細く上質な木綿糸を用い、本藍染による薄藍から中藍、濃藍色への繊細なグラデーションを使い別け、経絣や経緯絣を駆使したよろけ縞や十字絣などを配した着物です。木綿という味わい深い素材を生かし、絣括りや染めそして織りの全てに丁寧な仕事が重ねられた一枚、残念ながら証紙等作り手に繋がる情報はございませんが、松枝家の久留米絣や琉球美絣など極上の品々を連想させる美しい表情からも、高度な技術を備えた名のある作家の作品と思われます。木綿の藍絣という括りをふわりと飛び越した洗練された景色には、エレガントな染め帯や力強い工芸作家の帯なども良く映えそうですね。これからの季節に爽やかに映える藍木綿、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る