黒に寄せた紫黒色が近いでしょうか、僅かに紫みを帯びたニュアンスのある黒の地に、細かな亀甲絣で笹蔓文が織り出された本場結城紬です。美しく整った精緻な絣に熟練の技術が冴えるお品、地抜きですっきりと浮かび上がる端正な文様に総柄の本結城ならではの風格が漂います。特にこちらは名物裂に由来する意匠、同じ名物裂の間道など格高の洒落袋帯を合わせて頂けば、大人の洒落着として申し分のない品格と存在感を見せてくれることと思います。国の重要無形文化財に指定される昔ながらの技法を守り、真綿から繊細な糸を手でつむぎだし、絣を括り、地機で丹念に織り上げられた一枚。軽く暖かく、着る程に、水をくぐるほどに身体に馴染む、本物の結城紬ならではの極上の着心地を、どうぞ長くお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る