淡い白橡色の地に亀甲絣や蚊絣で、大ぶりの亀甲文や素朴な花々が表現された本場結城紬です。所々に落ち着いた赤を挿した大らかな柄ゆきがどこかクラシックで、結城らしい温かな趣きがありますね。数ある紬の中でもとりわけ多くの方に愛される本場結城紬、その独特の軽さや暖かさ、ふんわりとした風合いは、器械を使わず撚りがほとんどかかっていない手つむぎの糸を経緯に用いる唯一の織物だからこそ。空気をたっぷりと含んだデリケートな糸はそのままでは機に掛けられず、糊のちからを借りながら地機で細心の注意を払って織り上げられます。着込めば真綿に戻って行くといわれる極上の着心地の布は、熟練の技術を持つ方々が、国の重要無形文化財に指定される昔ながらの丹念なお仕事を重ねて創り上げたもの。後継者が激減する中、こちらのように手のかかる総柄は殆どつくられなくなってきているそうです。真冬の寒さからもしっかりと着る人を護ってくれる本物の結城紬、この冬のお出かけにいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る