紫みにぐっと寄せた黒鳶色が近いでしょうか、深みのある色を背景に華やかな萌葱や柑子などを効かせて宝尽くし文を配した小紋です。所々にはおめでたい割付文も添えられて、おもちゃ箱をひっくり返したような心弾む賑やかさですね。こちらは銀座の老舗呉服店・志ま亀さんの作。オリジナルとして自社工房で製作なさる着物や帯は、こっくりとした個性ある彩りや格調高く洗練された古典意匠で多くの方から愛されています。ひと目見れば志ま亀さんとわかる朗らかな華を備えたお品、お年始など新年のお出かけにもぴったりの、祝意あふれる装いをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る