一般的な紬に用いられる糸の4倍程とも言われる極太の玉糸を草木で染め、手機で織り上げられる個性豊かな織り・ざざんざ織の着物です。地厚ながらしなやかで皺になりにくく、袷時期にも単衣仕立てで充分に暖かくお召し頂ける頼り甲斐のある紬、どっしりとして着込む程に味わいを増す工芸色豊かなお品ですね。こちらは落ち着いた赤と亜麻色で構成された定番柄の入子菱、上質な絹糸ならではの光沢が映える無地感覚の着物です。合わせる帯を選ばず、また少し格高の袋帯なども合わせて頂けますので、街着から少し改まったお席など幅広い場面で活躍してくれそうですね。布そのものの力が創るモダンで上質なカジュアルをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る