やや色を深めた灰桜色が近いでしょうか、上品な甘さのある柔和なお色目の本場結城紬です。こちらは真綿から人の手で時間をかけてつむいだ糸を経緯に用い、高機で織り上げられた本結城。独特のふんわりと軽やかな風合いが極上の着心地を運んでくれる着物です。無地紬は、合わせる帯次第で街着から軽めのお茶席など少し改まった場面まで、着用の機会も多くとても重宝なもの。それだけに納得のゆく一枚を選びたいものですね。こちらの本結城でしたら、糸質や織り・お色目など全て申し分なく、きっと長くご愛用頂けることと思います。ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る