繭の本真綿から手でつむいだ糸を用い、高機で織り上げられる上質な紬。最高の糸による紬ならではのふくよかな風合いと光沢、そして丹念に染め上げられた草木による彩りの美しさから、数ある織物の中でも特別な魅力を備えた布として多くの方から愛されています。郡上紬のアトランダムなようで規則性を備えた景色は、経緯の糸の綿密な計算によって創られたもの。さりげない表情の中に精密な仕事が隠されています。生産も激減していると言われる昨今、人間国宝・故 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた織物の、素朴ながらも紬の原点を見据えた贅沢な布味を、ぜひお確かめ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る