新潟県の塩沢地方は、古来越後上布や本塩沢をはじめとする上質な織物の産地として知られています。長い歴史に培われたこの地の技術を生かした夏の絹織物が夏塩沢。こちらは塩沢紬の伝統工芸士として、また国指定重要無形文化財・越後上布・小千谷縮布技術保存協会制作者としてこの地の伝統織物を守り続ける中島清志さん率いる名門・中田屋織物さんの作、僅かに色を深めた亜麻色が近いでしょうか、暗いベージュ系の地に深い緑の美しく整った蚊絣で大らかな唐草文が飛び柄に配されています。半練りで堅さを残した玉糸を用いた強撚糸で張りとしゃり感を持たせた極上の夏衣、肌に付かず涼しく風を通してくれますね。シンプルな色柄ですので帯合わせも幅広く、夏ならではの風趣ある装いをお楽しみ頂けることと思います。
この商品のONLINESHOPページを見る